採用市場レポート

ベースアップの実態と転職意識調査 2015年(マイナビ転職)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 調査対象 正社員で勤務する25歳、30歳、35歳の転職意向のある方
  • 調査期間 2015年5月26日〜2015年6月1日
  • 調査目的 ベースアップに関する実態と転職意識を把握する

2015年春ベースアップがあった人は約3割、その額は「5,000円以上」が最多。約半数が、ベア実現には「経営者の意識改革」「会社全体の経費削減」が必要と回答

2015年春季、定期昇給があった人は約5割、ベースアップがあった人は約3割。一方、およそ3人に1人は定期昇給もベースアップもなし

HP13

2015年春季の定期昇給およびベースアップ(以下、ベア)の有無を聞いたところ、「定期昇給があった」は51.0%(*1)、「ベアがあった」は28.5%(*2)だった。一方で「定期昇給とベアの両方ともなかった」は32.3%とおよそ3人に1人の割合だった。

業種別で見ると、「定期昇給とベアの両方あった」は『製造・メーカー』が全体より8.9pt高い27.6%、『金融・保険』は6.6pt高い25.3%だった。
それに対し、「定期昇給とベアの両方ともなかった」は『流通・小売・フード(52.9%)』と『サービス・レジャー(43.7%)』の割合が高かった。

また、年収別では、年収が高いほど「定期昇給とベアの両方あった」と回答する割合が高かった。

上場の有無別では、「定期昇給とベアの両方あった」と回答した『非上場会社』に勤務する人が16.0%なのに対し、『上場会社』に勤務する人は約2倍の29.9%だった。

*1:「定期昇給とベアの両方あった(18.7%)」と「定期昇給はあったが、ベアはなかった(32.3%)」を足しあげて算出
*2:「定期昇給とベアの両方あった(18.7%)」と「ベアはあったが、定期昇給はなかった(9.8%)」を足しあげて算出

HP22

また、今回のベア金額を聞いたところ、「5,000円以上」が24.7%を占め、最も高かった。業界別では、『不動産・建設・設備』の6割以上が「5,000円以上」と回答し、景気の良さを感じさせる結果となった。

ベースアップ実現に必要だと思う条件は、「経営者の意識改革」「会社全体の経費削減」が約半数

HP32

「ベアがなかった」と回答した人(64.6%)に、「ベアを実現するために必要だと思う条件」を聞いたところ、「経営者の意識改革」が49.1%と最も高く、「会社全体の経費削減」が48.2%と続いた。
業種別では『IT・通信・インターネット』『製造・メーカー』は他業種に比べて「新規事業への進出(国内外)」「既存事業の業容拡大(国内外)」が高く、拡大方向への取り組みが必要と捉えている割合が他業種より高かった。

定期昇給がない場合やベースアップ額が想定より少ない場合、転職意向が強まる傾向に

HP42

「ベアの有無やベアの金額が転職意向に与えた影響」について聞いたところ、特に転職意向を強めたのは「定期昇給とベアの両方ともなかった(67.1%)」層と「ベア額が想定より少なかった(60.3%)」層で、「転職意向は強くなった」がともに6割を超えた。
ベアの結果に不満を抱いている人ほど転職意向が強まることが分かった。
しかし、「ベア額が想定より多かった」との回答のうち、「転職意向は弱くなった」は14.2%で、ベア金額が想定より多いことは、転職意向を弱めるほど大きな影響を与えないようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
数多くの企業様の採用を支援してきたマイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ