アスリート人材がビジネスを活性化!「デュアルキャリア」という働き方

目次

プロフィール
左:尾日向 竹信(おびなた・たけのぶ)三ッ輪産業株式会社
中:松木 利夫(まつき・としお)株式会社ジーケーライン
右:奥村 武博(おくむら・たけひろ)一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構
尾日向/暮らしのトータルプランナーとして幅広い事業を手がける三ッ輪産業株式会社の代表取締役社長。女子サッカー選手としての「デュアルキャリア」に取り組むニッパツ横浜FCシーガルズの選手2名を雇用。
松木/ITベンチャー企業の株式会社ジーケーライン代表取締役社長。「デュアルキャリア」を導入し、2020年入社の新卒にセパタクロー日本代表選手を採用。
奥村/元阪神タイガース投手。2013年に公認会計士試験に合格。公認会計士。一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構の代表理事としてアスリートの新たなキャリア形成「デュアルキャリア」の普及啓発活動に従事。

「高額な遠征費に苦しめられる生活から抜け出したいけど、現役中は我慢するしかない」「激しいプレーをするたび、怪我による引退、その後の人生への不安が脳裏をよぎる」……アスリートは、競技以外のプレッシャーとも戦っています。本来であれば、アスリートとして競技だけに集中したい。しかし、現役生活中の経済的不安や引退後の人生への不安がついて回るのが現状です。

現役生活中に抱えるアスリートの不安を解消し、安心して競技人生を歩んでいけるデュアルキャリアという考え方をご存知でしょうか? 今回はデュアルキャリアについて、一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構代表理事であり、元プロ野球選手で現在公認会計士として活躍されている奥村武博さん。そして実際に現役アスリートを採用し、デュアルキャリアの場を提供している三ッ輪産業株式会社代表の尾日向竹信さん。新卒アスリートを来年4月から迎え入れ、デュアルキャリアをサポートしていく株式会社ジーケーライン代表の松木利夫さんのお三方にお話をお伺いします。

デュアルキャリアとはアスリートのための新しい生き方

出展:マイナビアスリートキャリア「デュアルキャリアとは?」より

「デュアルキャリア」とはどのようなものなのでしょうか?

アスリートデュアルキャリア推進機構 奥村代表理事(以下、奥村):「デュアルキャリア」とは、アスリートが現役中から競技活動と社会人として働くことの両方を並行して取り組むことです。

「セカンドキャリア」とはどのような違いがありますか?

奥村:「セカンドキャリア」は、現役を引退してから次のキャリアを考え、その新たなキャリアの向上に取り組むことを言います。“ぶつ切りのキャリア”とも言えるセカンドキャリアでは、多くのアスリートが「今までこのスポーツしかやってこなかったから、他にできることがない」と、自分でキャリアを狭めてしまいます。確かにほとんどの時間をスポーツに費やしてきているので、一般的な教養や学力はほかの人よりも自信を持ちづらいかもしれない。しかし、自分自身のパフォーマンスを高めるための思考や取り組み方は強みとして別の分野で活かすことができます。

「デュアルキャリア」という働き方は、労働力としてどのような期待を寄せられるのでしょうか?

奥村 武博(おくむら・たけひろ)/一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構 代表理事

奥村:私たちアスリートデュアルキャリア推進機構がアスリートの方々と接して実感しているのは、“スポーツを通じて、競技以外の領域で活かしていける能力が自然と育まれている”ということ。これは、アスリートがスポーツを行ううえで常に課題を探し、試行錯誤していくプロセスを経てレベルを高めるという取り組み方をしているためです。

この取り組みはスポーツだけではなく、ビジネスの世界や勉強などのほかの分野にも転用できると私たちは考えます。多様性に富んだ能力が育っているアスリートは素晴らしい遊休資産。ですから、外国人労働者の雇用と同様にアスリートを労働力として活用することで、近年深刻化している人手不足という社会問題の解決につながるのではないかと思っています。

高い生産性が期待できるアスリートというスペシャリスト

尾日向 竹信(おびなた・たけのぶ)/三ッ輪産業株式会社 代表取締役社長

企業がアスリートを支援する方法にはスポンサー契約という選択肢もありますが、三ッ輪産業様がデュアルキャリアという形で支援することを選択した理由を教えてください。

三ッ輪産業 尾日向代表(以下、尾日向):人とのつながりを通してご縁があり、横浜FCの奥寺会長とお話する機会がありました。その時、女子サッカーの話になり、実態を知ることになったのです。現状は運営にたいへん困っていて、行政のバックアップはあるものの、それでも運営費や練習場所の確保に苦労されていた。そういうお話を聞くなかで、最初はチームのスポンサーをすることになりました。

私たちの会社は創業地が神奈川。ずっと地域の方々に支えられながら事業を拡大できたので、何らかの形で地域に貢献したいと思っていました。その後、ビジネス上の協業もできないかと「横浜FCでんき」という商品を出して、加入された方の削減された電気代の一部を横浜FCの運営費として寄与する仕組みを作りました。そうした動きをしていたところ、理事の方から就職に困っている人がいると紹介されたのが、女子サッカー選手として活躍しているアスリートでした。ですから、当社の場合はチームのスポンサードからスタートし、デュアルキャリアという支援の形へと拡大していったという流れです。

ジーケーライン様が新たにデュアルキャリアを導入した経緯を教えてください。

ジーケーライン 松木代表(以下、松木):以前、当社でお笑い芸人の方が働いていました。彼は芸人として活動しながら、当社の営業職として勤務。時短勤務ではありましたが、芸人として培われた高いコミュニケーション力で、限られた時間の中で結果を出していく生産性の高いプレイヤーでした。ハングリー精神も高く、ほかの従業員にも一目置かれる存在。そんな彼が誰もが知る有名なお笑いコンテストでなんと優勝したんです。全社をあげて応援していたので優勝した翌日、社内はとても盛り上がりました。

そういう過去があり、一芸に秀でたアスリートも同じように結果を出せる存在に成長すると思い、デュアルキャリアを導入しました。来年4月に新卒入社するのは、セパタクロー日本代表選手。卒業していった芸人さんと同様にハングリー精神の持ち主なので、当社で生活基盤を安定させながら競技に専念してほしい。そして、短時間で結果を出せる優秀な人材になってほしいと期待しています。また、優勝やメダルを獲れる選手に成長して、みんなで応援する風土を会社に根づかせていきたいという思いもあり、デュアルキャリアの採用をスタートしました。

松木 利夫(まつき・としお)/株式会社ジーケーライン 代表取締役社長

デュアルキャリアを導入するにあたって、一般社員と時短勤務のアスリートが共存できるように取り組んだことがあれば教えてください。

尾日向:当社で活躍してくれている女子サッカー選手の社員は、基本的に午前中は練習、午後1時半に出社して定時まで勤務。試合前日は休日です。限られた時間のなかで勤務するため、年度始めに年間試合スケジュールを見て、その年の休日をチームの方と擦り合わせて決めます。

初めての試みということもあって、社内に上手く溶け込める心配などはありませんでしたか?

尾日向:みんなと同じ働き方ではないので、最初の頃は一般社員からの反応が心配でした。そこで、入社前に候補になりそうな部署でアルバイトという形で2週間ずつ勤務してもらいました。当然、本人も不安があると思うし、一緒に働く社員がどんな人なのかを知る必要性がある。そう思って取り組んだ結果、スムーズに職場に馴染め、みんなから受け入れられました。もちろん、本人の人間性も大きいと思いますが、この成功体験があったことで今年4月から新たな女子サッカー選手を時短勤務で採用しています。

松木:当社では、フルタイム勤務が難しいアスリートが安心して働けるように「アスリート手当」や「アスリート休暇」などの制度化に向けて就業規則を改定中です。また、試合や練習、合宿などのアスリートとして活動するために、欠勤・早退・長期離脱する際の仕事がきちんと引き継ぎできるような体制の準備を進めています。

アスリート人材が持つ化学反応力

アスリートの人間性やハングリー精神が採用基準では重要視されると思いますが、「この競技だから採用したい」という気持ちはあったのでしょうか?

尾日向:アスリートの採用に限らず、当社が大切にしていることがあります。それは、当社に入社したら化学反応が起きるのではないか、と思える人の採用です。実際、1人目のデュアルキャリア採用のときは衝撃的で、ものすごく純粋で人間性もとてもピュア、素直な気持ちで話してくれているという印象を受けました。また、今いる社員たちとは違う気質の持ち主だとも感じて、入社したら何か面白いことが起きるのではないか、という期待ももてました。このように、私たちは採用に競技種類や認知度などは一切関係ないと思っています。本人の人間性が大切です。

「化学反応」という言葉が尾日向さんから出てきましたが、松木さんはどう考えていますか?

松木:最初やる気があった人も、長く働いているうちに少しずつ自分自身のキャリアビジョンが不明確になり、横を見て人と自分を比較して不平不満をもったりすることがあります。でも、アスリートたちは縦を見ている。私のなかで「縦横理論」と言っていますが、縦を見ると将来の自分と比較して努力する。横を見ると人と比較して不平不満が出る。だから、常に縦を見て自己成長とか向上に邁進し、そういう姿勢が新しい風を吹かせてくれると考えています。

もともと風通しのいい職場ですが、やる気のある人や戦っている人が入社してくると、みんなが忘れかけていたキャリアビジョンに気づかせてくれたりする。来年の4月から新卒のアスリートが入社しますが、既存社員は新卒からプレッシャーを感じ、負けないような行動に変化するのではないかと期待しています。

また、スポーツの世界でトップになった人は、トップに行くまでの努力の過程を知っています。なので、仕事でもトップになるにはどうすればいいのかが見えてくるはず。自分で限界を決めず上を目指す姿勢が既存社員との間で化学反応を起こし、双方にとって良い方向に進むのではないかと考えています。

アスリートの活動基盤を整え、一緒に働く社員に良い影響を与えるデュアルキャリアの導入は、企業の競争力につながっていると感じました。

アスリートを受け入れるための体制づくりから

限られた時間の中で、結果を求められるアスリート。競技生活で身についたトップに駆け上がっていくための貪欲さは、ビジネスの世界で高い生産性を生み出す存在にもなり得ます。そんな、可能性を秘めているアスリートを受け入れるためにはまず、デュアルキャリアを始められる体制づくりから。アスリート活動ができる勤務体制や平等な評価制度など、受け入れ体制の準備からスタートしてみてはいかがでしょうか。次回は「デュアルキャリアが明るく照らすアスリートとスポーツ界の未来」についてお話していただきます。