採用ノウハウ

「求職者が話している嘘を見抜けない……」と困っている人も!現職の人事担当者に覆面インタビュー。みんな、どんな悩みを抱えているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事の仕事は他の職種と比較して、成果が数字で表しにくいものです。加えて、採用においては「人を見る」という特殊なスキルが求められるため、経験の浅いうちはなかなか思うような働きはできません。そのため、

「社内で自分はあまり評価されていない気がする」 「このまま人事の仕事を続けていいのかな」

といった不安を抱え、キャリアの方向性について思い悩む方は多いようです。

ひょっとして、この記事を読んでいるあなたもそうなのではないでしょうか。では、他の人事が抱えている悩み、一緒に共有してみませんか?

今回は、現職の人事担当者数名にインタビューを実施。人事の仕事に対してどんな思いを抱いているのかをヒアリングしました。

悩みや不安をどのように解決すべきなのか。そして、キャリアアップのためにはどんな方法を採るべきなのか。ここでは、人事担当者が抱える悩みに、この道10年以上のベテラン人事が回答していく形で、あなたの成長につながるヒントを解説していきます!

求職者が話している嘘を見抜けない(20代・女性)

【お悩み】
私は人事担当者に就任してから日が浅いので、まだ求職者が「本当のことを言っているか、嘘をついているのか」がなかなか見抜けません。そのせいで、先日はスキルの低いエンジニアの方を採用してしまいました。面接のときは「どんなプログラミング言語でも問題なく対応できます」と言っていたのに……。どうやったら、相手の話している内容の真偽を見抜けるようになるのでしょうか?

【ベテラン人事の回答】
どんなに話の上手な人でも「完璧に整合性の取れた嘘」をつくのは困難なもの。具体性の高い質問をすることで、話の論理的整合性が取れているかをチェックしていきましょう。

人事担当者に就任したばかりで右も左もわからない頃には、質の高い採用面接を行うのはなかなか難しいものです。そのせいで、求職者がスキルや経歴を大げさに話しているのを見抜けず、採用してみたら大失敗したなんてケースは後を絶ちません。

相手の話の真偽を見抜くためには、「当事者でなければ知りえない詳細な情報」を確認しましょう。例えば、求職者が職務経歴書に「◯◯というプロジェクトで金融系システムの機能追加を担当」と書いていたとします。その機能を実装するには、顧客とのヒアリングや要件定義、システム設計、プログラミングなど、さまざまなタスクが発生するはずです。

それらのタスクのいくつかをピックアップし、詳細にヒアリングしてみましょう。どんな機能をどのような意図で開発したのか。プロジェクトを推進する過程で何かトラブルはあったのか。それをどう乗り越えたのか、etc……。

そうしたエピソードを話すにあたり、なんの違和感もなく嘘をつき通せる人はほとんどいません。採用面接においても、「神は細部に宿る」は真実なのです。

自分がスキルアップできているのか不安だ(20代・男性)

【お悩み】
人事担当者になってから1年。自分はまだ、人事の仕事の一部分しか経験できていません。だから、自分が本当にスキルアップできているか自信がないんです。これがエンジニア職や営業職だったら、業務が知識として身についたり、成果が数字として表れたりするから、わかりやすいと思うんですけど……。ちょっと最近、仕事へのモチベーションを保つのが難しくなってきています。

【ベテラン人事の回答】
人事のスキルをアップさせるには経験の長さや深さが必要。若いうちは“地に深く根を張る時期”と考えましょう。

人事が持つべき最重要スキルは、人を見ること。ですが、これは当然ながら、年齢を重ねさまざまな経験を積まなければ身につきません。だからこそ、若いうちは自分が成長している実感が持てず、将来が不安になってしまうこともあるでしょう。でも、それはある意味当然のことなのです。

人事担当者の仕事は、ただ単に知識を詰めこむだけではスキルアップできません。新人、現場のベテラン、そして経営者層に至るまで、幅広い年齢・役職の人たちと話をして組織全体を俯瞰しなければ成立しないものです。だからこそ、今は勉強の時期だと考え、コツコツと場数を積んでいきましょう。

経験値が蓄積され、判断力や人間としての深みが増してくれば、自然と人事のスキルも向上するはず。人がどのようなことで悩んでいるのか、そして組織や企業の問題点などを見抜く力が身に付きます。

とはいえ、「さまざまな人と話をするだけではなく、別の方法でもスキルアップできないだろうか?」と考える方もいるかもしれません。そんな方にオススメしたいのが、資格を取るということです。

資格のなかには人事の仕事にとってプラスになるものがいくつもあります。それらを取得するための学習の過程で、自分の成長を実感できるはずです。

関連記事:「成長している実感が持てない……」と悩む人事・採用担当者へ。キャリアップにつながる4つの資格

他の社員が採用活動に協力してくれない(30代・女性)

【お悩み】
採用活動って、人事担当者だけじゃなくてさまざまな部署が協力し合わないと成功しないものだと思うんです。でも、他部署のリーダーに声をかけてみても、怪訝な顔をされたり、忙しいからと突っぱねられたりして……。こんなことじゃ、採用成功なんて夢のまた夢です。

【ベテラン人事の回答】
普段から、他部署との信頼関係を築けていますか?採用活動の時だけ協力してもらおうとしても、なかなか上手くいかないもの。日常的なコミュニケーションが何よりも大切です。

おっしゃる通り、採用活動はさまざまな部署が助け合わなければ上手くいきません。「他部署が非協力的」というあなたの悩みもごもっともでしょう。

ですが、逆の立場に立って考えてみてください。仮に、普段ほとんどコミュニケーションを取っていない人事担当者から急に「協力してほしい」と言われた場合に、あなたは協力したいと思うでしょうか。おそらくは、躊躇(ちゅうちょ)したり、面倒だなあという気持ちになったりするのではないでしょうか。

他部署の社員から可愛がられ、「あの人だったら協力したい」と思ってもらえることも、人事担当者の大切なスキルのひとつです。だからこそ、各メンバーと日常的にコミュニケーションを取り、気軽に軽口を叩けるくらいになっておきましょう。

それに、さまざまな部署の人と交流を持つことには他のメリットもあります。人事以外の視点を得られますし、現場が抱えている課題も把握できるのです。

それに、社内人脈はどんな業務においても必ずプラスに働くもの。可能であれば、各部署のリーダークラスの人物やキーパーソンなどと良好な関係を築いておくと、何か困ったことがあった際に協力を仰ぎやすくなるはずです。

社内のあらゆる部署やスタッフと関われることは、人事担当者の特権。どうせなら、それをフルに生かしましょう。

■他の職種への転職が難しいと感じている(30代・男性)

【お悩み】
人事の仕事って、他の職種と比較して「つぶしが効かない」ということがすごく不安です。どういうことかというと、採用をしたり、教育制度を考えたりすることって、基本的には人事の仕事で“のみ”使われるスキルなので、他職種への転職がしづらいのではと考えているんです。この仕事をずっと続けていていいのかなと不安で。この悩み、どうやって解決したらいいんでしょうか?

【ベテラン人事の回答】
「現場視点」と「経営視点」の両方を持てば、どの職種に移っても重宝される人材になれます。人事の仕事をずっと続けるにしても、職種を変えるにしても、そのスキルを持っていることは無駄にはならないのです。

確かに、人事担当者として決められたルーチンワークをただただこなしていくだけでは、他職種でも通用するような人材になることは難しいでしょう。

しかし、よく考えてみてください。人事担当者は、経営層と現場の両方の声を拾い上げ、それを自身の業務に生かすことができる数少ないポジションです。だからこそ、その業務を高いレベルでこなせれば、「会社全体を統括できる貴重な人材」へと進化することができます。

「現場視点」を身につけるためには、前項目でも触れていましたが、自ら積極的に他部署の社員と話して現場の声を拾い上げ、人事業務にフィードバックする姿勢が重要です。現場の声に直接触れることは、会社にどういった課題があり、どんな改善策を実施すれば会社をより良くできるのかというアイデアの源になります。そうして導いた“解”を提案書としてまとめ、上司や経営層に提出するぐらいの気概が、ワンランク上の人事には必要とされるのです。

また、「経営視点」を身につけるためには、採用・育成だけでなく、人事制度や労務管理などの社内全体を統括するような業務に携わっておくことも重要。そうすることで、より高い視点から俯瞰して会社全体を考えられるようになります。それができるようになれば、経営企画や事業企画など、経営戦略そのものを練ることができる役割に就任することも容易になるのです。

そうしたスキルが身に付けば、他職種への転職も難しくはなくなります。具体的には、会社経営に関わる知識があることで、企業の幹部候補として働けるようなケースがあるからです。いずれにせよ、「人事の仕事を突きつめることで、どの職種でも通用するレベルの人材になれる」という考え方が重要になります。

人事で抱えている悩みは、人事の仕事をより“深く”突きつめれば解決できる

「多くの人と会い、経験を積まなければできないこと」がたくさんあるのは、人事の仕事の難しい部分でもあり、そして面白い部分でもあります。ひたむきに、コツコツと場数を積んでいくことで、抱えている“悩み”は自然と“面白さ”に変わってくるもの。

それを乗り越えた先には、「あなたにしかできない人事の仕事」がきっと待っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ