検索結果

検索ワード「優秀な人材」の検索結果一覧

検索対象

[優秀な人材]の検索結果138
  • 直感ではなく科学的分析が人材管理の鍵となる理由

    2020.9.2

    高い潜在能力を持つ従業員をやる気にさせ、育成し、長く雇用するために何ができるでしょうか。多くの企業は、採用活動や人材管理の方法を常に考えていますが、なかなかうまくいきません。ビジネス心理学の教授で、Hogan Assessmentsという適正診断テストを提供する企業のCEOでもあるトマス・チャモロ-プリミュージク氏は、著書「The Talent Delusion(才能という妄想)」のなかで、人の感覚だけを頼りに採用活動や人材管理の問題に取り組むのであれば、どんなにコストをかけても無駄になってしまうと警告します。それでは、どのような人材管理をすればいいのか、この本の概要から探ってみましょう。 才…

  • テレワークとは?導入が進む新たな働き方に詳しくなろう!

    2020.8.27

    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府は2020年2月25日にテレワークと時差出勤などの推奨を宣言しました。さらに「緊急事態宣言」を出した地域では、人と人との接触機会を8割減にすることを目標にしており、各企業ではより一層テレワークへの取り組みが広がっています。 しかし、テレワークについて、「在宅で仕事をすること」と抽象的なイメージはあっても、その内容まで詳しく説明できる方も少ないはず。新しい働き方への移行ができるこのタイミングで、テレワークへの理解を深められれば、企業にとってプラスとなるヒントが得られるでしょう。 今回は再度テレワークの内容をおさらいしつつ、メリットやデメリット、導入事例…

  • 採用通知書とは?通知書の種類や違い、書き方などを詳しく解説!

    2020.8.20

    近年の働き方改革や女性活用促進法により、国民一人ひとりの働き方は大きなターニングポイントを迎え、多様化が進んでいます。一方で、内閣府の調査によると生産年齢人口(15~64歳)は1995年をピークに年々減少しており、2040年には6000万人弱になるとの推計が出されました。現状は上昇している労働力人口も、今後は徐々に減少していくことが予測されます。 これらの理由から、採用市場では貴重な人材をいかに採用し、入社してもらうかに各企業が力を注いでいます。中でも、欲しい人材を確保するための採用通知書に関する知識は必要不可欠といえるでしょう。そこで、本記事では採用通知書の種類や違い、書き方など、採用力を高…

  • 雇用ミスを避け、優秀な人材を採用する方法

    2020.8.13

    人材戦略のコンサルタント会社であるghSMARTのCEOジェフ・スマート氏と、同社の役員であるランディ・ストリート氏の共著『Who: The A Method for Hiring』は、2008年の初版発行以来、採用担当者が読むべき書籍として数々の新聞や雑誌で紹介されている、とても有名な本です。この本では上位10%の人だけが達成できる一連の成果について、少なくとも90%できる可能性を持つ人を「Aプレイヤー」と定義し、才能のあるAプレイヤーを採用するための「採用のAメソッド」を提案しています。その概要をご案内しましょう。 「What」よりも「Who」に目を向ける まずは「何ができるか」よりも「ど…

  • 魅力的な人材から内定承諾を得るために人事が取り組むべき「CX(候補者体験)」とは

    2020.8.12

    こんにちは、若林です。買い手市場・売り手市場は、いつの時代も経済の動向によって移り変わります。ところが、「この人には是非うちに入ってほしい!」と思う人材から内定承諾を得るのは、どんな状況でも容易ではありません。 魅力的な人材は、スキルの有無や年齢に関わらずどの時期も内定が殺到・集中するからです。そのため、我々人事担当者はそのような人材から内定承諾を獲得する技を身に付けていなければいけません。今日は、内定承諾率を高めるために効果的な“CX(候補者体験)”という考え方についてご紹介します。 採用CX(候補者体験)とは 「この会社に入社して良かった」と社員一人ひとりが感じてくれる会社作りがしたい。人…

  • 目標の可視化が人材と組織の成長を促す!人事評価制度の重要性

    2020.6.25

    キャリア人材や外国人労働者の採用が進む昨今、年功型の給与体系から個々の能力に合わせた給与体系への見直しが求められています。しかし、まだまだ見直しが進んでいないのが現状です。その原因にあるのが、人事評価制度。これからの時代に合った人事評価制度の導入が優秀な人材の獲得、定着につながっていきます。 今回は、人事評価クラウドサービスを提供する株式会社HRBrainの代表である堀浩輝さんに、個々を評価する人事評価制度が経営にどのような影響を与え、企業成長にどう貢献していくのかを具体的にお伺いしました。 目標設定の問題点 人事評価制度を考えるうえで「目標設定」が一つ重要な要素になるかと思いますが、堀さんは…

  • 優れた人材の退職を防ぐシンプルな戦略

    2020.6.17

    シャロン・ジョーダン・エバンス氏とビバリー・ケイ氏のベストセラーで、現在第5版が出版されている『Love “Em or Lose “Em』。この本は、長年に渡り管理職のコーチングやリーダー育成などを専門としてきた著者が、従業員を退職させないための26のシンプルな戦略を、AからZのアルファベット順に提案しています。どの章から読み始めてもよく、管理職のための手引書としても役立つ作りです。 従業員の熱意を上げ退職させないための26の戦略 『Love “Em or Lose “Em』-「従業員を愛するか、それとも失うか」というタイトルからも分かるように、…

  • テレワーク社宅で優秀な人材の退職を防止。社員のエンゲージメントを高める新たな取り組みとは

    2020.6.9

    少子高齢化、労働人口の減少が進むなか、人材確保は多くの企業の存続を揺るがしかねない深刻な経営課題となっています。多くの企業が、複数のチャネルを利用して求職者と接点を持ち人材確保に取り組んだり、社員の定着化を図るために人材育成の強化や福利厚生の充実、新たな人事制度、評価制度を導入したりと、さまざまな取り組みを行ってきました。 ところが、新型コロナウィルスの流行に伴い、社員の仕事や会社に対する価値観が変化する中、このような企業の取り組みもパラダイムシフトに適応していかなければいけません。今回は、アフターコロナも見据えた、新たな福利厚生の在り方「テレワーク社宅」についてご紹介します。 新型コロナウィ…

  • 人事から“CHRO”へ変身!社員が力を発揮できる組織をつくるCHROの目指し方

    2020.6.4

    強い組織づくりを実現していくために、CHRO(最高人材リソース責任者)を置く企業は増えてきました。しかし、まだまだCHROの存在価値が各企業に広まりきっていないのが現状です。そこで、会社にCHROがいることで、社員と組織の関係がどれほど最適になり、力を発揮できる組織になるのか。社外CHROサービスを企業に提供する株式会社RECOMO代表の橋本祐造さんにお話をお伺いしました。 CHRO(最高人材リソース責任者)の役割 CHRO(最高人材リソース責任者)とは、どのようなポジションを指すのでしょうか? CHROとは、一言で定義すると「人がベストパフォーマンスを発揮できる状態を作ることに対して責任を持…

  • 売り手市場の今だからこそ採用は焦らず辛抱強く

    2020.5.26

    欠員を一刻も早く補充する必要があり、社内から急いで欲しいと圧力がかかることがしばしばあります。こういった状況では、採用が進まない焦りから、選考基準を下げて、妥協して採用するかどうかを検討しがちです。 しかし、現場オペレーションに致命的な支障が出る場合を除いて、基本的には選考基準を下げることはNGです。 そのことは頭ではわかっていても、妥協のない採用の実行は非常に難しい問題であることもまた、現場ではよくあることです。 今回は筆者の失敗談とともに、しっかりと採用基準を守る必要性を紹介いたします。 誰を選ぶかは徹底的にこだわる 従業員は、一番の財産でもあり、一番の課題ともなり得る なぜ「採用活動」は…

  • 全社員が採用に取り組む「スクラム採用」。社員を巻きこむメリットと取り組み方。

    2020.5.6

    「終身雇用制度」が崩壊しつつあり、新たな働き方が多く見られるようになっています。日々人の流動は大きな変化を遂げていることを実感する瞬間があるのではないでしょうか。 近年、新たな採用活動のひとつが全社員が一丸となって採用を行う「スクラム採用」。これまでの採用活動とは、どのような点が異なるのか、また採用力向上の可能性はどんなところに秘められているのでしょうか。今回はそんな「スクラム採用」について解説します。 スクラム採用とは? 従来、採用活動といえば人事部の担当者が全て行うものとされていました。しかし、社員からの紹介がもととなる「リファラル採用」やSNSでの応募など、人事部の管轄外から採用活動が始…

  • まだ経験者だけ採用しているの?磨けば光る未経験者採用のメリット

    2020.4.30

    「経験者を採用したい」 人事担当者であれば、みなさん同じ想いではないでしょうか。 経験者を求めるあまり、採用が長期化し、求める人材がなかなか採用できないことがあります。 資格が必要な業種以外は、経験者に限定せず、未経験者まで視野を広げることをおすすめします。 実際に、マイナビ転職のデータでは「職種(仕事の種類)未経験者」を歓迎している割合は78.4%、4分の3の求人が未経験者もウエルカムという企業が増えています。 磨けば光る未経験者を見極めるポイントと、採用メリットについてお伝えします。 磨けば光る未経験者の要素とは? 選考において、これまでの経験・成果を見る際に、見極めるべき2つの能力があり…

  • チームワーク力は、リーダーが創りだす心理的安全性にあった!

    2020.4.22

    多様な人材が集まり、多様な働き方が広まっている現代において、会社がひとつとなり、しっかりと業績を伸ばしていくには、チームワーク力が今まで以上に必要になっています。しかし、今までと同じやり方ではリーダーについてくる部下はいません。部下全員が同じゴールを目指し、チームに誇りを持ち、仕事に励めるチームにしていくために、リーダーはどのようなチーム作りをしていくべきなのか。長年、チームワークとリーダーシップの研究をされてきた村瀬様にお聞きしました。 チームワーク力のある組織とは はじめに、チームワーク力に欠ける組織の特徴とその原因についてお聞かせください。 チームワーク力が欠けている組織というのは、チー…

  • 「健康経営」が“会社”と“社員”にもたらすメリット・デメリットとは?

    2020.4.21

    長時間労働などにより、従業員を疲弊させるブラック企業は後を絶ちません。従業員を過労自殺に追い込んだ企業の報道も続いている状況を改善すべく、経済産業省では「健康経営」に熱心な企業を顕彰する制度を定めました。 この「健康経営」とは、企業側が従業員の健康管理を経営課題として捉え、推進していく経営方針です。 近年健康経営が大きな注目を集めているのは、企業が生き残っていくために必須の取り組みであるためです。今回は、健康経営が普及し始めた背景やメリット、導入事例などを解説します。 健康経営とは 健康経営は、1992年にアメリカの臨床心理学者ロバート・ローゼンが著書『The Health Company』で…

[優秀な人材]の検索結果138