検索結果

検索ワード「中途」の検索結果一覧

検索対象

[中途]の検索結果172
  • 見るべきは“リアクション”。4つのメソッドで見抜く、ヒューマンスキルの高い人材|ヒアリングの技術

    2017.9.20

    近年、人材の流動化や働き方の多様化に伴い、さまざまな価値観を持つメンバーと一緒に働く機会は多くなってきました。 それらのメンバーの意見を取りまとめ、プロジェクトを成功に導くために必要なのが「ヒューマンスキルの高い人材」です。だからこそ、多くの企業にとってそうした人材を採用することは重要なテーマとなっています。 幸いなことに、中途採用においてヒューマンスキルの有無をチェックするのは、新卒採用と比べると難しくありません。なぜなら、すでに社会人としての経験を持つ中途人材においては、過去の職歴で身につけたスキルがそのまま採用面接や職務経歴書に反映されるからです。 だからこそ、採用選考においてチェックす…

  • 採用責任者の視点|株式会社TFM 取締役社長 小柳津競介

    2017.8.31

    採用担当者が面接でチェックするポイントには、その人が社会人生活の中で学んできた「優秀なビジネスマンの持つ特徴」という暗黙知が表れるものです。だからこそ、その基準を知ることは、採用面接のスキル向上に寄与してくれます。 「企業の経営者やマネージャーが、採用面接においてチェックしている3つのポイントを知る」という趣旨の連載企画。第2回目は、“産地直送黒毛和牛一頭買い”を掲げる「Beef Garden」などの飲食店ブランドを運営する株式会社TFMの取締役社長・小柳津競介さんにスポットを当てます。 TFMは2009年に初の直営店である「Beef Garden 二子玉川店」を出店した後、2017年6月現在…

  • 3つの失敗談から学ぶ採用の心得|採用しくじり先生 俺みたいな人事担当者になるな!!

    2017.8.29

    採用の成功事例と比較すると、採用の“失敗事例”を語りたがる人事担当者は少ないものです。それもそのはず。多くの企業にとって、失敗事例とはなるべく隠しておきたいネガティブな情報。それを語るなどもっての外だというのが一般的な考え方でしょう。 ですが、普段は語られることのないその情報にこそ、採用成功のヒントは隠されています。なぜなら、失敗の原因を分析することで、その企業が採用において抱えている課題が浮き彫りになるからです。 ここでは、3人の人事担当者にご登場いただき、採用における失敗談を語ってもらいました。各エピソードから、採用業務のエッセンスを学んでいきましょう。 しくじりケースNo.1 大企業に勤…

  • マネージャーが転職を決めるとき|投資の世界にいた自分が、Rettyというグルメサービス・ベンチャーに心動かされたわけ

    2017.8.24

    優秀なリーダー・マネージャークラスの人材に来てもらうには、「彼らが転職を決めたきっかけ」を知り、それをモデルケースとして自社の採用活動に活かせばいい。そんな趣旨から始まった本連載「マネージャーが転職を決めるとき」。 第3回は、オススメしたい飲食店の口コミを投稿・閲覧できる日本最大級の実名グルメサービス「Retty」(https://retty.me)を展開する、Retty株式会社のCFO・土谷祐三郎さんにフォーカスします。 監査法人トーマツからキャリアをスタートさせ、これまでファンドやコンサルティングファームで投資・事業再生の世界を歩んできた彼。なぜ、全くの異業種にも思える「食」×「IT」とい…

  • 人事担当者必見! 本当にあった中途採用のミスマッチと対策

    2017.8.22

    「こんなはずではなかった。」そう語ってくれたのは、広告業界からITインフラ業界に転職したヨシオカさん(仮名)。彼は、都内在住の既婚者で、就業時間の目処が立たないことを理由に、ITインフラ業界へ飛び込んだそうです。入社して数ヶ月が経ったある日、上司から言い渡されたのは、地方への異動でした。 「面接時にそんな話は聞いていない」 会社の事業拡大のために仕方ないことだと聞く耳を持たれず、それを機に、再び転職を希望するのでした。 このように、大手企業に限らず中小企業でも発生する、雇用のミスマッチ。これらは、採用側と転職者側との間に、業務内容や就業時間などに関する誤解が生じています。その結果、早期の離職と…

  • 目標管理制度(MBO)とは|評価制度を解説します

    2017.8.17

    人事担当者は、採用や育成のことだけを考えていればいいわけではありません。各社員の仕事ぶりが正しく評価され、人材が適切なポジションに配置されるように「評価制度」を設定するのも重要な仕事の1つです。 しかし、評価制度の設定はその他の人事業務と比べて、指標や手段が多種多様のため「どの制度が自社にマッチしているのか」を判断するのは難しいもの。 そこで本連載では、各評価制度についての概要やメリット、そして運用にあたり注意すべき点などを解説していきます。連載第2回の今回は、「目標管理制度(MBO)」について見ていきましょう。 目標管理制度とは 目標管理制度とは、半年や1年という期間で達成すべき目標を決めて…

  • 尖った企業理念を持つ会社|「ビジョンの強さ」で中途採用の好循環を生むSmartHR

    2017.7.4

    企業理念やビジョンは、その会社の存在理由を表す言葉。それは求職者側から見たときには、自分がそこで全力を出せるかどうかを測るための大切な要素となります。 広く世の中に知れ渡る大企業であれば、理念やビジョンを見ることもなく応募する人がいるかもしれません。しかしベンチャーや中小企業は違います。多くの求職者は理念やビジョンを見て、「事業の方向性は自分がやりたいことと合致しているか」を考えます。あるいは「その言葉の響きに惹かれるかどうか」を感覚的に判断しています。 今回はその実例をご紹介したいと思います。「テクノロジーと創意工夫で社会構造をハックする」というビジョンを掲げ、「世の中を変えるようなサービス…

  • 年間600人採用している人事に聞く、求職者の心をつかむ中途採用テクニック

    2017.6.19

    2016年の「HR EXPO」にて弊社人事担当より、中途採用採用における自社の取り組みと採用力を向上させるテクニックをご紹介するセミナーが開かれましたここでは1回限定で開催された同セミナーの内容をご紹介します。 本日は面接の中で気をつけているポイントをを中心に株式会社マイナビの人事として年間600人の採用を成功させている中村有里さんに話を伺います。 売り手市場といわれる転職市場において「スピード感」が大事という話を良く耳にしますが、実際に応募メールを受信してからのレスポンスについて配慮されていることはありますか? 中村:早い時には3時間以内に返信することもあります。とはいえ別の業務との兼ね合い…

  • 「HR EXPO 2017」出展のご案内

    2017.6.15

    2017年7月26日 ~ 28日に開催される人事業界向け展示会「HR EXPO」に マイナビが参加します。 会場内のマイナビブースでは、マイナビ転職をはじめ、新卒採用、アルバイト採用の求人ソリューションをご紹介させていただく予定です。 人材採用ソリューションに役立つセミナーを開催するほか、専門のスタッフによる相談会を随時実施させていただきます。 第5回 HR EXPO 〜人事労務・教育・採用 支援展〜 会期:2017年7月26日(水)〜28日(金) 会場:東京ビッグサイト 東6ホール 「HR EXPO」は、経営者様および総務・人事・経営企画部門のご担当者様を対象とした、採用・教育・人事労務の展…

  • マネージャーが転職を決めるとき|コルクCTOを突き動かしたのは、「未来を編集する男」の言葉

    2017.6.13

    リーダー・マネージャークラスの人材を採用する。 これは、多くの人事担当者にとって絶対に叶えたい目標。そして同時に、叶えるのが非常に難しい目標でもあります。なぜなら、そうした人材は企業における事業の根幹を担っており、簡単には他社へ移ってくれないからです。 ではどうすれば、彼らを採用できる可能性が高まるのでしょうか。その1つとして「リーダー・マネージャークラスの人材が、転職を決めた理由や経緯を知る」という方法があります。つまり、過去の事例をモデルケースとすることで、自社の採用活動にそのノウハウを活かせるというわけです。 今回ご登場いただくのは、2016年10月に漫画家や小説家などのエージェント事業…

  • 採用の法律知識|労働契約のイロハ。賃金・業務内容・休暇…採用後のトラブルリスクを回避する労働契約書の書き方

    2017.6.9

    採用時に取り交わす書類の数々。その中には「必ず書類で明示しなければならない項目」があることを知っていますか? 雇い入れ通知書・労働条件通知書など多種多様な名称で呼ばれる書類ですが、どんな事項を記載しておかなければならないのでしょうか。 労働契約はどのように成立? 中途採用の場合も新卒採用の場合も、就職に際しては会社と労働者との間で「労働契約」が結ばれることになります。労働契約は、「ここで働いてもらう代わりに賃金を支払います」「この会社で働きます」という意思表示をお互いにすれば成立します。 労働契約法6条 労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて…

  • 中途採用の準備|プロカメラマン直伝!初心者でも「採用につながる写真」を今すぐ撮れる3つのコツ

    2017.6.6

    「予算が足りないから、プロカメラマンには依頼できないな。仕方ない、自分たちで求人ページの写真を撮るしかないか……」 慣れない手つきで撮影してみたはいいものの、やっぱり仕上がりはイマイチ。求人ページに掲載してみても、なんだかパッとしない……。あなたも、そんな経験があるのではないでしょうか。採用にそれほど予算を割けない企業にとって、これは根深い問題の1つです。 求人媒体や求人ページに掲載する写真は、企業の印象を左右する重要な要素。しかし、多くの人事担当者は撮影に関しては初心者であるため、どうしてもクオリティの低い写真になってしまいがち。それでは、求職者から見て魅力的なものにはなりません。 でも実は…

  • 採用過程に適性テストを導入するメリットと事前に押さえておきたい適性検査の基礎知識

    2017.5.31

    短期間で応募者に関する多くの情報を集められる適性検査は、今や採用過程で欠かせないものとなっています。そうはいっても、適性検査にはさまざまな商品、サービスがあり、どんな基準で選べばよいのか迷っている担当者も多いのではないでしょうか。 適性検査とはそもそも何なのかといった基礎知識を踏まえ、適性検査を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを解説します。 そもそも適性テストでわかる能力とは? 適性テストには、大きく分けて2つのカテゴリーがあります。1つは、数的処理や論理的思考など知的能力を測る「能力テスト」。もう1つは、計画的行動力、リーダーシップといったような性格的な特徴や行動特性を測る「パーソナリテ…

  • 採用の技術|自社が第二志望の相手を、第一志望に変える対応方法

    2017.5.23

    ある会社に入るということは、人生の中にある様々な選択の中でもかなり大きなイベントです。 日本全国に数百万社も存在している会社の中からただ1つ、少なくとも数年は通う場所、働く仲間を選ぶわけです。場合によっては家庭生活よりも長い時間を使うことになるケースもあるでしょう。加えて、その会社で得たものによって次の人生のステップも変わってきます。 しかも、キャリアは消すことができません。万が一早期退職しようものなら、5年経っても10年経っても「なぜこの会社は半年でお辞めになられたのですか?」と面接官に質問されることは必定です。 このように人生に大きな影響を与える選択ですから、人が入社の意思決定にとても慎重…

[中途]の検索結果172