採用市場レポート

ベースアップに関する実態調査(2018年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 調査対象 正社員で勤務する25・30・35歳の転職意向のある男女495人
  • 調査期間 2018年5月26日(土)~5月31日(木)
  • 調査目的 2018年度のベースアップに関する実態を把握する

2018年春、ベースアップがあった人は3割強。『IT・通信・インターネット』では5割

2018年春のベースアップ(以下:ベア)の有無を聞いたところ、「ベアがあった」は34.7%(※1)で、2017年と同程度。業種別でみると『IT・通信・インターネット』が50.0%と高く、2017年以前より大幅にアップ。拡大・成長を続ける業界の好景気が反映されたものと考えられる。
職種別では『企画・経営』や、『IT・エンジニア』などの技術職系で実施割合が高い。
「定期昇給とベアの両方ともなかった」は25.3%(前年比7.8pt減)で、過去3年よりも低い結果。全体では、定期昇給とベアのいずれか、または両方の実施割合が増加したことがわかる。業種別で見ると、定期昇給とベアの実施割合が最も低いのは『サービス・レジャー』で、2017年と同じ傾向。

※1:「定期昇給とベアの両方あった(22.2%)」と「ベアはあったが、定期昇給はなかった(12.5%)」を足し上げて算出

ベアの金額は「1,000~1,999円」「5,000円以上」が同率で最頻

「ベアがあった」と回答した人に金額を聞いたところ、「1,000~1,999円」「5,000円以上」がともに24.4%で最多となった。「5,000円以上」の割合は2015年から2割強を保って推移しており、大きな変化はみられない。一方、「1,000~1,999円」は2016年に大きく増加、2017年に減少しているが、2018年は再び増加した。業種別に見ると、ベア実施割合が最も高い『IT・通信・インターネット』は、「5,000円以上」が34.1%と全体を10pt近く上回っており、ベアの金額も高い。

月給が7万円以上高くなる場合を除き、転職を思いとどまらせることは難しい

現在の月給に対して、転職を思いとどまる月給はプラス7万円以上となった。
職種別にみると『サービス職(医療・福祉)』『技術職(電気・電子・機械・半導体)』『技術職(建築・土木)』で特にギャップが大きく(※2)、現在の月給に対する不満感がうかがえる。また、『サービス職(医療・福祉)』『技能工・設備工・配送ドライバー』は25歳でギャップが大きく出ており、若手人材の流出可能性が高い。
※2:「転職を思いとどまる最低限の月給」から「現在の月給」を引いて算出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ