採用市場レポート

中途採用状況調査 2014年(マイナビ転職)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 調査対象 一年間(2013年10月~2014年9月)に中途採用活動実績のある企業
  • 調査期間 2014年10月1日〜2014年10月31日
  • 調査目的 全国の民間企業等を対象に、中途採用状況とその傾向を明らかにすること

「人材が不足している」と回答した企業は73.5%で、2012年の調査開始以来2年連続で増加し、企業の中途採用意欲は依然高まっている。全体の約9割の企業は中途採用活動が「厳しかった」と回答しており、応募者の質、母集団の確保、内定辞退などを課題と認識しているようだ。

人材の過不足感は、「不足している」が73.5%。退職者の穴埋めから、規模拡大のための採用へとシフト

中途採用状況調査1

人材の過不足感は、「不足している」という回答が73.5%(前年比0.8pt増)で、前年に引き続き7割を超えた。本調査を開始した2012年以降、「不足している」と回答する企業は毎年増加し、企業の人材不足は年々厳しさが増している状況である。

中途採用状況調査2

企業が中途採用を実施した理由(複数回答)を見ると、「退職者の増加」を理由とした採用は前年比1.4pt減の30.0%と2012年以降減少傾向にある一方、「経営状態の好転・既存事業の拡大」(46.1%、前年比2.0pt増)、「組織の存続と強化(活性化)」(43.1%、前年比3.2pt増)、「年齢など人員構成の適正化」(28.8%、前年比1.3pt増)、「新規事業への進出」(17.4%、前年比1.3pt増)は年々増加している。人材の流出による穴埋め型の採用から、規模拡大を目的とした採用へとシフトしていることが分かる。

中途採用の実績は、「前年より増えた」が約半数。採用市場過熱の影響で「前年より減った」も増加傾向

中途採用状況調査3

中途入社社員の採用数は「前年より増えた」が47.3%と最も高く、次いで「前年と変わらない」(26.6%)、「前年より減った」(17.6%)の順となった。「前年より増えた」が約半数を占める中、「前年より減った」が前年比3.6pt増と増加傾向である。これは中途採用の市場が年々過熱することで、求める人材の獲得が難しくなっているためだと考えられる。

約6割の企業が採用人数に課題。約9割の企業が中途採用活動の印象を「厳しかった」と回答

中途採用状況調査4

中途採用の満足度は、「質的には満足だが量的には不満」が36.2%で最も高かった。次いで「質・量ともに不満」(24.0%)となっており、量(採用人数)に課題を持つ企業が多いことが分かる。

中途採用状況調査51

中途採用活動の印象については、「前年並みに厳しかった」が47.9%で最も高く、次いで「前年より厳しかった」(41.4%)となった。合計すると89.3%となり、約9割の企業は中途採用活動が厳しかったと回答している。採用活動が「厳しかった」と回答した理由(複数回答)は、「求職者の質が低かった」が64.8%と最も高く、「母集団が確保出来なかった」(45.3%)が続いた。「辞退が増加した」が前年比6.9pt増の23.9%で、2年連続増加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
数多くの企業様の採用を支援してきたマイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ