採用ノウハウ

ビジネススキルの見極め方|「地頭力」~ビジネスの変化に、臨機応変に対応できる人が持つ能力~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jiatama1_w670

近年、採用面接において「地頭力」が重視される機会が増えてきました。採用ノウハウを扱った書籍などでも、「地頭力とは?」とか「地頭力を持った人を見分けるには?」といったテーマがよく取り上げられています。

では、今なぜ地頭力が注目されているのでしょうか。その理由は、ビジネスの変化スピードがこれまでと比べて格段に速くなっていることにあります。その状況下では、業界における過去の常識やルールはすぐに陳腐化してしまうため、汎用性を高めるために「本質を見極める能力」が重要となってきているのです。

辞書的な定義では地頭力は、「教育によって授けられたものではなく、その人本来の頭のよさ。一般に知識の多寡でなく、論理的思考能力やコミュニケーション能力などをいう」とされています。ただし、実際には多種多様な意味合いで使われており、世間一般における定義は曖昧なままです。

今回は、地頭力についてよく使われるいくつかの意味合いと、その能力の見分け方について解説してみたいと思います。

筆者:株式会社人材研究所 代表取締役社長、組織人事コンサルタント 曽和利光

京都大学教育学部教育心理学科卒業。リクルート人事部ゼネラルマネジャー、ライフネット生命総務部長、オープンハウス組織開発本部長と、人事・採用部門の責任者を務め、主に採用・教育・組織開発の分野で実務やコンサルティングを経験。また多数の就活セミナー・面接対策セミナー講師や上智大学非常勤講師も務め、学生向けにも就活関連情報を精力的に発信中。人事歴約20年、これまでに面接した人数は2万人以上。2011年に株式会社人材研究所設立。大企業から中小・ベンチャー企業まで幅広い顧客に対して事業を展開。

「論理的思考能力」としての「地頭力」

jiatama2_w670

最もよく使われるのは「論理的思考能力」としての意味。これは、因果関係(原因と結果の関係)を連鎖させることによって、ある概念(意味、考え、コンセプト)から別の概念を考え出す、もしくは説明する能力のことです。

たとえるなら、仮定(原因)から結論(結果)を導く、学生時代に習った数学の証明のような能力。ある概念を直感的に読み取る能力とは対比されます。

「論理的思考能力」の見分け方――客観テストを実施する

論理的思考能力を見分けるために最もよく使われる方法は、算数や数学(もしくは国語でも論理性を問う問題)などの客観テスト(機械的に採点できるテスト)です。

また、ある場面や条件のもとで、どのようなことが推測できるかを考えさせる「ケーススタディ」なども使われます。しかし、この場合は評価基準がどうしても評価者自身の論理的思考能力に依った主観的なものになってしまい、定量的に測定できません。そのため、評価のブレを避けるために客観テストが使われるケースの方が多いようです。

これは余談ですが、能力を測定できる他の選考手法と比較すると、客観テストの結果は入社後の業務パフォーマンスにより高い相関関係があるという実験結果もあります。

「本質把握能力」としての「地頭力」

jiatama3_w670

論理的思考能力の次によく使われるのが「本質把握能力」としての意味です。これは、複雑で曖昧模糊とした情報の集合体のことを「要するにこういうことだよね」と概念化できる能力のことを指します。

たとえば、営業担当者が顧客との雑談を通して購買意欲や真のニーズを探るときや、マーケティング担当者が市場調査やカスタマーインタビューなどの情報を通じて世の中のトレンドを把握するときなどに、この能力が使われています。国語の要約問題や趣旨理解問題などをイメージしてもらえるとわかりやすいでしょうか。

論理的思考能力とあえて違いを際立たせるならば、論理的思考能力は演繹的に結論を導き出すものであるのに対し、本質把握能力は思考の飛躍を伴った直感的なものであるというところです。

「本質把握能力」の見分け方――物事の「解釈」や、経験から「何を学んだか」をチェックする

本質把握能力を見極めるには、大きく分けると2つの方法がおすすめです。1つは、ある複雑な事象を「これって、つまりどういうことだと思いますか?」と質問すること。もう1つは、求職者の過去の経験やエピソードから「どのようなことを学びましたか?」と質問することです。

現実に起こる事象は、多面的に捉えて解釈することが可能です。だからこそ、その事象を「特定の側面だけで見ている」のか「さまざまな角度から見ている」のかが、本質把握能力の高低を見極めるポイントとなります。知識や思考が偏っていたり、思い込みや偏見が強かったりすれば、状況に応じた適切な解釈はできません。

ただし、注意すべき点があります。実は、評価する側の本質把握能力が求職者よりも高くなければ、このスキルはなかなか上手く評価できません。加えて、論理的思考能力のように評価を定量化できるテストを作るのも難しいため、定性的主観的な面接の質問によって見極めるケースが多いようです。

「創造力」としての「地頭力」

jiatama4_w670

業界や仕事内容によっては、新しいものを発想できる「創造力」の意味合いで使われるケースもあります。この能力も、論理的思考能力とは違い直感的なものであり、思考の飛躍を伴うものです。

より詳しく解説すると、創造力とは、一見すると異なってみえる「Aという事象」と「Bという事象」の共通点を見つけたり、「Cという事象」と「Dという事象」をつなぎ合わせて全く新しい「Eという事象」を生み出したりするスキルのことです。

「創造力」の見分け方――実際に何かを創ってもらう

創造力を見極めるには、実際に何かの分野でアイデアやモノを生み出してもらう「ワークサンプル」という選考手法が適しています。デザイナーなどの採用選考でも、絵を描かせたり、Webサイトを制作させたりといったケースが多いです。

あらゆる能力の中でも創造力は謎に包まれており、「どうすればスキルが高まるのか」「どういったプロセスで創造活動が行われるのか」などは未解明の部分がたくさんあります。だからこそ、結局は「創れるのか。創れないのか」で判断するのが効果的なのです。

「コミュニケーションスキル」としての「地頭力」

jiatama5_w670

ここまで、地頭力の意味合いとして「論理的思考能力」「本質把握能力」「創造力」という3つのパターンを紹介しました。それ以外にも、コミュニケーションスキルも地頭力の1つと言われるケースもあります。これに対して、私は似て非なる考えを持っています。それは、「そもそも地頭力とコミュニケーションスキルは、かなりその意味合いが重複しているのではないか」ということです。

たとえば、「相手の言っていることをよく理解できる」というコミュニケーションスキルは、「本質把握能力」とほぼ同じ。また、「筋道を立てて説明できる」「相手の話から論理の筋道を見つけて理解できる」というコミュニケーションスキルは、「論理的思考能力」とほぼ同じ。人に何かを説明する際に例え話が上手かったり、話題が豊富で特定のテーマから別のテーマにすぐ話を移せたりというようなコミュニケーションスキルは「創造力」に近いものがあります。

ただし、もちろんですが、コミュニケーションスキルという言葉の意味には「人と仲良くなれる。良い関係性を築ける」というような地頭力の要素とは関係ないものもあります。

「地頭力」は、実は「知識の多寡」に大きな影響を受ける

ここまで、地頭力という言葉の持つさまざまな意味合いについて解説してきました。最後になりますが、この言葉について「多くの人が誤解している」と私が考えていることを解説したいと思います。

それは、辞書的な意味合いにおける「知識の多寡ではない」という表現は、実は誤りであるということ。なぜなら、よくよく考えてみると地頭力は知識の多寡に大きく影響を受けるからです。

たとえば、一番わかりやすいのは創造力としての地頭力でしょう。たくさんものを知っていなければ、その共通点や新しいつながりなど発見しようもありません。世の中では「創造とはゼロから1を創る行為」という考えが一般的ですが、実際にはほとんどの創造行為は古い知識の蓄積の上に成り立っています。

論理的思考能力についても同様です。数学の証明問題を上手に解ける人は、公理や定理のように「こうなれば、こうなる」という論理のパターンをよく知っています。思考をショートカットして問題の複雑さを減らせるからこそ、論理性を発揮しやすくなるわけです。また、「本質把握能力」も、さまざまな事例を知っているからこそ多面的に物事を捉えられるのでしょう。

このように、あらゆる地頭力のベースには豊富な知識が存在しています。だからこそ、実は知識のインプットなしには地頭力の向上はできないと、私は考えているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ