採用ノウハウ

ギャラップ社の事例に学ぶ、採用活動と人材育成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界有数のコンサルタント会社ギャラップ社は、世界中のさまざまな企業のために人材戦略のサポートを行っています。同社の事例をもとに、どのような人材戦略が効果的か考えてみましょう。

後継者育成計画書(サクセッションプラン)を作り、人材を育てる!

採用計画や人材育成、配置などに関する計画をしっかりと立て、次世代を育てていくのは組織にとって不可欠なことです。しかし、実際には公式の計画書が作られていなかったり、ずっと前に作ったものが見直されていなかったりすることはよくあります。

ギャラップ社では科学的、数学的に分析されたデータをもとに、優れた人材の見出し方や育成方法が綴られた、企業のための後継者育成計画書(サクセッションプラン)を作成しています。社内で統一された計画を作成する利点は、経営者だけでなくほかのリーダーも共有できるところ。そして、最も大切なのは定期的に計画を見直すことだといいます。

データをもとにした計画書を作るまではいかなくても、人事評価の出し方、中堅社員や幹部候補の研修方法などを含めた後継者育成計画を立案し、見直していくのは大切なこと。完成度の高い計画書にそって動くことができれば後継者育成の効果も上がります。

先手の採用を行うために、タレントプールをつくる!

タレントプールとは、退職者が出てポジションが空いたときや、人手が足りなくなったときに採用の見込みがある人を集めておくことで、海外ではよく行われている採用手法です。

例えば、採用選考に不合格にはなったが可能性がありそうな人や、人材募集をしていないときに送られてきた履歴書を確保しておき、人材が必要なときに連絡するのです。常に良質な人材を確保し、企業を成長させていくためには、タレントプールを充実させておく必要があります。

具体的には、どのポジションに空きができても、3人に連絡できるくらいのタレントプールを確保することが望ましいといわれています。また、マネージャークラスのタレントプールが確保できていれば、誰かが新規プロジェクトにかかりきりになっても、人手不足を回避できるでしょう。

求人募集・採用のハードルを上げる!

後継者育成計画書やタレントプールを準備しても、採用活動に力を入れなければ組織の力を維持できません。求人募集で集める人材、採用試験で合格を出す人材の基準を上げましょう。採用担当者にとっては、採用活動はより難しくなりますが、それでも、組織全体のレベルを上げることは重要です。

ギャラップ社の調査では、面接で職種に合わせた客観的な質問や構造化インタビューをすることで、履歴書による書類選考や、場当たり的な面接よりも効果的に合否の判断ができるという結果が出ています。

日常的に実力やモチベーションを高める!

採用が決まっても、才能を存分に伸ばせないとその従業員は会社を辞めてしまう可能性が高くなります。従業員一人ひとりに投資をするつもりでトレーニングを受ける機会を設けましょう。これに対し、ギャラップ社は以下のようなアドバイスをしています。

  • 採用した人全員が、毎朝、企業に期待を持ち、自分が何をするかわかっていること。ギャラップ社の調査では、仕事をする40%以上の人が自分に求められている仕事を理解していないという結果があります。
  • 優秀な人材が優秀な上司のもとで働けるようにしましょう。才能のある人材が、その人の期待外れの上司についてしまうと失敗の原因となります。
  • 人材管理ソフトを調整して、採用された人の状況を常に追えるようにしておきましょう。採用された人たちが自分たちの強みを顧客のニーズに役立てられるようアドバイスをしましょう。

採用・育成・モチベーション向上のサイクルで組織力を高める!

継続的な後継者育成計画、タレントプール、ハードルを高めた採用活動、そして日常的に学ぶ場所がある職場。これらのコンビネーションが組織をパワーアップさせます。ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ