検索結果

検索ワード「インタビュー」の検索結果一覧

検索対象

[インタビュー]の検索結果130
  • 採用の法律知識|弁護士が語る!人事のための労務相談
    転職者の経歴詐称防止のために人事が実践できること

    2015.8.10

    有名大学を卒業し、必要な資格を持ち、キャリアも十分に積んでいる――そう信じて採用した人材が、実は経歴を詐称していたら? 中途採用において、採用されたい一心で応募者が経歴を詐称していた、というケースは少なからずあるようです。人事担当者としては、早めの段階で見抜くことができればいいけれど、採用してしばらく経ってから発覚した場合のダメージは少なくありません。 このコラムでは、経歴詐称のバリエーションごとに防止策を考えるとともに、発覚した場合の対応について検討します。 応募者には経歴等について真実を告知する義務がある 経歴詐称とは、応募者が会社に対して、履歴書の記載や面接時等において、学歴やこれまでの…

  • 社員研修の効果検証をする前に知っておきたい基礎知識

    2015.7.31

    「社員のスキルアップのためにお金をかけるのは、会社の『コスト』ではなく『投資』である」。今や、その考え方は社会の“常識”となりつつある。しかし、さまざまな研修を導入してみたものの、「思うような“効果”が得られていないのでは?」と疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。 そこで社員研修の「効果」を測る手法や考え方、そして社内の研修担当者として「やるべきこと」をまとめてみました。 研修内容を“振り返る”機会を設けよう 新人研修をはじめ、社員教育の一環として、さまざまな研修を導入しているという企業も多いことでしょう。数ある研修の中から自分たちのニーズにあった内容のものを選び、導入し、開催する……

  • Googleはなぜ優秀な人材を採用できるのか?

    2015.6.25

    候補者の第一印象で就職面接の結果が決まるという説は、多くの研究にも裏づけされています。しかしそれは採用者側からすれば、面接の第一印象に流されて採用してしまい、本当に必要な人材を確保できないことにつながりかねません。このようなことにならないためにはどうすればよいのか。世界中の優秀な人材が集まるGoogleの事例に学んでみましょう。 面接結果が第一印象で決まってしまう Googleの人事部にあたるPeople Operationsでシニアバイスプレジデントを務め、『Work Rules!』という本を出版したラズロ・ボック氏は、候補者の第一印象がよい場合、面接官は残りの面接時間をその人のよいところを…

  • 事例に学ぶ、人がついてくるリーダーを育てる5つの実例

    2015.6.9

    オーストラリアは、厳格な平等主義を貫く国であると言われています。その姿勢は企業の中でも変わりません。 人々は「部長」や「社長」などといった肩書きについていくことはなく、本物の「指導力」を持っているリーダーにだけついていきます。今回は、そんなオーストラリア国内で、多くの部下から指導力があると認められているリーダーたちを例にあげながら、リーダーシップの秘訣を学んでいきましょう。 【実例1】Tyrone O’ Neill氏が実践する信頼関係とモデルの法則 オーストラリアは、ほかの国に比べると特に「信頼関係」を重視すると言われています。その良きモデルとなっているのがOptus社のOR…

[インタビュー]の検索結果130