検索結果

検索ワード「労働市場」の検索結果一覧

検索対象

[労働市場]の検索結果127
  • 退職してもまた働ける!「ジョブ・リターン制度」を成功させるポイント

    2016.1.21

    結婚、出産、介護などを理由にいったん退職した社員を、本人の希望により再雇用する「ジョブ・リターン制度」。パートナーの海外転勤や遠方での親の介護など、やむをえず退職してしまった人にもうれしい制度です。 大手を中心に導入する企業も増えるなか、社員が利用しやすい制度にするためのポイントについて考えます。 ジョブ・リターン制度とは? ジョブ・リターン制度とは、結婚、出産、介護、配偶者の転勤など、さまざまな理由で退職した職員を、一定の期間を経て、本人の希望があれば再雇用する制度のこと。ワークライフバランスに貢献する制度として、平成23年度雇用均等基本調査(厚生労働省)によると、53.1%の事業所で導入さ…

  • エリア別求人倍率2016年1月版(2015年11月実績)

    2016.1.8

    新規求人倍率の実績では、南関東(2.22倍)・東海(2.21倍)・中国(2.12倍)の順。 対前年同期差で見ると、南関東が0.32ポイント増でもっとも上昇。四国が0.31ポイント増で続く。 有効求人倍率の実績では、東海(1.46倍)・中国(1.42倍)・北陸(1.38倍)の順。 対前年同期差で見ると、四国が0.21ポイント増でもっとも上昇。中国が0.18ポイント増で続く。

  • 労働市場レポート 2016年1月版(2015年11月実績)

    2016.1.7

    厚生労働省が2015年12月25日発表した2015年11月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.01ポイント上昇の1.25倍となり、1992年1月以来、23年10カ月ぶりの高水準となった。改善は2カ月ぶり。また総務省が発表した労働力調査(同)によると、2015年11月の完全失業率は0.2ポイント上昇の3.3%となり、3カ月ぶりに悪化した。完全失業率が小幅に悪化したのは、人手不足感の高まりを背景に、より良い職を求めて自発的に離職した人が増えたことが主因。完全失業者は前月比11万人増の217万人だった。

  • 労働市場レポート 2015年12月版(10月実績)

    2015.12.9

    総務省が発表した2015年10月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0.3ポイント低下の3.1%となり、3カ月ぶりに改善した。1995年7月以来20年3カ月ぶりの低い水準。一方、厚生労働省が発表した10月の全国の有効求人倍率(同)は前月比横ばいの1.24倍だった。92年1月以来23年9カ月ぶりの高水準を維持した。完全失業率の改善は、介護など医療・福祉や宿泊・飲食業での人手不足を背景に、完全失業者が減ったことが主因。特に女性の失業率低下が目立った。総務省は「求人が高い水準にあり、女性を中心に求職がそのまま雇用に結びついた」(労働力人口統計室)と分析している。

  • 女子活躍推進法の成立で何が変わる?

    2015.12.2

    安倍政権のもとで女性活躍の大号令がかかるなか、8月28日、女性活躍推進法が成立しました。2016年の4月から施行となっており、大企業を中心に、女性の管理職比率や採用比率の数値目標を含む「行動計画」作りが義務付けられるなど、企業にはさまざまな影響が発生します。 女性活躍推進法とは一体どんな内容なのか?企業への影響もあわせてご紹介します。 女性活躍推進法とは?ポイントは「情報公開」 企業に女性登用を促す「女性活躍推進法」。企業だけでなく国や自治体、病院、学校など、301人(1年以上継続して雇用しているパート社員・非正規社員を含む)以上の組織に ①女性活躍の状況を把握・分析し、 ②「行動計画」を策定…

  • エリア別求人倍率 2015年12月版(10月実績)

    2015.11.27

    新規求人倍率の実績では、中国(2.17倍)・東海(2.10倍)・南関東(2.06倍)の順。 対前年同期差で見ると、九州が0.23ポイント増でもっとも上昇。北海道・四国が0.20ポイント増で続く。 有効求人倍率の実績では、東海(1.44倍)・中国(1.43倍)・北陸(1.36倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国が0.20ポイント増でもっとも上昇。南関東・四国が0.17ポイント増で続く。

  • エリア別求人倍率 2015年11月版(9月実績)

    2015.11.5

    新規求人倍率の実績では、中国(2.17倍)・南関東(2.16倍)・東海(2.09倍)の順。 対前年同期差で見ると、南関東と中国が0.34ポイント増でもっとも上昇。四国が0.33ポイント増で続く。 有効求人倍率の実績では、中国(1.44倍)・東海(1.42倍)・北陸(1.36倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国が0.22ポイント増でもっとも上昇。南関東が0.17ポイント増で続く。

  • 労働市場レポート 2015年11月版(9月実績)

    2015.11.4

    有効求人倍率 (2015年9月の実績) 有効求人倍率は、1.24倍(季節調整値)) 前月の有効求人倍率より0.1ポイント上昇しました。 完全失業率 (2015年8月の実績) 完全失業率は3.4%(季節調整値)となり、) 前月の完全失業率と同率となります。 労働力指標 完全失業者数は227万人となり、) 前年同月と比べて6万人減少、前月より2万人増加となります。

  • 雇用人員の過不足状況 2015年9月

    2015.10.21

    人手の確保に繋がっているとする先も一部にみられるが、製造業で「技術を伝承する若年層の採用が難しい」、介護・運輸関連等でも「景気の回復もあって、人手の確保が一段と困難になっている」といった声が聞かれており、人材不足の解消に向け、「女性が働きやすい環境の整備」「シニア層の活用」等に粘り強く取り組んでいく必要があるとする先が多い。

  • エリア別求人倍率 2015年10月版(8月実績)

    2015.10.14

    新規求人倍率の実績では、東海・中国(2.12倍)・南関東(2.11倍)の順で、2倍を超えている。 対前年同期差で見ると、南関東が0.29ポイント増でもっとも上昇。東京を中心に企業の雇用意欲は高まっている。 有効求人倍率の実績では、東海(1.42倍)・中国(1.41倍)・北陸(1.38倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国が0.18ポイント増でもっとも上昇。南関東が0.15ポイント増で続く。

  • 採用の法律知識|人事部長の解雇からひも解くジョブディスクリプションの重要性

    2015.10.4

    ジョブディスクリプションがもたらした「解雇」 もう20年近く前の話ですが、外資系企業に中途採用された人事部長が解雇された判例が、法律雑誌に掲載されていました。人事を担当している者として、今でも人事部長が解雇されたというインパクトは強く記憶に残っており、採用における戒めとなっているのです。 解雇理由は、職務遂行能力の欠如、つまり「無能」ということでした。経歴詐称ではなかったので、前職でも人事部長の経験があったのは事実として確認されたのでしょう。 しかし、入社後に実際に仕事を担当させてみたら、人事部長としての知識、実務の経験や能力が求めているレベルに達していなかったということで解雇となりました。そ…

  • 労働市場レポート 2015年10月版(8月実績)

    2015.10.2

    有効求人倍率 (2015年8月の実績) 有効求人倍率は、1.23倍(季節調整値) 前月の有効求人倍率より0.2ポイント上昇しました。 完全失業率 (2015年8月の実績) 完全失業率は3.4%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率より0.1ポイント上昇しています。 労働力指標 完全失業者数は225万人となり、 前年同月と比べて6万人減少、前月より3万人減少となります。

  • 高まる人事への期待、これからの人事担当に求められる「経営への貢献度」

    2015.9.3

    人事といえば、人材管理、労務管理というイメージですが、企業経営を取り巻く環境が目まぐるしく変わるなか、近年では経営戦略における貢献など、人材管理のエキスパートを超える役割が求められるようになってきています。 そこで今回は、そうした変化が起こる背景を踏まえながら、これからの人事担当者に求められる役割およびスキルとは何かを探ります。 人事担当者が実感する、人事に求められる役割の変化 企業における人事の役割について、ミシガン大学のデイビッド・ウルリッチ教授による有名な定義があります。それは、以下の4分類です。 1. ビジネス戦略のパートナー(ビジネスの成果に貢献する) 2. 人材管理のエキスパート(…

  • エリア別求人倍率 2015年9月版(7月実績)

    2015.9.2

    新規求人倍率の実績では、中国(2.17倍)・東海(2.08倍)・南関東(2.07倍)の順で、2倍を超えている。 対前年同期差で見ると、中国が0.25ポイント増でもっとも上昇。広島を中心に企業の雇用意欲は高まっている。 有効求人倍率の実績では、東海(1.41倍)・中国(1.39倍)・北陸(1.37倍)の順。 対前年同期差で見ると、中国が0.14ポイント増でもっとも上昇。南関東と九州・沖縄が0.13ポイント増で続く。

[労働市場]の検索結果127