検索結果

検索ワード「中途採用」の検索結果一覧

検索対象

[中途採用]の検索結果152
  • 中途採用面接で聞くべき厳選質問集[50選]|面接官の心得

    2015.4.22

    中途採用を実施するにあたって、面接現場で求職者にどのような質問をするべきか迷う方もいるのではないでしょうか。 応募者の能力やスキル・自社とのマッチングをはかるための具体的な情報を引き出すために必要となる、面接前の事前準備から、面接力向上に役立つ具体的な質問項目までまとめてご紹介します。 中途採用の実施が決まったらすべき準備 配属予定先メンバーのスキルや人物像を把握する 獲得したい人物像(ペルソナ)を明確に設計する 人材獲得要件を決裁者と配属予定先から了承を得る 人材要件の判断材料として利用する質問内容をリストアップし、担当者間で共有する 面接時に専門家の同席が必要か確認し、必要に応じスケジュー…

  • 中途採用面接でチェックすべきマナーのポイント|面接官の心得

    2015.4.22

    中途採用の面接では、よく見るべきマナー等のポイントがあります。学生が訪れる新卒面接では許されても、中途採用で見逃してはいけません。 中途採用者のマナー 新卒採用者は許せても… 新卒採用に応募してくる学生と、すでにビジネスパーソンである中途採用者。新卒者はビジネスパーソンとして初心者のため、面接時にはビジネスマナーが理解できていない場合もあるでしょう。しかし社会常識さえ分かっていれば、ビジネスマナーは入社後の教育で身に付けてもらうことができます。 しかし、中途採用者は異なります。ある程度のビジネス経験を持っていると想定できるので、過去のビジネス経験からマナーを身につけていることは当然期待すること…

  • 定番外の質問を用いた中途採用者の見極めポイント (中途採用・面接官講座 第6回)

    2015.4.20

    転職面接では、職務経験、自己PRといった定番質問で求めている人材と合致しているか見極めますが、組織適応力やストレス耐性などに問題があれば、戦力になる人材とは言えません。定番質問以外の質問は、応募者が予め用意してきた回答ではないため、瞬時に自分の言葉で回答する必要があり、より本質を見極めることができます。応募者の本質の言葉を引き出すために、定番質問以外の質問を投げかけてみてください。 適応力を見極める質問 面接官の質問例 「人間関係で困ったことがありますか?」 回答例 年代を問わず良好な人間関係を構築できますが、前職で年齢が上の方が部下となり最初はやや戸惑いました。経験を尊重しながらこちらから積…

  • 中途採用における筆記試験

    2015.4.20

    中途採用は、基本的に即戦力になることが求められます。新卒採用ほど応募者が多くはない中、「筆記試験による選考は必要なのか」と疑問を持つ方も多いでしょう。より確度の高い採用を行うために、中途採用における筆記試験について理解を深めてみてください。 筆記試験の種類 筆記試験は、大きく以下の3つに分類することができます。どのような試験を行うべきかの基準として、まずは各試験について確認しておきましょう。 一般常識試験 常識的な知識を測るための試験です。SPIなどに代表される一般常識試験は、「国語」「数学」「英語」などの学力検査から、新聞等ニュース媒体に取り上げられた時事単語を問題にする時事試験まであります…

  • 定番質問を用いた応募者を見極めポイント (中途採用・面接官講座 第5回)

    2015.4.6

    今回は、職務経験、退職理由、志望動機、自己PRといった定番質問の回答の見極め方について考えてみましょう。 応募者の多くが定番質問について、予め回答を用意してきます。用意してくることは問題ないのですが、面接官は回答の信憑性を見極めなければいけません。そのためには、応募者の回答に興味を持ちさらに質問を投げかけて言葉のキャッチボールをおこなってください。 応募者は、面接官が回答に興味を持ってくれていると感じると、信頼できる面接官だと考え本音で話しをするようになります。応募者が回答しやすい状況を意識して、面接を進めてください。 定番質問の質問例、回答例、見極め方について考えてみましょう。 職務経験につ…

  • 労働市場レポート 2015年4月版(2月実績)

    2015.4.2

    2015年2月の有効求人倍率情報をおおくりします。 ※厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」より 有効求人倍率 (2015年2月の実績) 有効求人倍率は、1.15倍(季節調整値)となり 前月の有効求人倍率と比べて0.01ポイント上昇しました。 完全失業率 (2015年2月の実績) 完全失業率は3.5%(季節調整値)となり、 前月の完全失業率と比べて0.1ポイント低下しました。 労働力指標 完全失業者数は226万人となり、 57カ月連続で減少しました。

  • 中途採用面接で態度や癖からの見極めポイント (中途採用・面接官講座 第4回)

    2015.3.23

    面接時の態度や表情だけでなく、面接前の様子にも注意を払うことで応募者の内面を窺い知ることができます。面接で応募者は少なからず良く見せようとしますが、面接前の控え室の態度や来社時間、来社時の態度では、応募者の本質が現れ易いためです。 面接前の行動 面接予定時間より20分以上前に来社するようでは、熱意があるというより自己中心的な応募者の可能性があります。「少し早く着きましたので待たせてください。」と語る応募者であれば問題はありませんが、何も言わずに当たり前のように来社するようでは、相手の都合を考えない自己中心的な性格かもしれません。 また事前に連絡がなく1分でも遅れるようでは、責任のある仕事を任せ…

  • 履歴書・職務経歴書の見極めポイント (中途採用・面接官講座 第3回)

    2015.3.9

    面接では、履歴書、職務経歴書に記載されている内容をベースに質問をおこないますが、履歴書、職務経歴書を的確に読み取れなければ、採用後ミスマッチングが起きます。特に転職面接では、これまでの職務経験と自社が求めている職務との関連性を見極めることが大切です。学歴が優秀でも自社で活かせるスキルや経験がなければ、育成に時間を要します。 採用されたい一心で、採用に不利になる内容は記載しない応募者がいます。偽りの内容を記載するのは許されることではありませんが、書く、書かないは自由だと捉えているのです。短期間勤務した企業を書かずに内定をもらい、内定取り消しになるのではと不安になっている内定者もいます。 後日判明…

  • 中途採用面接で求職者を見極める3つのポイント (中途採用・面接官講座 第2回)

    2015.2.24

    今回は、転職面接の見極めポイントについて考えてみましょう。転職面接では、相手に与える印象や人柄が良くても実務面で劣っていれば、能力を発揮できません。また応募企業だからこそ入社したい意欲がなければ、短期間で離職する可能性があります。 優秀な人材でも自社で活用できなければ、欲しい人材とは言えません。適性検査や入社後の能力から、自社で活躍している社員がどのような特性があるのか分析してみてください。 面接は、面接官の好き、嫌いでおこなうものではありません。複数の面接官が対応する場合は、求める人材に対しての認識を共有する必要があります。 転職面接では、人物評価、能力評価、アピール評価という3つの見極めポ…

  • 求職者を惹きつける面接官の心得 (中途採用・面接官講座 第1回)

    2015.1.30

    面接に正解はありません。しかし、面接の成功とは内定辞退はもちろん採用後に活躍し定着してもらうことです。企業は人で成り立っていることを考えれば、面接は、経営の観点からもとても大切な職務です。 しかし一方で、多くの採用担当者が成功に近づくちょっとしたポイントを知らない事で苦労されている様を私は見てきました。 新任面接官の皆さまのなかには、面接に不安を抱いている方もいるかと思いますが、この講座では、私の面接官経験に基づき、成功する面接手法についてお伝えしていきたいと思います。 パートナーを作る気持ちで向き合う 面接で大切なことは、応募者と信頼関係を構築することです。 面接官は、自社にふわさしい人材か…

  • 中途採用状況調査 2014年(マイナビ転職)

    2014.11.26

    一年間(2013年10月~2014年9月)に中途採用活動実績のある企業を対象とした「中途採用状況調査2014年」を実施しました。 【TOPICS】 人材の不足感は年々高まる傾向に。中途採用の実施理由は、人材流出による穴埋め採用から、規模拡大を目的とした採用へとシフト。選考基準(採用条件)は緩和傾向に。採用の難しさがうかがえる。

  • 中途採用状況調査 2013年(マイナビ転職)

    2013.11.14

    全国の企業を対象にした「マイナビ転職 中途採用状況調査」を実施しました。なお、企業向けの中途採用状況調査は、2012年から実施しており、今回が2回目となります。 【TOPICS】 アベノミクス効果による景気回復への期待が高まる中、企業における中途社員の採用は昨年以上に意欲的で、雇用環境は改善の動きを強めている。このような状況の中で、7割以上の企業が「人材が不足している」と回答するなど人材不足が拡大しているが、今後も企業の中途採用ニーズは高まると見られる。

[中途採用]の検索結果152