検索結果

検索ワード「優秀な人材」の検索結果一覧

検索対象

[優秀な人材]の検索結果119
  • 中途採用状況調査 2019年版(2018年実績)

    2019.3.27

    16年・17年に引き続き、企業の人手不足感は解消されておらず、優秀な人材の取り合いとなっている。 中途採用サポネットでは、中途採用担当者1000人を対象にした「中途採用状況調査」を実施。結果の概要は以下の通り。 人材の過不足感 人材の過不足感は、「不足している計」が6割強で、「余剰感を感じる計」の3倍以上を占める。16年・17年と同様に、全体的に人材不足な状態が続いている。 従業員数別にみると、従業員数が多い企業ほど「不足している計」が高い。 業種別で、特に不足感が強いのは『サービス・レジャー』『不動産・建設・設備』。また、『運輸・交通・物流・倉庫』ではおよそ4分の1の企業が「とても不足してい…

  • できる面接官は何を考え何を伝える?面接の仕方を人事のプロに聞いた

    2019.3.20

    感覚的な採用を続けている企業は多い。採用率の低下を市場のせいにしているケースも多い。しかし、採用は今やデータなどを用いて行う時代。採用に対してどんな準備をして、面接者に何を伝えているのか。これからの時代を勝ち抜くための面接の仕方を、人事のプロフェッショナルとして活躍されてきた株式会社All Personal代表の堀尾司さんにお聞きしました。 「できる面接官」と「できない面接官」の違い 採用力を上げるために質の高い面接の仕方を知りたいと思っている人事担当者は多いと思うのですが、面接官として「できる人」「できない人」の特徴を教えてください。 単刀直入に言うと、できる面接官は会社に適切な人を採用しま…

  • DeNA「フルスイング」に訊く 人事主導型オウンドメディア成功の秘訣

    2019.2.28

    情報発信のためにオウンドメディアを立ち上げる企業が増加しています。けれど軌道に乗せるのは容易なことではありません。継続の難しさを感じていたり、苦労に対して効果の手ごたえを感じられていなかったりする企業も多いのではないでしょうか。 頓挫してしまうメディアも少なくないなか、採用広報の観点から人事部主導で運用するオウンドメディアには、採用ブランディングに成功しているケースも見られます。今回は、そうした成功事例の代表格「フルスイング」について、DeNA執行役員 ヒューマンリソース本部 本部長の崔大宇さんに、企業のオウンドメディア成功の秘訣についてお話を伺いました。 採用スタイルの変化に、社外発信の重要…

  • HRテック活用でミスマッチが激減。カルチャーフィットする人材を見極める方法

    2018.12.6

    「カルチャーフィットする人材を採用したい。しかし見極め方がわからない」 そういった悩みを持つ人事担当者の方も少なからずいるのではないでしょうか。また、フィットすると思い採用した人材がすぐ辞めてしまい、嘆いている方も多いかもしれません。 今回は、企業と求職者のカルチャーフィットを見極めるツール「mitsucari適性検査」を開発している株式会社ミライセルフ 代表取締役の表孝憲さんに「カルチャーフィットする人材の見極め方とは」というテーマでお話を伺いました。 そもそも「カルチャーフィット」とは? 最近耳にするようになった「カルチャーフィット」の意味について教えてください。 企業カルチャーと求職者の…

  • スカウトの返信率を高める秘策!魅力的な求職者を獲得する方法

    2018.11.27

    アウトソーシングテクノロジー採用の若林です。今回はダイレクトリクルーティングにも活用できる、スカウトメールの打ち方についてご紹介していきます。求人広告のオプションとして実施する場合であれば、場合によっては500通、1000通と打つこともあり、採用担当者の工数を大幅に使用する業務の一つとなっています。 同じメール文を用いて大量送信をすることで、工数を最小限に抑えて対応する方法もありますが、やはりその方法では、返信率が1〜2%程となってしまいます。工数を削減できるなら、そのくらいの返信率でも致し方ないと考える企業もあるかもしれませんが、コストをかける以上、返信率を上げて優秀な人材の応募を獲得したい…

  • グローバル人材レポート 2018

    2018.11.21

    調査対象 直近3年以内に中途採用の募集をしていた企業の中途採用担当者2665人 調査期間 2018年9月28日(金)~10月11日(木) 調査目的 中途採用担当者の業務実績を聴取し、その特徴・傾向を把握する 直近3年間のグローバル人材の雇用は約7割が実績なし <直近3年間のグローバル人材の雇用実績> 直近3年間のグローバル人材(外国語を話せる人材や外国籍の人材など)の雇用実績は、「ない」が7割弱と多数を占める。 グローバル人材雇用の内容は「日本の勤務地で外国人の雇用」が約2割と最も高く、「外国語を話せる人材の雇用」が2割弱で続く。 「海外勤務地で日本人の雇用」「海外勤務地で外国人の雇用」はそれ…

  • 客観的データで離職率改善!人事・マネジメント現場での適性テストの活用方法

    2018.11.1

    適性テストは選考の「足切り」に使うという固定概念が根強く残るなか、近年では、採用だけでなく「退職リスクの予測」や「タレントマネジメント」に活用するなど、人材活用に関する様々な課題を解決するツールとしても進化を遂げています。 今回は、「パーソナリティ検査OPQ」(以下OPQ)を提供する日本エス・エイチ・エル株式会社の武田幸祐さんに、適性テストの選び方やその活用事例についてお話を伺いました。 適性テストを選ぶ前に、「優秀な人材」の定義を整理すべき 「優秀な人材」を採るためには、どのような適性テストを選ぶべきですか。 武田:まずは、「自社」にとっての「優秀な人材」を把握することが非常に重要です。なぜ…

  • 決め手はUIJターン後の不安払拭――地方就職希望者を採用するためのポイント

    2018.10.2

    近年、様々な理由から、自分の生まれ故郷など、大都市以外で働きたいという転職希望者が増えています。慢性的な人手不足の流れを受け、こういったUターン、Iターン、Jターン(以降はまとめてUIJターン※と記載)での求職者をターゲットにした採用枠を設ける企業も増加中です。 しかし、UIJターン希望者を対象にした採用活動は、意外に難しいもの。通常の採用プロセスに対して、もう一工夫重ねることなしには、上手くいかないケースが少なくありません。そこで本稿では、UIJターン希望者の採用活動において、問題となりやすいポイントや、UIJターン採用を成功させるための秘訣を解説します。 UIJターンとは Uターン…地方で…

  • 採用と育成のプロが教える書類選考で見るべきポイント

    2018.8.23

    入社後に思ったようなパフォーマンスを発揮してくれない――。多くの人事担当者が口にする悩みです。この悩みを解消するには、自社の採用プロセスを抜本的に見直す必要があるかもしれません。 「特に書類選考は求職者の質の評価には向いていません。その特性を理解したうえで実施しなければ無意味になってしまいます」と指摘するのは、多くの企業の採用を支援している株式会社採用と育成研究社の鈴木洋平さん。 採用プロセスでは自社の求める人物がどんな能力を持っているべきなのかを明確にしたうえで、書類選考では何を確認する、適性テストでは何を確認する、面接では何を確認するという異なる切り口で臨むことが重要だと鈴木さんは話します…

  • 「実行力」~目標の実現に向けて最後までやり抜く能力~|ビジネススキルの見極め方

    2018.6.7

    ◆意味:実行力とは? 実行力とは、「目標」や「理想」など、努力すれば実現可能なギリギリのラインの「現実的なゴール」を設定し、達成するために細かいアクションプランに落とし込む力です。マネージャーやリーダーに必要不可欠な能力であり、実行力がある人材は、採用後すぐにでも活躍してくれる可能性があります。 マネージャーやリーダーに必要不可欠な能力 「実行(execution)」という言葉は、辞書的には「実際に行うこと」の短縮系。「実際に」という部分が「実現する(realize)」という意味を示し、一方で「行う」という部分は単に「行動(action)」という意味にすぎません。つまり、“実現できたかどうか”…

  • 「仕事に対する姿勢を重視した採用活動」成功する人材を採用するには

    2018.5.1

    良い組織をつくるには、良い人材が必要です。しかし、私たちが良い人材というときには、大抵優れた技術を持つ人を意味します。『Hiring for Attitude』の著者、マーク・マーフィー氏は、優れた技術を持つ人だけを探す採用活動は、戦う相手を間違えているようなものだと述べています。 高いパフォーマンスを発揮する社員を採用したければ、採用試験で、技術力だけでなく仕事に対する姿勢を重視するべきなのです。 なぜ仕事に対する姿勢が重要なのか マーク・マーフィー氏がCEOを務める、リーダーシップトレーニングとリサーチの専門会社Leadership IQでは、2万人の新入社員を3年間にわたって追跡調査しま…

  • 「洞察力」〜膨大なナレッジと柔軟な思考を用い、物事の本質を見抜く能力〜|ビジネススキルの見極め方

    2018.4.10

    ◆意味:洞察力とは? 洞察力とは、認知資源・語彙・教養の総合力です。洞察力のある人とは、日ごろからインプットと情報分類を欠かさず、深い知識と教養力を持ち、一つの情報から物事や概念のつながりを直感的にアウトプットことができる人といえます。 洞察力は、ビジネス上のあらゆる場面で役立つ力です。物事の本質を見極めることができればトラブルが起きてもスピーティーに問題解決できますし、コミュニケーションをとる際に相手の言動から本心を見抜いたりすることも可能になります。 洞察力と観察力の違い 「洞察」に近い言葉として、「観察」が引き合いに出されることがしばしばあります。これらは「見て何かを認識する(察する)」…

  • 有名企業の人事・採用担当者がおすすめ!読んでおきたい7つの書籍

    2018.3.22

    人事担当者が成長するために有効な方法のひとつが「本を読むこと」です。名著と呼ばれる書籍には、筆者が長い期間をかけて培った人事・採用のエッセンスが詰まっています。その内容を学ぶことで、短期間で効率的にノウハウを習得できるのです。 しかし、人事・採用関連の本は世の中に数えきれないほどあるため、どれを読めばいいか判別するのは簡単ではありません。そこで今回は各企業の人事担当者にアンケートを実施し、おすすめの書籍を紹介してもらいました。ぜひ、選書する際の参考にしてください! ※社名の50音順に掲載。回答者は敬称略とする。 株式会社Emotion Techがおすすめ!『How Google Works―私…

  • 仕事ができる人を見つけ出すパフォーマンスベースの採用活動

    2018.3.15

    『The Essential Guide for Hiring & Getting Hired』の著者、ルー・アドラー氏は、The Adler Groupの代表として企業の採用戦略コンサルティングをする傍ら、リクルーターや企業の採用担当者向けにオンラインセミナーなどのトレーニングコースを開講し、世界中から受講者が集まっています。本書は、アドラー氏が提唱するパフォーマンスベースの採用活動の実践方法を解説する入門書です。 パフォーマンスベースの採用活動とは、従来の採用活動よりも実際の業績を重視した採用活動をすることで、企業が望む人材を採用できるようになるというアイデアです。ここでは、まず…

[優秀な人材]の検索結果119