採用ノウハウ

エンジニア未経験者を採用・育成するコツ|未経験者の早期戦力化がカギ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
engineer1_w670

人材不足が問題となっている中途採用の転職市場において、過去最高の売り手市場が続いているのが「IT系エンジニア」です。即戦力となりうる経験者はどの企業でも引く手あまた。採用はどんどん難しくなっています。

そこで選択肢に入れたいのが、ITエンジニアに適性のある“未経験者”を採用・育成することです。彼らをうまく戦力化することができれば、ITエンジニアの確保はずいぶん楽になるでしょう。

今回は、ITエンジニア職を未経験から採用・育成するための方法について考えてみたいと思います。

採用後の「育成」が戦力化の必要条件

engineer2_w670

ITエンジニアを未経験から採用するとき、頭に入れておくべき他職種との決定的な違いがあります。それは、ITエンジニア職はとにかく“育成に時間がかかる”ということ。

たとえば、総務・経理や営業職であれば、業務開始初日からOJTによってスキルを習得させることが可能です。カンの良い社員なら、3か月もあればひと通りのルーティーンをあっという間に覚えてしまい、早期戦力化はそれほど難しくありません。

しかしITエンジニアの場合、最低3か月間は、業務ではまったく戦力にならないと考える必要があります。

IT技術に関する「専門職」として最低限のプログラミングスキル、システム運用・開発に必要な知識、作業工程の理解など、OJTへ入る前に「座学」として習得すべき専門知識の量が他の職種よりはるかに多いためです。

研修が不十分な状態で無理に業務へと早期登用すると、現場が混乱するばかりか本人が自信をなくし、会社に不信を持って早期退職してしまうリスクもあります。

「ろくに研修もしてくれなかった会社」という印象を与えることがないように、採用後の研修・教育まできっちりプランを練ったうえで採用することが重要です。

優秀な未経験者を見抜く3つのチェックポイント

engineer3_w670

ITエンジニアの未経験者募集をかけると、さまざまなバックグラウンドを持った応募者層に驚かされます。前職は飲食業、サービス業、メーカー、金融……と幅広く、正社員だけでなくフリーターや契約社員、就職浪人などの応募も珍しくありません。

何を基準にすべきか悩んでしまいそうですが、実は中途採用における未経験採用はそれほど難しくありません。学歴や学生時代の経験も判断基準に入れるべき新卒採用と比較して、見るべきポイントは意外に少ないのです。

ポイント①:ITエンジニアにかける「情熱」を事前準備で見抜く

ここ数年、ようやくその過酷な就業環境が見直され始めたITエンジニア。しかし、同職で働くならば、納期前の繁忙期やトラブル対応などで長時間の残業が避けられないこともあります。

泥臭い見方かもしれませんが、厳しい業務負荷がかかるとき、そのモチベーションの源泉となるのは「精神力」であり、その人がエンジニアになろうと思った「初心」や「原点」です。

最後まで業務を遂行できるかは、応募者がどれだけITエンジニアという仕事への情熱を持っているかにかかっています。それを選考でチェックしましょう。

その尺度となるのは、未経験からITエンジニアになるにあたって「事前準備」をどれだけしてきたかです。たとえば、以下の点をチェックするとよいでしょう。

・選考を受けるまでにIT業界についてどれだけ調べてきたか
・事前に自主的にプログラミングの勉強をどれだけ積んできたか
・何かIT関連の資格は取得済みか、あるいは資格試験への勉強をしてきたか

上記項目を聞いてみて、1つも納得できる回答ができなかった志望者は、まず採用を見送ったほうが無難。なぜなら、入社してから「イメージしていた仕事と違っていた」と言われてももう遅いからです。

ポイント②:筆記試験を実施して、一定以上の「素養」を見抜く

未経験からITエンジニアとして成長できるかは、努力という要素だけでは足りません。適性や素養があるかも非常に重要です。

ITエンジニアとしての適性を見抜くには、サイコロの展開図や命令表のような図形問題、つまり「空間把握能力」「空間認識力」を試すテストを実施するとよいでしょう。

あらかじめ決めた合格基準点に達していない志望者は、採用を見送ったほうが無難です。適性の判断ミスが原因となり、就職してからスキル習得に苦労してしまっては、お互いにメリットがありません。

未経験からチャレンジする場合は、単純に努力だけではカバーできず、一定の素養は絶対に必要となることを覚えておきましょう。

ポイント③:給与や就業条件に無理がないかチェックする

最後に気をつけたいのが、志望者の希望条件とズレがないかです。選考プロセスのなかで、会社の提示する就業条件と、志望者が希望する就業条件に埋められない溝がある場合は、採用を見送ったほうがよいでしょう。

というのも、スキルがパフォーマンスに直結する専門職である以上、未経験からの採用では、年齢・職歴にかかわらず、就業スタート時は給与水準をかなり低く抑えざるを得ないからです。

最初の1~2年くらいは、既存社員に追いつくため、通常勤務に加えて空き時間で自己研鑽を積んでいく必要があります。ある程度のハードワークは覚悟してもらわなければなりません。

そのため、たとえば養うべき配偶者があり、ある程度の給与額が必要な志望者や、子育て中で時短勤務を希望する志望者は、残念ながら採用が難しくなってしまいます。

また、通勤時間についての意識のズレがある場合も、採用は難しくなります。BtoBの業務系案件などでは、プロジェクト期間中に顧客のオフィスへと常駐しなければならないこともしばしばあるからです。

その場合、会社の想定する平均的な通勤時間を許容できないようであれば、無理をして採用すると早期離職の原因となります。

入社1年目の離職率は高い!適切なフォローアップが肝心

engineer4_w670

業界未経験から入社した場合、最初の1年目は非常に離職率が高くなります。環境変化や業務へのプレッシャー、業務量増大など、さまざまな要因が複合的に絡み合い、心が折れやすい状態となってしまうからです。

これに対する一番の対策は、とにかく頻繁にフォローアップを行うこと。会社によって体制は異なるでしょうが、双方向のコミュニケーションを欠かさないようにしましょう。

たとえば、最低でも月に1回以上、直属の上司や採用担当による面談を実施すると効果的です。

仕事の状況はもちろん、職場環境のことや現在どんな不安・不満を抱えているか、逆にどんなことにやりがいを感じているかなど、丁寧にヒアリングします。そしてそれを業務や育成に反映させ、大きな問題が生じる前にリスクを排除し、強みを伸ばせるよう努めます。

また、業務報告の仕組みを構築するなどして、育成する側の状況把握をするとともに、新人が発言できる機会を作ることも大切です。

「わからないことは気軽に聞くように」と言われていても、先輩たちが集中して仕事をしている時間は、なかなか声をかけづらいもの。コミュニケーションが苦手なタイプなら、なおさらのことです。

たとえば、10分程度の短い時間でかまわないので、同じ仕事をしている数人のチームで朝会・夕会をするなど、コミュニケーションをとる場を設定します。形式的な業務報告だけでなく、些細な疑問や気づきなども発言できるよう、あまり堅苦しくならないように心がけましょう。

先にも述べた通り、エンジニアは「育成」が非常に重要となり、特に未経験者は一人で解決できない問題に直面する場面もあります。そのため、逐一フォローをしていけるような環境を作ることで、定着率の向上・早期戦力化につながるでしょう。

未経験OKだからこそ、明確な採用基準を持つ

ITエンジニアは、未経験者でも活躍できる可能性がある職業です。しかし門戸は広く開いていても、どんな求職者も簡単に育成できるわけではありません。

一定の素養・適性があって、継続的に努力できる人材で、ある程度時間的・金銭的な余裕がなければ、未経験から大きくエンジニアとして成長することは難しいのです。

また、2017年時点で最も求人倍率が高い職種でもあるため、よい人材は未経験者でも各社の競合は避けられません。創意工夫をこらしてさまざまな採用手法を導入し、あなたの会社にフィットしたやり方を確立していくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ