検索結果

検索ワード「労働市場」の検索結果一覧

検索対象

[労働市場]の検索結果122
  • エリア別求人倍率 2015年12月版(10月実績)

    2015.11.27

    新規求人倍率の実績では、中国(2.17倍)・東海(2.10倍)・南関東(2.06倍)の順。 対前年同期差で見ると、九州が0.23ポイント増でもっとも上昇。北海道・四国が0.20ポイント増で続く。 有効求人倍率の実績では、東海(1.44倍)・中国(1.43倍)・北陸(1.36倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国が0.20ポイント増でもっとも上昇。南関東・四国が0.17ポイント増で続く。

  • エリア別求人倍率 2015年11月版(9月実績)

    2015.11.5

    新規求人倍率の実績では、中国(2.17倍)・南関東(2.16倍)・東海(2.09倍)の順。 対前年同期差で見ると、南関東と中国が0.34ポイント増でもっとも上昇。四国が0.33ポイント増で続く。 有効求人倍率の実績では、中国(1.44倍)・東海(1.42倍)・北陸(1.36倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国が0.22ポイント増でもっとも上昇。南関東が0.17ポイント増で続く。

  • 労働市場レポート 2015年11月版(9月実績)

    2015.11.4

    有効求人倍率 (2015年9月の実績) 有効求人倍率は、1.24倍(季節調整値)) 前月の有効求人倍率より0.1ポイント上昇しました。 完全失業率 (2015年8月の実績) 完全失業率は3.4%(季節調整値)となり、) 前月の完全失業率と同率となります。 労働力指標 完全失業者数は227万人となり、) 前年同月と比べて6万人減少、前月より2万人増加となります。

  • 雇用人員の過不足状況 2015年9月

    2015.10.21

    人手の確保に繋がっているとする先も一部にみられるが、製造業で「技術を伝承する若年層の採用が難しい」、介護・運輸関連等でも「景気の回復もあって、人手の確保が一段と困難になっている」といった声が聞かれており、人材不足の解消に向け、「女性が働きやすい環境の整備」「シニア層の活用」等に粘り強く取り組んでいく必要があるとする先が多い。

  • エリア別求人倍率 2015年10月版(8月実績)

    2015.10.14

    新規求人倍率の実績では、東海・中国(2.12倍)・南関東(2.11倍)の順で、2倍を超えている。 対前年同期差で見ると、南関東が0.29ポイント増でもっとも上昇。東京を中心に企業の雇用意欲は高まっている。 有効求人倍率の実績では、東海(1.42倍)・中国(1.41倍)・北陸(1.38倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国が0.18ポイント増でもっとも上昇。南関東が0.15ポイント増で続く。

  • 採用の法律知識|人事部長の解雇からひも解くジョブディスクリプションの重要性

    2015.10.4

    ジョブディスクリプションがもたらした「解雇」 もう20年近く前の話ですが、外資系企業に中途採用された人事部長が解雇された判例が、法律雑誌に掲載されていました。人事を担当している者として、今でも人事部長が解雇されたというインパクトは強く記憶に残っており、採用における戒めとなっているのです。 解雇理由は、職務遂行能力の欠如、つまり「無能」ということでした。経歴詐称ではなかったので、前職でも人事部長の経験があったのは事実として確認されたのでしょう。 しかし、入社後に実際に仕事を担当させてみたら、人事部長としての知識、実務の経験や能力が求めているレベルに達していなかったということで解雇となりました。そ…

  • 労働市場レポート 2015年10月版(8月実績)

    2015.10.2

    有効求人倍率 (2015年8月の実績) 有効求人倍率は、1.23倍(季節調整値) 前月の有効求人倍率より0.2ポイント上昇しました。 完全失業率 (2015年8月の実績) 完全失業率は3.4%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率より0.1ポイント上昇しています。 労働力指標 完全失業者数は225万人となり、 前年同月と比べて6万人減少、前月より3万人減少となります。

  • 高まる人事への期待、これからの人事担当に求められる「経営への貢献度」

    2015.9.3

    人事といえば、人材管理、労務管理というイメージですが、企業経営を取り巻く環境が目まぐるしく変わるなか、近年では経営戦略における貢献など、人材管理のエキスパートを超える役割が求められるようになってきています。 そこで今回は、そうした変化が起こる背景を踏まえながら、これからの人事担当者に求められる役割およびスキルとは何かを探ります。 人事担当者が実感する、人事に求められる役割の変化 企業における人事の役割について、ミシガン大学のデイビッド・ウルリッチ教授による有名な定義があります。それは、以下の4分類です。 1. ビジネス戦略のパートナー(ビジネスの成果に貢献する) 2. 人材管理のエキスパート(…

  • エリア別求人倍率 2015年9月版(7月実績)

    2015.9.2

    新規求人倍率の実績では、中国(2.17倍)・東海(2.08倍)・南関東(2.07倍)の順で、2倍を超えている。 対前年同期差で見ると、中国が0.25ポイント増でもっとも上昇。広島を中心に企業の雇用意欲は高まっている。 有効求人倍率の実績では、東海(1.41倍)・中国(1.39倍)・北陸(1.37倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国が0.14ポイント増でもっとも上昇。南関東と九州・沖縄が0.13ポイント増で続く。

  • 労働市場レポート 2015年9月版(7月実績)

    2015.8.31

    有効求人倍率 (2015年7月の実績) 有効求人倍率は、1.21倍(季節調整値) 前月の有効求人倍率より0.2ポイント上昇しました。 完全失業率 (2015年7月の実績) 完全失業率は3.3%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率より0.1ポイント減少しています。 労働力指標 完全失業者数は222万人となり、 前年同月と比べて24万人減少、前月より2万人減少となります。

  • エリア別求人倍率 2015年8月版(6月実績)

    2015.8.19

    新規求人倍率の実績では、中国(2.08倍)・東海(2.07倍)・南関東(2.05倍)の順で、2倍を超えている。 対前年同期差で見ると、南関東が0.22ポイント増でもっとも上昇。東京を中心に企業の雇用意欲は高まっている。 有効求人倍率の実績では、東海(1.38倍)・中国(1.38倍)・北陸(1.36倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国と九州・沖縄が0.13ポイント増でもっとも上昇。南関東が0.12ポイント増で続く。

  • 東南アジア先進国の求職者の特徴とソーシャルリクルーティング事情

    2015.8.11

    東南アジア諸国でも、インターネットやソーシャルネットワークサイトを使った転職活動が盛んになってきているようです。アメリカの大手人材紹介会社Kelly Servicesが実施しているアンケート調査、Kelly Global Workforce Indexの2013年度版によると、アンケートに回答した人の67%が転職活動の際に、新聞広告、会社や人材紹介会社のWebサイトに載っている求人情報といった従来の媒体よりも、ソーシャルメディアを使っているという結果が出ました。特に、タイ(79%)とインドネシア(70%)は、世界で最もソーシャルメディアを使った転職活動が盛んです。また、アジア・パシフィック地域…

  • 労働市場レポート 2015年8月版(6月実績)

    2015.8.4

    一般職業紹介状況|2015年8月版(6月実績) 有効求人倍率 (2015年6月の実績) 有効求人倍率は、1.19倍(季節調整値) 前月の有効求人倍率と同ポイントです。 完全失業率 (2015年6月の実績) 完全失業率は3.3%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率より0.1ポイント上昇しています。 労働力指標 完全失業者数は224万人となり、 前年同月と比べて21万人減少、前月と同数となります。

  • 面接でストレスに強い人かどうか耐性を見極める!

    2015.7.6

    「面接ではストレスに強そうな人だと思ったのに…」と、入社後に採用を後悔したことがある採用担当者もいらっしゃるようです。数回の面接で、応募者のすべてを理解できるものではありませんので、ときには入社後に採用しなければよかったと思うケースもあると思います。 しかし、即戦力を期待する中途採用において、入社早々このような状態に陥ると、受け入れた部門の負担が大きくなるばかりでなく、会社の規模によっては企業成長にも影響が出てきます。 入社後、どのような場面で採用した人がストレスに弱いと感じるのでしょうか。 たとえば「職場になじもうとしない」「仕事に前向きではない」「成長意欲がない」「すぐ辞めてしまう」「注意…

[労働市場]の検索結果122