記者式 アイスブレイク法と会話のつなげ方

目次

プロフィール
松林 薫
1973年、広島市生まれ。ジャーナリスト。京都大学経済学部卒、同大学院経済学研究科修了。1999年、日本経済新聞社入社。経済学、金融・証券、社会保障、エネルギー、財界などを担当。2014年退社し株式会社報道イノベーション研究所を設立。2019年より社会情報大学院大学客員教授。著書に『新聞の正しい読み方』(NTT出版)、『「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方』(晶文社)、『迷わず書ける記者式文章術』(慶應義塾大学出版会)。

面接などで会話をスムーズに進めるには、相手の緊張をほぐして和やかな雰囲気を作り出す必要があります。その際に役立つのが雑談です。いきなり本題に入るのではなく、最初に「どうでもいい話」をすることでウォーミングアップをすることで相手の緊張をほぐします。しかし、「相手を評価する」といった明確な目的がないため、何を話したらいいのか迷う人もいるでしょう。今回は会話のキャッチボールを続けるコツを紹介しましょう。

第三者として語れる話題を選ぶ

記者が初対面の人に取材をするときは、まず相手の警戒心を解く必要があります。企業の広報や政治家なら、「こいつは何を暴こうとしているのだろう」と身構えられる可能性もありますし、取材慣れしていない一般の人も、記者会見の中継などを見て記者に怖いイメージを持っているケースが少なくないからです。そこでインタビューの冒頭では、本題とは関係のない話題を振って、相手の緊張を和らげる工夫をします。

このとき何をテーマに選ぶかは、相手によって決まります。例えば官僚や大企業の社員なら「人事のうわさ」は定番のネタです。「先日発表されたA社のトップ人事、驚きましたね。本命の○○さんが選ばれなかった理由については、あるうわさが流れていましてね……」といった具合です。みなさんの会社の飲み会でも「次の部長は誰になりそうか」「なぜ○○さんが昇格したのか」といった話題は必ず出るのではないでしょうか。記者はこうした「持ちネタ」をいくつか用意して、相手の属性によって使い分けるのです。

記者は取材を通じてさまざまな情報を集めているので、それを披露するだけで場を持たせることができます。ただ、普通のビジネスパーソンの場合、そうした引き出しをいくつも用意するのは難しいでしょう。しかし、心配は無用です。記者も、相手がどんな話題を好むか分からない場合は別の方法で乗り切ります。一言で言えば、「聞き役に回る」のです。そうすれば、自分から話すネタがなくても会話を続けることができます。

では、何について聞けばいいのか。これは相手によって異なりますが、重要なのは「相手が第三者として話せるテーマ」を選ぶということです。そもそも記者や面接官は、何かを聞き出そうとしているのですから、相手に関することを質問すれば、いきなり本題に入ったのと変わりません。当然、緊張されてしまうのです。

ポイントは共有体験×政治性

こういう場で無難な話題の筆頭は「天気」でしょう。「今日は寒いですね」「ええ、困ったものです」といった会話は日常でも交わします。なぜ私たちは、挨拶がわりに天気・天候の話をするのか。それは「誰でも語ることができる共通体験」で、かつ「政治性がない」という特徴があるからです。言い換えれば、こうしたテーマをいくつか見つけておけば、とりあえず会話の糸口が掴めるのです。

OB・OG訪問に来た大学生と話すケースを考えてみましょう。相手がその日、北海道から東京に出てきたのだとすれば、「あちらの天気はどうでしたか?」「東京は暑く感じませんか?」といった質問をすると会話がスムーズに始まります。相手は自分が見てきたことや感じたことを答えるだけなので、心理的抵抗がありません。相手にその気があれば、一般論を離れて「実は沖縄の出身なので北海道の寒さはつらいです」といった「自分語り」に切り替えることもできます。

第三者として話すことができるテーマを選ぶ

ただ、天気の話はありきたりすぎると感じる人もいるでしょう。その場合は「流行」や「国民的イベント」などを取り上げればいいでしょう。ここでもポイントは、相手が第三者として話すことができ、思想・信条に直接かかわらないテーマを選ぶことです。

例えば喫茶店で学生と会っていて、メニューを見ながら「好きなスイーツは何ですか?」と聞いたら相手はどう感じるでしょう。好みを聞かれているので、面接が始まったかのような緊張感を持つかもしれません。しかし、「タピオカが流行っているようですけど、実際に若い人の間で人気なのですか?」と聞けば、相手は「私の周りでは、ブームは下火です」とか「最近は○○の方が流行っています」などと、一般論で答えることができます。一方、「流行っていますが、私はあれが苦手です」などと、相手は緊張せずに自分について語ることもできるでしょう。

会話は「5W1H」で

相手が話しやすそうなネタが見つかれば、それで話題を続けます。このとき相手が話し下手の場合は、うまく流れを誘導することが重要です。答えや説明に詰まると、かえって緊張を高めてしまうからです。ポイントは、うまく相槌を打つことです。「へえー」「なるほど」「それは面白いですね」など、相手の話に関心を持っていることを示します。逆に、会話のなかで自分の意見はあまり前面に出さない方がいいでしょう。批評的なことを言うと、相手は自分の話の内容を採点されているような気分になるからです。

会話が途切れたときは、質問をして内容を掘り下げていきます。このとき便利なのが、記者が日常的に意識している「いつ(When)」「どこで(Where)」「だれが(Who)」「なにを(What)」「なぜ(Why)」「どのように(How)」の6要素、つまり5W1Hです。これについては、「いつ」と「どこで」を「場面(シーン)」ととらえ、ひとまとめにする人もいます。そうすると5要素になるので、片手の指に各要素を割り当てられます。指を一本ずつ折っていけば、聞き忘れを防ぐことができるというわけです。

ただし、「それはいつ?」「理由は?」などと畳み掛けるように質問すると、相手は問い詰められているような気分になってしまいます。あくまでも、さりげなく聞くのがポイントです。「へえ、それっていつごろから流行っているのかな?」「面白いですね。でも、なぜなのだろう?」といったように、相手に質問しているというよりは、相槌を打ったり、自問自答したりしているように見せるのがコツです。こうやって5W1Hを一つずつ聞いていけば、あるテーマについてまとまった会話を交わすことができるのです。

この方法の良い点は、質問が主体なのでそのまま取材や面接に移行できるということです。記者の場合は、冒頭で「とっておきのネタ」を披露して緊張を解いてから質問に移る、ということもよくあります。ただ、相手は「聞き手」から「語り手」に立場が変わるので、気持ちの切り替えが必要になります。持ちネタがたくさんあって、会話の主導権を握る自信がある人にはいい手法ですが、コミュニケーションに不安を感じている人は「質問主体の会話」の方がとっつきやすいでしょう。

この雑談術は、面接だけでなく営業トークなどでも使えます。話題がそれほど豊富でない人でも活用できるので、ぜひ試してみてください。