検索結果

検索ワード「優秀な人材」の検索結果一覧

検索対象

[優秀な人材]の検索結果119
  • 優秀なデータサイエンティストを採用するためにウォールマートの採用手法

    2015.10.23

    各社が次々とビッグデータの活用に乗り出すにつれ、皮肉なことに情報を分析できるデータサイエンティストが不足しています。どんなに細かくデータを収集しても、それをビジネスに活かせるように分析し、誰にでもわかるよう出力できる優秀なデータサイエンティストがいなければ、データは役に立ちません。ビッグデータの活用と聞くと、データベースソフトウェアが何でもしてくれるような印象がありますが、その効果を決めるのはデータサイエンティストなのです。 世界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォールマートは、画期的な方法で優秀なデータサイエンティストを採用しています。その戦略をご紹介しましょう。 ゲームでデータ分析の能力…

  • 新入社員を即戦力化!効果的な中途採用者の育成方法

    2015.9.28

    研修を終え、いよいよそれぞれの部署に配属され、本格的に業務をスタートさせた新入社員や、中途採用で新たに仲間に加わった即戦力――。新たな職場でイキイキと仕事に取り組んでいることと思いますが、中には、「入社半年でいきなり辞表を提出してきた」、「突然、心療内科の診断書を持ってきた」といったケースも増加しているといいます。そこで、今一度「新戦力となる新入社員と受け入れ側の関係性づくり・育成方法」について真剣に考えてみませんか? 新入社員の「理想の上司像」とは? 2015年度の新入社員を対象に行われたある調査において、「仕事や職場生活に対する不安」について聞いたところ、「上司・先輩・同僚との人間関係」と…

  • 新入社員を戦力化せよ!効果的な中途採用者の育成方法

    2015.9.28

    研修を終え、いよいよそれぞれの部署に配属され、本格的に業務をスタートさせた新入社員や、中途採用で新たに仲間に加わった即戦力――。新たな職場でイキイキと仕事に取り組んでいることと思いますが、中には、「入社半年でいきなり辞表を提出してきた」、「突然、心療内科の診断書を持ってきた」といったケースも増加しているといいます。そこで、今一度「新戦力となる新入社員と受け入れ側の関係性づくり・育成方法」について真剣に考えてみませんか? 新入社員の「理想の上司像」とは? 2015年度の新入社員を対象に行われたある調査において、「仕事や職場生活に対する不安」について聞いたところ、「上司・先輩・同僚との人間関係」と…

  • 中途採用の人材獲得戦略がマンネリ化してきたら試したい4つ考え方

    2015.8.25

    時代とともに採用戦略も急激に変わっています。古いやり方にこだわっていては、絶えず進化する採用ゲームに勝つことはできません。マンネリとなった中途採用戦略を抜け出すための4つの方法を、キャリアコンサルタントRobertHalfの情報サイトWorklife Asiaからご紹介します。 採用方法1:視点を変える 採用面接のときに、候補者の経験や資格が気になるのは当然です。しかし、そこだけに焦点を当ててしまうと、今までと違ったものの見方ができる、創造性のある人材を見逃してしまいます。中途採用の場でリスクを冒すことは怖いかもしれません。でも思い切って、もっと情熱や創造力といった個性に注目してみると、今まで…

  • 東南アジア先進国の求職者の特徴とソーシャルリクルーティング事情

    2015.8.11

    東南アジア諸国でも、インターネットやソーシャルネットワークサイトを使った転職活動が盛んになってきているようです。アメリカの大手人材紹介会社Kelly Servicesが実施しているアンケート調査、Kelly Global Workforce Indexの2013年度版によると、アンケートに回答した人の67%が転職活動の際に、新聞広告、会社や人材紹介会社のWebサイトに載っている求人情報といった従来の媒体よりも、ソーシャルメディアを使っているという結果が出ました。特に、タイ(79%)とインドネシア(70%)は、世界で最もソーシャルメディアを使った転職活動が盛んです。また、アジア・パシフィック地域…

  • 中途採用における内定後の対応と受入れ体制のポイント (中途採用・面接官講座 第9回)

    2015.7.8

    応募者は、面接官を信頼して入社を決断します。応募者の期待を裏切らないためには、内定後のフォローと入社に向けての受入れ体制についても気を配ってください。採用業務は、採用したら終わりではありません。採用した新入社員が入社後戦力となり活躍することで、採用が成功したと言えます。内定者の心理を含めて内定後の対応と受入れ体制について考えてみましょう。 内定後の対応 内定が決まったら雇用契約書を採用者へ必ず渡してください。応募者は待遇や労働条件について気にしていますが、内定企業から提示がないと一層不安になります。書面は送付で済まさずに来社してもらい、きちんと説明をしたうえで手渡してください。 また、在職中の…

  • なぜ、いまIターン、Uターン転職者の受け入れに企業の注目が集まるのか?

    2015.7.2

    いま、Iターン、Uターン就職および転職が再び注目されています。これまでのように都市部に人口が集中するのではなく、地方へ人材が流れている背景には何があるのでしょうか。実際の事例から、その理由を探ります。 Iターン、Uターン転職のメリット Iターンとは、都市部出身者が地方へ移住し働くこと。Uターンとは、地方出身者が都市部に進学し、地元に帰って働くこと。また、Iターン、Uターン転職となると、文字通りそれぞれ一度都市部で働いたあと、地方へと移住して働くことになります。 仕事も人材も多い都市部に比べて、数の少ない地方へ流れるメリットはどこにあるのでしょうか。 Iターン、Uターン転職のメリットは、正社員に…

  • Googleはなぜ優秀な人材を採用できるのか?

    2015.6.25

    候補者の第一印象で就職面接の結果が決まるという説は、多くの研究にも裏づけされています。しかしそれは採用者側からすれば、面接の第一印象に流されて採用してしまい、本当に必要な人材を確保できないことにつながりかねません。このようなことにならないためにはどうすればよいのか。世界中の優秀な人材が集まるGoogleの事例に学んでみましょう。 面接結果が第一印象で決まってしまう Googleの人事部にあたるPeople Operationsでシニアバイスプレジデントを務め、『Work Rules!』という本を出版したラズロ・ボック氏は、候補者の第一印象がよい場合、面接官は残りの面接時間をその人のよいところを…

  • 採用の法律知識|人事担当者が特に知っておくべき 「女性」にまつわる労働法のポイント

    2015.6.19

    ダイバーシティ戦略の重要性がますます注目されている昨今。個々の労働者の多様性を受け入れ、それぞれに価値を見出すことで企業の成長につなげていく姿勢は、21世紀を生き抜くために欠かせない戦略の1つです。中でも「女性労働者」の活躍を重視する企業は増えており、優秀な人材の獲得と同時に、さまざまなライフステージを迎えた既存の女性労働者にとって、働きやすい環境の整備が喫緊の課題となっています。 そういった重要なダイバーシティ戦略を持続的に展開していくためには、女性にまつわる労働法について人事担当者が基本的な知識を押さえておくことが大前提となります。そこで、以下ではそのポイントをご紹介します。 人材募集の際…

  • その採用コスト、見合ってますか?
    中途採用を成功させるための、採用手法の有効な活用法とは

    2015.6.10

    会社が中途採用で求める人材は、即戦力です。会社の求めるスキルを持ち、かつ社風に合った人材を獲得するために、多くの手間や時間・コストをかけているけれど、なんだかうまくいかない。せっかく採用しても、定着せずにすぐ辞めてしまう……そんなお悩みはありませんか? 特に、社歴の浅い会社や中小企業の場合、中途採用の経験やノウハウの蓄積がなく、中途採用の必要に迫られて慌てて準備を始めたけれど、「正直、何をどうしたらよいか分からない」という人事担当者も少なくありません。 「欲しいタイミングで」「最適な人材を」「予算内のコストで」獲得する――そんな理想的な中途採用を実現させるためには、ただやみくもに手間ひまをかけ…

  • 女性の力で企業の成長を促進!女性活用のメリットをおさらい

    2015.6.3

    近年、社内ダイバーシティという言葉が聞かれ、社内活性化のため、多種多様な人材を揃える動きが出ています。そのなかの一つとして注目されているのが、社員、またリーダーへの女性登用です。ここでは、企業が女性を登用することで得られるメリットをご紹介します。 まとめ 労働人口の減少から、より女性を戦力社員として登用する必要性が高まっている 顧客視点に沿った商品開発やマーケティングなど、女性が活躍出来る場は多い 産休制度の促進や評価制度の整備など女性が働きやすい環境を整備が課題 女性を積極的に採用するべき3つの背景 眠れる労働力 昨今、全人口に対する高齢者の割合の上昇、団塊世代の退職に伴う労働人口の減少とい…

  • Googleの人事が採用する、最も使いやすい人材

    2015.6.2

    アメリカで今、最も勢いがあり、注目されている企業のひとつはGoogle社であると言えるでしょう。同社は多国籍企業としても有名であり、世界中から優秀な人材が集まってきています。当然ながら違う国の人々はそれぞれ違う文化背景を持っています。積極的な人、消極的な人、個を大切にする人、和を大切にする人などさまざまでしょう。 そんな多国籍企業の中で人事担当のチーフを務めるラズロ・ボック氏は、「Work Rules!」という本の中で「使いやすい人材」について語っています。同氏によると、それは「謙虚な人」なのだとか。 ボック氏はThe New York Times紙上で、さまざまな企業で働く多くの「優秀」な人…

  • 内定辞退の防止策|中途採用面接で応募者の気持ちを掴み、採用成功させる方法

    2015.5.29

    内定辞退対策のまとめ 経営者が面接に出ることで、採用の想いが伝わりやすくなる 中小企業は、応募者の学歴に惑わされず「自社に必要な人材」を選ぶ 採用ミスマッチを防ぐため、中小企業は応募者の疑問を解消することが必要である 採用活動に苦戦している中小企業は、優秀な人材を獲得すべく様々な採用戦略を打ち出しつつも、内定辞退を受けてしまったり、そもそも応募者が集まらなかったりというケースも少なくありません。 中小企業は大企業に比べ認知度に劣るため、人材獲得において母集団の形成と内定受諾までの繋ぎ止めが重要になります。しかしその一方で、同時に十分に人材を見極めなければ、自社にとって本当に必要な人材は採用でき…

  • 200万人の応募者から優れた人材を見極める!
    Googleの人事トップが明かす中途採用術

    2015.5.21

    Googleに就職を希望する人の数は、毎年200万人にのぼります。Googleのブランド力とその数の応募があれば、優れた人材を採用するのはさほど難しくないかもしれません。 それにも関わらず、Googleでは採用に対して非常に重きを置き、「絶対に妥協しない」人選をしています。徹底した人材採用のポイントをGoogleの人事トップが明かしました。 採用候補者の一人ひとりをCEOが面接 Googleでは、採用候補者の一人ひとりに対して、入社したら上席者となる人、同僚になる人、人材採用委員会、そして最高経営責任者ラリー・ページ氏が面接をします。候補者が実際に入社したら、どんな成果が上げられそうか、どんな…

[優秀な人材]の検索結果119