検索結果

検索ワード「労働市場」の検索結果一覧

検索対象

[労働市場]の検索結果124
  • 労働市場レポート 2015年8月版(6月実績)

    2015.8.4

    一般職業紹介状況|2015年8月版(6月実績) 有効求人倍率 (2015年6月の実績) 有効求人倍率は、1.19倍(季節調整値) 前月の有効求人倍率と同ポイントです。 完全失業率 (2015年6月の実績) 完全失業率は3.3%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率より0.1ポイント上昇しています。 労働力指標 完全失業者数は224万人となり、 前年同月と比べて21万人減少、前月と同数となります。

  • 面接でストレスに強い人かどうか耐性を見極める!

    2015.7.6

    「面接ではストレスに強そうな人だと思ったのに…」と、入社後に採用を後悔したことがある採用担当者もいらっしゃるようです。数回の面接で、応募者のすべてを理解できるものではありませんので、ときには入社後に採用しなければよかったと思うケースもあると思います。 しかし、即戦力を期待する中途採用において、入社早々このような状態に陥ると、受け入れた部門の負担が大きくなるばかりでなく、会社の規模によっては企業成長にも影響が出てきます。 入社後、どのような場面で採用した人がストレスに弱いと感じるのでしょうか。 たとえば「職場になじもうとしない」「仕事に前向きではない」「成長意欲がない」「すぐ辞めてしまう」「注意…

  • エリア別求人倍率 2015年7月版(5月実績)

    2015.7.1

    新規求人倍率をエリア別に見てみると、東海エリアが前月比0.05ポイント増、九州エリアで前月比0.04ポイント増となっており、これらのエリアでは先行きの景気が良くなる兆候がでている。有効求人倍率をエリア別に見てみると、中国エリアが前月比0.04ポイント増、東北、北陸、九州・沖縄エリアもそれぞれ前月比0.03ポイント増となっており、エリアで有効求人倍率が伸びていることがうかがえる。都道府県別では、すべての都道府県で0.80倍を超えており、厚生労働省が統計を開始した1963年以来始めてのこととなる。最高は東京の1.71倍、最低は埼玉の0.82倍。前年同月と比べて最も上昇したのは、岐阜と広島で0.22ポイントの上昇。

  • 労働市場レポート 2015年7月版(5月実績)

    2015.6.26

    有効求人倍率 (2015年5月の実績) 有効求人倍率は、1.19倍(季節調整値) 前月の有効求人倍率より0.2ポイントを上昇しています。 完全失業率 (2015年5月の実績) 完全失業率は3.3%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率と同水準です。 労働力指標 完全失業者数は224万人となり、 前年同月と比べて18万人減少、前月に比べ10万人減少しました。

  • 採用の法律知識|人事担当者が特に知っておくべき 「女性」にまつわる労働法のポイント

    2015.6.19

    ダイバーシティ戦略の重要性がますます注目されている昨今。個々の労働者の多様性を受け入れ、それぞれに価値を見出すことで企業の成長につなげていく姿勢は、21世紀を生き抜くために欠かせない戦略の1つです。中でも「女性労働者」の活躍を重視する企業は増えており、優秀な人材の獲得と同時に、さまざまなライフステージを迎えた既存の女性労働者にとって、働きやすい環境の整備が喫緊の課題となっています。 そういった重要なダイバーシティ戦略を持続的に展開していくためには、女性にまつわる労働法について人事担当者が基本的な知識を押さえておくことが大前提となります。そこで、以下ではそのポイントをご紹介します。 人材募集の際…

  • エリア別求人倍率 2015年6月版(4月実績)

    2015.6.17

    エリア別の新規求人倍率では、中国エリアが2.12倍で最も高く、中国エリアの中でも広島県(2.43倍)と岡山県(2.32倍)で新規求人倍率が高水準な結果に。日銀短観によれば、中国エリアの雇用情勢は着実に改善し、雇用者所得は着実に持ち直している。また、常用労働者数は前年を若干下回っているものの、有効求人倍率は引き続き改善傾向にある。さらに、現金給与総額は、特別給与が前年割れとなったものの、所定内給与や所定外給与の増加を主因に、引き続き前年を上回った。 エリア別の有効求人倍率では、東海エリアが1.36倍で最も高く、東海エリアの中でも愛知県(1.49倍)と岐阜県(1.47倍)で有効求人倍率が高水準な結果に。日銀短観によれば、東海エリアの雇用情勢は、失業率が1995年4-6月期以来の低水準まで低下するなど、労働需給は着実に改善している。また、雇用者所得については、所定内給与が増加基調にあることなどから、改善傾向にあるようだ。

  • 雇用人員の過不足状況 2015年3月

    2015.6.11

    日銀短観(全国企業短期経済観測調査)とは、日本銀行が行う統計調査であり、全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施され、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きなど、企業活動全般にわたる項目について調査しているものです。キャリア採用ラボでは、日銀短観の「雇用人員の過不足感」にフォーカスして、企業の雇用環境の現状を紹介していきます。

  • 話題の限定正社員、導入のねらいとは?

    2015.6.4

    大手アパレル、ユニクロがアルバイト職員を大きく転用したことで話題を集めた「地域限定正社員」ですが、「限定正社員」とはどのような雇用形態なのでしょうか? 労働人口が減少に向かうなか、国が導入を推進する背景を踏まえながら、その特長をご紹介します。 職種や地域を限定!「限定正社員」という働き方 限定正社員とは、勤務時間、働く地域や職種など、働き方の一部を限定して採用する正社員のことで、「ジョブ型正社員」とも言います。国が取り組む規制緩和の一環として導入が進められており、働き方が限定される代わりに一般の正社員より給料が低めに設定されますが、福利厚生が整っており雇用期間の定めもありません。 限定正社員制…

  • 女性の力で企業の成長を促進!女性活用のメリットをおさらい

    2015.6.3

    近年、社内ダイバーシティという言葉が聞かれ、社内活性化のため、多種多様な人材を揃える動きが出ています。そのなかの一つとして注目されているのが、社員、またリーダーへの女性登用です。ここでは、企業が女性を登用することで得られるメリットをご紹介します。 まとめ 労働人口の減少から、より女性を戦力社員として登用する必要性が高まっている 顧客視点に沿った商品開発やマーケティングなど、女性が活躍出来る場は多い 産休制度の促進や評価制度の整備など女性が働きやすい環境を整備が課題 女性を積極的に採用するべき3つの背景 眠れる労働力 昨今、全人口に対する高齢者の割合の上昇、団塊世代の退職に伴う労働人口の減少とい…

  • 労働市場レポート 2015年6月版(4月実績)

    2015.6.2

    有効求人倍率 (2015年4月の実績) 有効求人倍率は、1.17倍(季節調整値) 前月の有効求人倍率より0.2ポイントを上昇しています。 完全失業率 完全失業率は3.3%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率と比べて0.1ポイント低下しました。 労働力指標 完全失業者数は234万人となり、 前年同月と比べて20万人減少となりましたが、前月に比べ6万人上昇しました。

  • 労働市場レポート 2015年5月版(3月実績)

    2015.5.7

    2015年3月の有効求人倍率情報をおおくりします。 ※厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」より 有効求人倍率 (2015年3月の実績) 有効求人倍率は、1.15倍(季節調整値) 前月の有効求人倍率と同ポイントをキープしています。 完全失業率 (2015年3月の実績) 完全失業率は3.4%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率と比べて0.1ポイント低下しました。 労働力指標 完全失業者数は228万人となり、 前年同月と比べて18万人減少となりましたが、前月に比べ2万人上昇しました。

  • 労働市場レポート 2015年4月版(2月実績)

    2015.4.2

    2015年2月の有効求人倍率情報をおおくりします。 ※厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」より 有効求人倍率 (2015年2月の実績) 有効求人倍率は、1.15倍(季節調整値)となり 前月の有効求人倍率と比べて0.01ポイント上昇しました。 完全失業率 (2015年2月の実績) 完全失業率は3.5%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率と比べて0.1ポイント低下しました。 労働力指標 完全失業者数は226万人となり、 57カ月連続で減少しました。

[労働市場]の検索結果124