採用ノウハウ

採用責任者の視点 ― 株式会社ワイ・エス・エム 代表取締役 八島哲也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ysm1_w670

採用担当者が面接でチェックするポイントには、その人が社会人生活の中で学んできた「優秀なビジネスマンの持つ特徴」という暗黙知が表れるものです。だからこそ、その基準を知ることで、採用面接のスキル向上につなげることができます。

「企業の経営者やマネージャーが、採用面接においてチェックしている3つのポイントを知る」という趣旨の連載企画。第3回目は、LED導光板や特注照明、特注建築金物など設計・製造・施工を一貫して手掛ける株式会社ワイ・エス・エムの代表取締役・八島哲也さんにご登場いただきます。

「企業向け(toB)の受託製造のみを行う」という製造業者が多い中、ワイ・エス・エムはクラウドファンディングを活用して顧客向け(toC)の間接照明「HOOP(フープ)」を開発したり、地域の製造業者を集めて認知拡大のためのワークショップを計画したりと、数多くの新しいチャレンジを続けています。

ものづくりの未来を切り拓こうとしている八島さんは、どのような人と一緒に働きたいと考えているのでしょうか?

チェックするポイント①「ものづくりが好きであること」

ysm2_w670

八島:社員を採用するにあたり、最も重視したいのは「ものづくりが好きであること」ですね。製造のスキルはあるけれどものづくりへの情熱が薄い人より、たとえ技術が伴っていなくてもものづくりへの情熱がある人を採りたいと思っています。

それは、どうしてでしょうか?

八島:ものづくりへのモチベーションが低い方は、たとえ高いスキルを持っていたとしても「自分がこれまで習得した技術があれば今後もやっていける」と考えてしまい、新しいことにチャレンジする気持ちが薄くなってしまうからです。

なぜその気持ちが必要かというと、当社は照明器具などのOEM製品を特注で製造している企業のため、案件ごとにつくる製品が違います。だから、1人の職人が設計から溶接、板金、曲げ、組み立てまで数多くのことを兼任しなければいけません。

その際に、ものづくりへの好奇心が旺盛でなければ、臨機応変にそれらの技術を身につけるのが難しくなってしまうからです。

ものづくりが好きで、困難な事態に直面しても頑張れる人かはどうやったら見分けられると思いますか?

八島:「夢を持っているか?」を聞くことではないでしょうか。ものづくりを通じて何を成しとげたいのか。どんな未来を実現していきたいのか。その展望を語れる人は、ものづくりに対する強いモチベーションを持っている人という感じがします。もちろん聞くだけではなく、会社のビジョンも伝えます。

チェックするポイント②「課題意識を持って仕事をしているか」

2つ目に重視するのは「課題意識を持って仕事をしているか」ですか。

八島:そうですね。普段仕事をしている中で、「会社がこういう状況だから、こういう行動をしよう」とか「自分には○○が足りないから、努力して身につけよう」という意識がなければ、自発的に行動して結果を出すことは難しいと思います。

クラウドファンディングを活用してtoCのプロダクトを製造したり、認知拡大のためのワークショップを計画したりと、八島さん自身が「課題意識を持って仕事をしている方」である印象を受けます。なぜ、八島さんはそうなれたのでしょうか?

八島:私が約7年前に、先代の経営者から代表取締役を引き継いだときの経験が大きく影響していると思います。

実は先代は、職場で脳卒中を発症してしまい亡くなったんです。それで、急きょ私が代表取締役を務めることになりました。しかも当時はリーマンショックが起きたころで、受注は落ちこみ会社の経営は火の車でした。

「どうやったら、家族や従業員のみんなにご飯を食べさせていけるだろう」と毎日悩んでいましたね。

なんと……。壮絶なエピソードですね。

八島:その経験を通じて「自社の課題は何か?」や「どうすればその課題を解決できるか?」などを意識しながら仕事をする習慣が身についたと思います。

たとえば、私が代表取締役になってから早い段階で「会社の公式Webサイト」を開設しました。当時のワイ・エス・エムは「自社の得意分野や強みを情報発信できていないこと」が課題だと考え、それを外部に発信することで受注につなげたいと思ったんです。

実際に、Webサイトを立ち上げてからはそれを経由して仕事を発注してくれる会社が増えました。

また、クラウドファンディングを活用してtoCのプロダクトを開発したのにも理由があります。受託開発のみをやっていると、どうしても繁忙期とそうでない時期に案件量の波ができてしまうんです。

自社の製品があれば、案件量が落ち着いている時期に製造して在庫にしておけばいいので、空き時間を有効活用できると考えました。

ysm3_w670

▲かくして、toCのプロダクトである間接照明「HOOP」は生まれた。長年養われたワイ・エス・エムの照明・板金技術を活かし、『柔らかで心地よい空間を生み出す照明』というコンセプトで制作されたそうだ。

そうしたアイデアが出てくるのも、常に会社の課題を考え続けているからこそですね。それに関連して聞きたいのですが、採用面接などで求職者の「課題意識の有無」を判別するには、どのような質問をすべきだと思いますか?

八島:「今のあなたの課題はなんですか?」と聞けばいいと思います。転職をする方って、自分の現状に満足していないからこそ転職を考えるのではないでしょうか。だからこそ、具体的にどのような課題を感じているのかを話してもらえばいい。

それとプラスして「前の会社のどういったところが嫌で転職を考えたのか?」を質問してみるのもいいと思います。前向きな気持ちでの転職なのか、単なるネガティブな理由での転職なのかで、求職者の気持ちやモチベーションなどがある程度わかるのではないでしょうか。

チェックするポイント③「利他の心を持っているか」

ysm4_w670

最後は「利他の心を持っているか」ですか。

八島:はい。仕事をする上では、相手を思いやる気持ちが何より大切だと思っています。

一緒に働いている従業員はもちろん、製品を使ってくださるユーザー、案件を発注してくださるクライアント、一緒に頑張ってくださる協力会社、支えて下さる地域の方々など、すべての人に対して。

なぜなら、周りにいる方々が仕事を手伝ってくださり、お金を出してくださり、使ってくださるからこそ、私たちはものづくりを続けていけるからです。

利他の心の有無は、仕事のどのような部分に表れると思いますか?

八島:「きちんと挨拶ができる」とか「読みやすいメールを書く」といった日常業務はもちろん、製造業の場合は「わかりやすい図面を描いているか」などにも表れると思います。

たとえば私も図面を描くときには、製造業に詳しくない人が見ても理解できるような内容になるよう気をつけています。

また、これは当社の社員の例なんですが、誰から指示されなくても、自主的にユーザーのことを考え、安全面・品質面に配慮してものづくりをしています。例えば製品のバリ取り(材料を切ったり削ったりした際に材料の角にできる出っ張りを取り除くこと)1つとっても、使う人のことを考えてくれたりするんです。

これは、「ユーザーにとってなるべく使いやすい製品になってほしい」という思いやりがあるからこその行動ですよね。そういった日常の何気ない業務の中にこそ、利他の心の有無は表れるのではないでしょうか。

なるほど。ならば、採用面接などでそれを見分ける際にも「普段の業務で、他の人にためにやっていることは何か?」を聞くことが効果的になりそうですね。

採用で重視する要素には、企業の文化が表れる

インタビュー中、とても印象的だったこと。それは、自分たちを支えてくれた人々への“感謝の言葉”を、八島さんが頻繁に口にしていたことです。

「経営状態が苦しかったときに多くの方が助けてくれたからこそ、ワイ・エス・エムはここまでやってこれました」と彼は言います。そんな八島さんが、重視する3つ目の要素として「利他の心を持っているか」を挙げたのは、ある意味必然なのかもしれません。

その言葉からは、何よりも「人」を大切にするワイ・エス・エムの企業文化がにじみ出ていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ