検索結果

検索ワード「 面接」の検索結果一覧

検索対象

[ 面接]の検索結果235
  • 圧迫面接という企業リスクを取らずに、採用面接で求職者のストレス耐性を確認する方法

    2017.1.14

    圧迫面接は、求職者のストレス耐性チェックとして用いられる場合が多いようですが、圧迫面接という手法はマイナス面も多く、本来の目的である人材獲得はおろか、業務貢献にも繋がらないこともあるようです。 圧迫面接という企業リスクを取らず、どのように求職者のストレス耐性をチェックしたら良いのか。ストレス耐性を見抜く面接テクニックについて考えてみます。 圧迫面接で求職者の適応能力が測れるか? あえて横柄な態度をとったり答えにくい質問を続けたりするなど、圧迫面接はストレス耐性を判断するために敢えて行っていることでしょう。しかし、圧迫面接という状況下では、対等であるべき企業と求職者の関係性は崩れ、一方的、かつ無…

  • 採用ミスマッチ解消のカギは“ペルソナ設定”にあり!
    人材募集時のペルソナ設定の目的と手順を徹底解説

    2016.12.7

    「経歴上はハイスペックなのに、働き始めたらなぜか実力を発揮してくれなかった」 「やる気に満ちあふれている人材だったのに、入社した途端に勢いがしぼんでしまった」 人材採用の難しさは、書類や面接での評価がそのまま現場での働きぶりに直結しないことではないでしょうか。こうした採用時の評価と実務での評価がズレる理由はたくさんありますが、その原因のほとんどは現場のニーズと獲得した人材のミスマッチが原因であるケースが多いのです。 それでは、どうすれば適切な人材を採用し、採用に関わる全員が幸せになれるのでしょうか。そのカギは、求める人材の“ペルソナ設定”にあります。 マーケティングにおいてよく使用される「ペル…

  • 「面接で見抜けなかった…」でイタい目を見た人事担当者は読んでおきたい!優秀な人材を見分ける5つの方法

    2016.11.22

    経験者に即戦力、前途有望な若手……。喉から手が出るほど欲しいこうした人材は、一体どこにいるのでしょう?日々、優秀な人材を求めて採用活動を行っている担当者からため息とともに聞こえてくるのは、「なかなか優秀な人材っていないよね」という諦めにも似た言葉。でも、ちょっと待ってください。あなたが×をつけたその人材、本当に優秀じゃなかったと言い切れますか? 採用の場では、これまでのキャリアや経験値、スキルや人柄など、さまざまな側面から人材に光を当て、応募者を的確に見極める必要があります。エントリーシートや一般的に行われる表層的な面接で明らかになる“優秀さ”はわかりやすいのですが、後々それがわかりやすさゆえ…

  • 中小企業の中途採用課題を解決するコツ。採るべきは優秀な人材じゃなく“適切な”人材

    2016.11.10

    大規模で計画的な採用が行える大企業に比べて、中小企業の採用活動には多くの制限があります。 専任の人事担当者を常駐で置くのが難しい企業もあるでしょう。場合によっては経営者自ら採用の判断を一手に担っていることもあるかもしれません。業績や事業内容は魅力的なのにも関わらず知名度が低いために、なかなか人が集まらないとお嘆きの担当者もいることでしょう。いわゆる「人、モノ、カネ」の物量では大企業に勝てない現実ははっきりしています。 では中小企業は何をすべきなのか?少ないリソースをどこに割けば、ライバルに先んじて求める人材と出会えるのか?これを実現するためには中小企業に特化した採用ノウハウがあるのです。 ここ…

  • (HR EXPO限定)中途採用セミナー開催のお知らせ【企業向け】

    2016.9.6

    10月5日(水)~ 7日(金)、インテックス大阪にて西日本エリア初となる「関西 HR EXPO」が開催されます。マイナビ転職では、7月に行われた東京開催に続き、企業さまの中途採用をご支援すべく、関西HR EXPOに出展いたします。

  • 【企業向けセミナー】
    採用活動、一方通行になっていませんか?
    『面接ドタキャン』や『内定辞退』を防ぐには?

    2016.9.6

    すぐに実践していただける『面接ドタキャン』、『内定辞退』防止策をご紹介!マイナビ転職が独自に実施している、求職者向けアンケート結果や企業様の失敗・成功事例を紐解きながらお伝えいたします。ぜひ明日からの採用活動にお役立てください! ご紹介資料のイメージ セミナー内容 中途採用市場の現状 中途採用市場の現状をふまえて事例のご紹介 事例のポイントを解説 開催日時 10月6日(木) 14:00~14:3010月7日(金) 16:00~16:30 開催場所 インテックス大阪 6号館 Cゾーン関西HR EXPO ~人事労務・教育・採用 支援展~ 〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102 ご注…

  • 今さら聞けない採用トラブルの回避法
    ネット採用の“盲点”と”活用方法”

    2016.9.2

    24時間、いつでも応募を受け付けることができ、自社が求める条件に合った人材へダイレクトにスカウトメールを送ることができるなど、メリットも大きいWeb採用。しかし、その反面、ちょっとしたミスによって大きなトラブルに発展する可能性も。そんなインターネットを活用した採用業務を行う上で、気をつけておきたいポイントをご紹介します。 本記事で解決できる採用時の課題一覧 応募者が集まりやすいからこそ「欲しい人物像」を明確に! Q.ネットで人材を募集することのメリット・デメリットを教えてください。 Q.応募者の面接キャンセルが多発しています。それを防ぐにはどうすればよい? ちょっとしたミスが大きなトラブルに発…

  • 採用担当者さま必見!採用要件をブレさせない採用フローの考え方

    2016.8.30

    採用要件がブレてしまう原因(面接時) 面接をする前に決めておきたいことは「採用要件」です。この要件がブレた状態で選考が進んでしまうと本来求めている人材とは別の人を採用してしまう…などミスマッチの原因ともなり得ます。面接に携わる人数が1人の場合・複数の場合によって気をつけるポイントが異なります。 1人の担当者が内定まで面接を行う場合 1人で面接をする場合は万が一途中で採用要件がブレてしまったとしても、そのことに気づかず内定まで進む可能性もあります。「どんな経験があれば採用基準を満たしているか」などを思い描くだけでなく紙などにまとめ面接中にも確認出来ることが望ましいといえます。 複数の担当が内定ま…

  • 役員面接を失敗させないために、人事担当者がすべき準備と根回し

    2016.8.17

    会社によって役員面接の位置づけはさまざま。優秀な人材を採用するために募集から採用まで時間と労力をかけてきた人事担当者にとって、最後の役員面接は重要です。また、求職者にとっても、会社の方針を決定する役員とコミュニケーションをとることで、入社後のモチベーションにつなげることができる貴重な機会であるといえます。効果的な役員面接を行うために、役員や求職者に対して行う準備や根回しの方法をご紹介します。 無駄な役員面接をしていませんか? ひとりの人を採用するのには、とても長い時間と手間がかかるもの。せっかく長い時間をかけて考査したのに、最終の役員面接で役員との相性や気分に左右され、不採用となってしまっては…

  • 入社後に活躍する人材の見極め方! 中途採用面接でEQの高い人材を選ぶべき理由

    2016.8.4

    学問で成功を収めるときに知力は大切な要素です。しかし社会で成功するには知力以上に大切な要素があります。たとえば転職者の採用試験で知力の高い人を選んだのに仕事の成果が上がらなかったり、チームの雰囲気が悪くなってしまったりした経験はないでしょうか。もしかしたらそれは、その人のEQ(心の知能指数)が低いせいかもしれません。 知能を測る基準であるIQに対し、心を測る基準をEQと呼びます。そして、ビジネスで成功する人物は、IQだけでなく、感情を上手にコントロールできる力であるEQが高いといわれています。 アメリカの大手転職情報サイトCarrier Builderの調査では、71%の採用担当マネージャーが…

  • 二度と採用で失敗しないために、中途採用に向けた準備と進め方

    2016.8.2

    企業にとって重要な問題のひとつである「人材の採用」。しかし、採用活動のみを担当する人材を配置している中小企業は少ないかもしれません。ほかの業務を兼任していたり、経営者が採用活動を担当していたりする場合も少なくなく、他業務との兼ね合いがあるため採用担当者の負担は大きくなっています。そんな時は、効率的にすすめるためにも採用活動における重要項目を抽出しておさえるべきポイントを整理してみましょう。 効果的な採用活動のための計画の立て方 まずは、中途採用の準備について説明します。中途採用は新卒採用と違って、退職者が出た場合の欠員補充のために行われることが多いため、ある程度マニュアル化し、普段から採用活動…

  • 優秀な人材はどうやって見つける?注目の数学的理論を用いた採用基準

    2016.7.27

    中途採用の求人に応募してきた候補者と面接するとします。面接の直後に相対評価を下して採用か不採用を決めなければならない場合、最初に応募してきた人を採用しますか? それとも1人目は見送り、次に応募してくる人を採用しますか? このような状況下で、よりよい人材を採用するにはどうすればいいでしょう。 こうした場面で有効な考え方として、採用に取り入れられている数学的理論があるのをご存知でしょうか。最適停止理論(オプティマルストッピングセオリー)と呼ばれるこの理論は、最初の37%を不合格にすることで、最適な人材を選べる確率があがるというもの。不思議なことに、最初に応募してきた人よりも、あとで応募してくる人を…

  • 元杜氏やイギリス人利き酒師が採用できたワケは、求職者のファン化。プロが集まるリカー・イノベーション株式会社の採用戦略

    2016.3.23

    米と麹と水を使い、日本独特の方法で醸造する日本酒。 歴史ある業界のため、“老舗”と呼ばれる蔵元や酒屋も日本各地に多く存在しています。 そして今、世界規模で日本酒ブームの兆しが起こり、獺祭をはじめとした日本酒は、「ジャパニーズワイン」と呼ばれ親しまれているという現状です。 しかし、国内では衰退の一途をたどり、消費量は1973年をピークに減少を続け、醸造元である蔵元も年々減少しており、日本の文化でもある日本酒が呑まれなくなっています。 いわば岐路に立たされているこの業界において、「日本酒業界を盛り上げたい」と2013年に創業したリカー・イノベーション株式会社。 社名の通り日本酒業界にイノベーション…

  • 職歴詐称を防ぐ。中途採用でリファレンスチェックをすべき3つの理由

    2016.3.22

    リファレンスチェックとは、採用の最終決定をするときに候補者の身元照会人(以前の職場の上司や同僚など)に採用担当者が連絡をし、候補者の経歴や勤務状況について話を聞くことです。 外資系企業への転職にはつきもので、主に候補者から提示された2~3人の身元照会人に企業が連絡をします。大きな企業では、エージェントや専門部署がリファレンスチェックをする場合もあるようです。 リファレンスチェックのアプリを開発しているアメリカのSkillSurveyという企業が実施した調査では、70%の採用担当者が候補者全員のリファレンスチェックを実施していると答えました。 リファレンスチェックをしないとわからないこと アメリ…

[ 面接]の検索結果235