「5つの質問」で人物像が浮かび上がる

目次

プロフィール
松林 薫
1973年、広島市生まれ。ジャーナリスト。京都大学経済学部卒、同大学院経済学研究科修了。1999年、日本経済新聞社入社。経済学、金融・証券、社会保障、エネルギー、財界などを担当。2014年退社し株式会社報道イノベーション研究所を設立。2019年より社会情報大学院大学客員教授。著書に『新聞の正しい読み方』(NTT出版)、『「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方』(晶文社)、『迷わず書ける記者式文章術』(慶應義塾大学出版会)。

採用試験では履歴書の提出や筆記試験に加え、面接をするのが一般的です。これは性格や仕事への適性など、人物の具体像を見極めたいからです。ただ、型通りの質問をしただけでは、なかなか思うような情報を引き出せないのではないでしょうか。答えが抽象的すぎたり、すでに履歴書に書いてあることの焼き直しでしかなかったりするわけです。今回は、そんな場面でどうすれば「カラフル」な人物像を引き出せるかを考えてみましょう。

「詳しい」のにイメージがわかない

駆け出しの記者だった頃、先輩から「面白い『人もの』が書けたら一人前だ」と言われたことがあります。「人もの」とは、特定の人物に関するストーリーを描いたコラムなどのこと。経済記者であれば、担当する企業で新社長が就任した時などに書くことになります。これがなぜ難しいかといえば、うっかりすると単なる「履歴書を文章化しただけの記事」になってしまうからです。読者からすると、読んでも具体的な人物像が思い浮かばないのです。

これは、インタビューの段階で必要な情報を聞き出せていない証拠です。もちろん、記者は若くても一応はプロなので、「5W1H」といった基本情報はもちろん、それぞれについて数字や固有名詞などの「具体的なデータ」は聞き出しています。ところが、それらをいくら詳しく書き込んでも、本人が醸し出す雰囲気や、性格の本質は見えてこないのです。

例えば学歴や職歴、趣味などを細かく知っても、「有名大学出身=真面目な秀才」といったステレオタイプのイメージしか湧きません。そんな情報しか引き出せないなら、わざわざ記者が対面でインタビューする必要などありません。これは、面接についても同じでしょう。わざわざ本人と会う以上、履歴書などからは分からない部分を確認しなければ意味がないのです。

なぜ「詳しく聞いたつもり」なのに「具体的なイメージ」が浮かび上がってこないのか。それは、人間が「個別具体的な事象」を「抽象的な概念」に置き換えて世界を理解する傾向を持っているからです。

少し実験をしてみましょう。あなたは、毎日のように使っているマグカップを、記憶だけを頼りに絵で描けるでしょうか。持ち歩いているペンや、家の電子レンジの正面でも構いません。見慣れているものを実際に絵で再現してみてください。ぼんやりとしたイメージは浮かんでも、細かい部分が思い出せないケースがあるはずです。職業などによる個人差はありますが、実習などでこの実験をしてもらうと、自信を持って細部まで描ける人はせいぜい2〜3割。ある程度は描けたという人でも、「答えあわせ」をして自分がいかに曖昧に記憶していたかに驚く例が少なくありません。

これは、私たちが物事を抽象的な「概念」に置き換えて記憶するからです。マグカップであれば、実際には世界に一つしかない固有性を持っています。大量生産品だったとしても、歪みや色のムラで微妙に異なりますし、使っているうちに欠けたりして特徴が増えていきます。しかし、人間はそうした細部を記憶していると脳の容量がパンクしてしまうので、「マグカップ」といった抽象的な概念に変換してしまうのです。

しかし、「いつも使っているマグカップ」という情報をそのまま伝えても、相手は具体的なイメージに再変換することができません。色、形、重さなどのデータを詳しく伝えると、ようやくイメージが湧いてきます。ただ、それだけでは「なぜいつも使っているのか」が伝わりません。それを理解してもらうには、その背後にあるストーリーを知る必要があるからです。

ストーリーを聞き出すには

例えば、「そのマグカップは恋人からプレゼントされた」「そのとき、こんな嬉しいことを言われた」といったエピソードも一緒に聞けば、イメージが湧いてくるでしょう。マグカップそれ自体だけでなく、それを気に入っている持ち主の姿も具体性を帯びてきます。じつは、こうした部分を聞き出せるかどうかが、インタビューの成否を分けるのです。これを業界用語では「エピ(episode=挿話)」「アネク(anecdote=逸話)」などと言います。

ところが、それを聞き出すのが難しいのです。ほとんどの人は、「抽象的な概念」として記憶したことを「個別具体的な事象」に再変換して伝える訓練を受けていません。記憶をそのまま言葉にすると、どうしても抽象論を語ってしまうことになります。「詳しく」聞いても、せいぜいデータやスペックについての情報が増えるだけで、肝心のエピソードやストーリーが見えてこないのです。しかし、その部分こそが本人を本人たらしめている重要な部分なのです。

もちろん、物事をストーリーやエピソードで語るのが上手い人はいます。記者としての経験から言えば、芸能人やプロのスポーツ選手など取材慣れしている人は大抵そうした能力を持っています。しかし、学生や一般のビジネスパーソンにそれを期待しても求める結果に結びつかない可能性が高いと考えられます。インタビュアーの側が、それを引き出す必要があるのです。

では、どうすればいいか。単に「それについて詳しく話してください」などと聞いてもダメです。より詳しいデータやスペックについての情報が返ってくるだけ。下手をすると、さらに抽象的な表現で言い換えされてしまいます。気をつけなければならないのは、聞いている側も、そうした回答を得ると「具体的な話が聞けたな」と思い込みやすいこと。これは経験の浅い新聞記者にもありがちなミスです。

どうも話が抽象的になっているなと感じたら、次の5つの要素について質問してみましょう。ストーリーやエピソードを語ってもらう糸口が掴めるはずです。

  1. 具体例(例えばどんなものですか?)
  2. 動機(きっかけになった出来事は?)
  3. 反応(友人、親など周囲の受け止めは?)
  4. 会話(その時どんな言葉を交わしましたか?)
  5. 情景(その時の光景を覚えていますか?)

こうした質問をすると、相手は一瞬、考えるような仕草をするはずです。それは、「抽象的な概念」として記憶したことを、頭の中で「個別具体的な事象」に再変換するため記憶を辿っているからです。先ほどマグカップの実験を紹介しましたが、みなさんも絵に描こうとして初めて、具体像を思い出そうと頭を使ったはずです。相手をその状態に誘導しなければ、インタビューで深い情報は得られないのです。

付け加えておくと、エピソードを語るというのは自己紹介をする時の極意でもあります。学歴や職歴、趣味について語っても、相手はそれらと結びついたステレオタイプのイメージしか持てません。また、そうしたデータやスペックのほとんどは簡単に「優劣」がつけられます。学歴なら「偏差値」、趣味なら「自分と同じかどうか」などの物差しをもとに、一瞬で判断されてしまうのです。

しかし、ストーリーやエピソードは、個別具体的なので簡単に優劣を測れません。そうした情報を語ることで初めて、相手に「取り替えの効かない一人の人間」として認識してもらえるのです。記者はそのことをよく知っているので、自己紹介では意識してエピソードを語ります。おそらく、「やり手」とされる営業職も、自分を覚えてもらうために実践しているテクニックではないでしょうか。