検索結果

検索ワード「優秀な人材」の検索結果一覧

検索対象

[優秀な人材]の検索結果116
  • 優秀な人材はどうやって見つける?注目の数学的理論を用いた採用基準

    2016.7.27

    中途採用の求人に応募してきた候補者と面接するとします。面接の直後に相対評価を下して採用か不採用を決めなければならない場合、最初に応募してきた人を採用しますか? それとも1人目は見送り、次に応募してくる人を採用しますか? このような状況下で、よりよい人材を採用するにはどうすればいいでしょう。 こうした場面で有効な考え方として、採用に取り入れられている数学的理論があるのをご存知でしょうか。最適停止理論(オプティマルストッピングセオリー)と呼ばれるこの理論は、最初の37%を不合格にすることで、最適な人材を選べる確率があがるというもの。不思議なことに、最初に応募してきた人よりも、あとで応募してくる人を…

  • 転職希望者のホンネがわかる!知っておきたい、最新「業界・職種イメージ」 PART1

    2016.7.14

    転職情報サイトを運営するマイナビが、転職意向のある社会人に対して「業界・職種」ごとの仕事イメージ調査を実施しました。回答者は、20~34歳の正社員で働く男女500名。 調査では、8業界・10職種について、「安定的に稼げるか」「残業代がきちんとでるか」といった報酬に関する設問や、「残業が多いか」「休暇が取りやすいか」といった働き方に関する設問、「離職率が高いか」「上下関係が厳しいか」など職場環境に関する設問が設定されました。 各業界・職種に対して転職者がどのようなイメージを持っているのかがわかるだけでなく、その業界・職種に属している回答者からの、偽りのない評価も得られました。 転職者からのイメー…

  • 世界のクロサワは仕切りも世界レベル。一流映画監督に学ぶ現場マネジメント術

    2016.4.22

    円滑な組織運営をするために、マネジメントは必要不可欠な要素です。経営の資源は「ヒト」「モノ」「カネ」。映画製作にも同じことが言えます。 限られた人材や機材、予算の中で傑作を生み出し続ける映画監督たち。小説家などとは違い、映画は一人では作ることはできません。チームワークが必要な映画作りの現場にもかかわらず、黒澤明やスタンリー・キューブリックといった巨匠は、俳優やスタッフに対して想像を絶するような高い要求を出し続けました。 多大なプレッシャーをスタッフに与えながらも傑作を生み出すことができた秘訣は、才能やカリスマ性だけでなく、現場をマネジメントする力があったからこそ。そんな一流の映画監督が持ってい…

  • 「パラレルキャリア」とは、ワークスタイルに2つの軸を持つこれからの働き方

    2016.3.24

    ひとりで複数の名刺を持つ「パラレルキャリア」。同じ会社や組織で仕事を続けるのではなく、身につけてきた知識や技術などを、社会でより広く活用したいと考える人に選ばれている制度です。従来の兼業・副業とは異なる「パラレルキャリア」とはどのようなワークスタイルなのかご紹介します。 「パラレルキャリア」とは? パラレルキャリア(またはパラレルワーク)とは、経営学者P.F.ドラッカーが著書の中で提唱した考え方で、明確な定義がある訳ではありませんが、本業と並行して、ボランティア活動や自営業、別の団体・企業への所属など、第二の活動を実施することを指します。 パラレルキャリアのメリット パラレルキャリアのメリット…

  • 退職してもまた働ける!「ジョブ・リターン制度」を成功させるポイント

    2016.1.21

    結婚、出産、介護などを理由にいったん退職した社員を、本人の希望により再雇用する「ジョブ・リターン制度」。パートナーの海外転勤や遠方での親の介護など、やむをえず退職してしまった人にもうれしい制度です。 大手を中心に導入する企業も増えるなか、社員が利用しやすい制度にするためのポイントについて考えます。 ジョブ・リターン制度とは? ジョブ・リターン制度とは、結婚、出産、介護、配偶者の転勤など、さまざまな理由で退職した職員を、一定の期間を経て、本人の希望があれば再雇用する制度のこと。ワークライフバランスに貢献する制度として、平成23年度雇用均等基本調査(厚生労働省)によると、53.1%の事業所で導入さ…

  • 内定辞退の防止策|離職コンサルのプロが指南!中途採用内定者へのフォローのポイント

    2016.1.18

    中途採用面接を経て内定を出して承諾された後に、土壇場で辞退されたり、あるいは入社後すぐに退職されてしまったり・・・。内定後に何もフォローしていないと、せっかくの採用活動がもったいない結果に終わってしまいかねません。 そこで、今回は内定フォローの重要性と、これを行う上でのポイントについて、離職コンサルのプロに伺いましました。 採用内定から入社までに採用担当が行うべきこと 新卒採用の場合に、内定フォローが大切だ、という話をよく聞きます。中途採用の場合、新卒と比べて内定から入社まで短いと思われますが、その間のフォローというのはやはり重要なのでしょうか。 多くの企業が退職願の提出期限を退職の1カ月前ま…

  • 経営戦略のために人事部ができること

    2016.1.13

    「人事ビジネスパートナーモデル」という言葉を聞いたことはありますか。今、人事部を戦略的なビジネスアドバイザーとして機能させるというこの仕組みが、海外の企業を中心に浸透しつつあります。 2015年7月にCareerBuilder社が実施した、5,000万ドル以上の収益がある企業の88人のリーダーを対象に行ったアンケート調査によると、65%のCEOが人事部のリーダーと会社の上層部が密接に関わりながら働くスタイルに賛成しています。さらに、73%の企業では人事部からのデータを基に経営戦略が立てられていることが見えてきました。人事ビジネスパートナーモデルは机上論ではなく、現場で実際に取り入れられているこ…

  • 人材評価の見極めポイント 管理職に必要な資質3選

    2015.12.24

    上司の評価が高い社員を管理職に昇格させたのに、評判はいまひとつ…といったことがしばしば起こります。こうしたことを避けるために、人事としてもしっかりとした判断基準をもっておきたいところです。 部署としての方向性をまとめ、部下をマネジメントする管理職にとって、必要な資質とは何なのでしょうか。今回は管理職の資質について、あらためて考えます。 上司の評価をうのみにするのは禁物 上司の顔色をうかがいながら、媚びへつらう、という人は多いもの。また、優秀な部下や後輩を使いながら、手柄は自分のものにしてしまうような、立ち回りが上手な人もいます。 直接の評価者である上司は、こうした人を管理職に推薦してしまうケー…

  • スペシャリスト採用時に注意!
    採用ミスマッチを防止する人事の配慮とは?

    2015.12.21

    能力的には優秀なはずだが、配属先から「協調性がなく、使いにくい」との意見があがってしまっては、採用を担当した人事としては頭の痛いところ。 経歴や能力がある人ほど、信念が強くプライドも高いため、新しい職場で不協和音を起こしてしまう事があります。スペシャリスト採用を行う際に気を付けたい点を考えてみましょう。 スペシャリスト採用時に起こりがちな「悲劇」 即戦力として採用したスペシャリスト(専門職)。実務経験も経歴も抜群、これなら新しい職場でも活躍してくれるはず、と思いがちですが、実は経験が豊富なゆえに、「新しい職場になかなか馴染むことができない」といったケースも増えています。 理由のひとつが、社会経…

  • 在宅勤務を禁止したYahoo!-その効果はあったのか?

    2015.12.14

    仕事と家庭の両立を可能にする働き方として、海外でも在宅勤務制度には好意的で、導入する企業が増えています。しかし、Yahoo!のCEOマリッサ・メイヤー氏は2013年の2月に、それまでYahoo!で認められていた在宅勤務の禁止を発表。そのニュースは大きな議論を巻き起こしました。 マリッサ、メイヤーが在宅勤務を禁止した理由 Yahoo!の人事責任者であったジャッキー・レセス氏が社員にあてた文書では、在宅勤務禁止の理由について以下のように記されています。 「在宅勤務により、スピードと品質が犠牲になります。私達はYahoo!として一つになるために顔を合わせる必要があるのです。」 メイヤー氏は、在宅勤務…

  • 「働かないのに自分より給与が高いなんて…」
    職場の不満を生みやすい「滞留社員」の動かし方

    2015.11.27

    「勤務継続年数は長いけれど、主任のまま役職がずっと変わらない」、「昇格テストを受けずに何年も同じ役職にとどまっている」……。そんな一定の役職に留まってしまう『滞留社員』に悩む企業が増えている。年功序列の給与体系を採用している企業が多い日本では、この『滞留社員』が若手社員のモチベーションを下げる要因となるケースも少なくないという。そうした企業の現状と、『滞留社員』を動かすための対策法を探る。 『滞留社員』はなぜ減らない? 企業などの組織においては、基本的に年次が上がって経験を積み、さらにスキルが上がれば何らかのポストに就く……といった、ある程度の「出世」の道筋ができていることが多い(もちろんどの…

  • 優秀なデータサイエンティストを採用するためにウォールマートの採用手法

    2015.10.23

    各社が次々とビッグデータの活用に乗り出すにつれ、皮肉なことに情報を分析できるデータサイエンティストが不足しています。どんなに細かくデータを収集しても、それをビジネスに活かせるように分析し、誰にでもわかるよう出力できる優秀なデータサイエンティストがいなければ、データは役に立ちません。ビッグデータの活用と聞くと、データベースソフトウェアが何でもしてくれるような印象がありますが、その効果を決めるのはデータサイエンティストなのです。 世界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォールマートは、画期的な方法で優秀なデータサイエンティストを採用しています。その戦略をご紹介しましょう。 ゲームでデータ分析の能力…

  • 新入社員を即戦力化!効果的な中途採用者の育成方法

    2015.9.28

    研修を終え、いよいよそれぞれの部署に配属され、本格的に業務をスタートさせた新入社員や、中途採用で新たに仲間に加わった即戦力――。新たな職場でイキイキと仕事に取り組んでいることと思いますが、中には、「入社半年でいきなり辞表を提出してきた」、「突然、心療内科の診断書を持ってきた」といったケースも増加しているといいます。そこで、今一度「新戦力となる新入社員と受け入れ側の関係性づくり・育成方法」について真剣に考えてみませんか? 新入社員の「理想の上司像」とは? 2015年度の新入社員を対象に行われたある調査において、「仕事や職場生活に対する不安」について聞いたところ、「上司・先輩・同僚との人間関係」と…

  • 新入社員を戦力化せよ!効果的な中途採用者の育成方法

    2015.9.28

    研修を終え、いよいよそれぞれの部署に配属され、本格的に業務をスタートさせた新入社員や、中途採用で新たに仲間に加わった即戦力――。新たな職場でイキイキと仕事に取り組んでいることと思いますが、中には、「入社半年でいきなり辞表を提出してきた」、「突然、心療内科の診断書を持ってきた」といったケースも増加しているといいます。そこで、今一度「新戦力となる新入社員と受け入れ側の関係性づくり・育成方法」について真剣に考えてみませんか? 新入社員の「理想の上司像」とは? 2015年度の新入社員を対象に行われたある調査において、「仕事や職場生活に対する不安」について聞いたところ、「上司・先輩・同僚との人間関係」と…

[優秀な人材]の検索結果116