検索結果

検索ワード「メンタルヘルス」の検索結果一覧

検索対象

[メンタルヘルス]の検索結果19
  • 社員が抱えるストレスに対して、 会社や上司はどうフォローすべきか

    2015.9.25

    職場内や取引先での人間関係や仕事と家庭の両立、そして自らのキャリアアップなど…。社会人として毎日を送る以上、ストレスの蓄積は誰にでも起こりえます。ストレスに悩む社員に対して、会社や上司、同僚はどう接し、対応していけばよいのでしょうか。2つの事例をもとに考え方のポイントを探っていきます。 <CASE 1> 突然の異動辞令!これまでのキャリアは無駄だったの? 「これまで技術職としてグループのリーダーを務め、長く経験を積んできたが、会社の方針転換により、突然、営業職への異動を言い渡された。お客様と対峙する仕事は経験がなく、これからどう取り組んでいいのかもわからずパニック状態。しかも異動と同時にリーダ…

  • メンタルヘルスチェック!「うつ病」と疑わしい社員への対処法

    2015.9.7

    今や10人に1人がうつ病に悩んでいるともいわれるほど、うつ病をはじめとする精神疾患に悩む人は増えています。こうした状況のなか、うつ病を発症する社員も年々増加しているのではないでしょうか。 うつ病の発症は企業にとって大きな損失であり、社員のメンタルヘルスを守ることは企業の重要な課題となっています。そこで、うつ病の兆候や対処法を中心に、病状が重くなって長い休職に入るといった深刻な状況を未然に防ぐためにできることをご紹介しましょう。 うつ病一人による企業損失は400万円!? うつ病は、発症した本人がつらいだけではありません。せっかく教育した人材を十分に活かせない、休職した場合それをカバーする人材を確…

  • 「義務」から組織を変える「チャンス」に!
    ストレスチェックをどう生かす?どう変える?

    2015.6.22

    2015年12月から実施が義務化(従業員50名以上の事業場の場合)される「ストレスチェック」。もちろんその背景には、メンタルヘルスに不調を抱える社員が増加傾向にあることが挙げられます。 社員一人ひとりが健康に、安心して働くことのできる職場環境をつくることは、経営者の重要な責務の一つ。メンタル不調を未然に防止するためにも、正しい知識・認識による抜本的な対策・対応が求められています。 では、今後、各企業がメンタルヘルスに対してどのような認識を持ち、どのように対策していけばよいのか。そして、メンタルヘルスへの取り組みを生産性の向上へとつなげるためにはどうしたらよいのか。その「打ち手」について考えてい…

  • いよいよ義務化の「ストレスチェック制度」。 今、会社がすべきこととは?

    2015.6.12

    2015年12月1日より実施される、改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度。どのような制度なのか、そして、会社はどう対応していかなくてはならないのか――知っているようであまり知らない「ストレスチェック制度」を、くわしく解説していきます。 ストレスチェック制度とは 厚生労働省公表の資料「改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度について」によれば、ストレスチェック制度とは、「ストレスチェックの実施、その結果に基づく医師による面接指導、面接指導結果に基づく就業上の措置、ストレスチェック結果の集団ごとの集計・分析など、労働安全衛生法第66条の10に係る事業場における一連の取組全体をいう」…

  • 社員の健康管理、どんな対策がある?

    2015.4.30

    社員本人のみならず、企業にとっても社員の健康管理は大切です。体調が優れない状態では業務でも生産性が低下すると共に、突発的な病気等によってトラブルが起きてしまう可能性があります。しかし、企業としても、社員の心身の健康を保ち、最高のパフォーマンスを発揮してもらいたいものです。 では、社員の健康管理には具体的にどういった対策があるのか。その方法についてご紹介しましょう。 社員の健康管理は会社の責任 一昔前の日本では、働く上で健康であることは常識でした。つまり、病気や体調不良は自己責任というイメージが強かったのです。しかし時代と共に、その考え方にも変化が見えています。健康上の異常は会社側の不備であり、…

[メンタルヘルス]の検索結果19