採用ノウハウ

応募者対応の心得。採用面接応募者への効果的なアフターフォロー方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報化社会が進み、優れた商品を販売しても、すぐに品質的には近いものが生まれる時代です。購入者にしてみると継続的に購入し続けるか、次は別のものを検討するかの選択肢が増え、販売者の立場からすると品質以外の部分に売れ行きが左右されるようになってきています。

商品を売るために手法には、プロモーションやマーケティングなどさまざまなものがありますが、商品を販売した後にリピーターとなってくれるかどうかは、アフターフォローがより重要になってきます。

採用面接業務にも参考になる効果的な応募者へのアフターフォローをする心がけについて解説します。

採用面接後の応募者フォローの目的は「忘れられないこと」

画家のマリー・ローランサンの詩にこんなものがあります。

退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。
悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。
不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。
病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。
捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。
よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。
追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。
死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。

モンマルトルのピカソのアトリエで出会った詩人、アポリネールと運命的な恋におちた彼女の詩は、100年を経ても人の心を打ちます。「女」を「採用担当者」や「企業」に置き換えてみてはどうでしょうか。やはり、一番哀れなのは忘れられてしまうことではないでしょうか。

一度でも買ってくれたという縁がうまれたなら、その縁は最大限に大切にしたいものです。売り手と買い手の唯一の出会いが売り買いの場。それは男女の出会いと同じなのかもしれません。
せっかく出会っても、その後のやり取りがなければ、なにも進展することはありません。
「魅力的な人材なので何とか入社させよう」ではなくあなたと出会った縁を大切にしたいという気持ちを表現すること、それがあるべきアフターフォローなのです。

応募者の業種や職種によって適切なアフターフォローは異なる

アフターフォローは、業種によって適切なタイミングが異なります。

不動産屋さんであれば次の引っ越しまでには通常、数年かかりますし、美容室であれば、髪が伸びるまでは数ヶ月かかります。飲食業の場合、空腹になるまでは数時間ですが、顧客がいつも同じ店で食べるとは限りません。また、高級店であれば年に数回ということもあるでしょう。

男女の間でも、相手への気持ちが強いばかりに頻繁にメールを送ったり、毎日会いに行ったりしては、好かれるどころか不快感を持たれてしまうでしょう。それと同じことが採用業務でも言えます。

アフターフォローの際には、業種、応募者の職種の特性に合ったタイミングを見極め、相手にとって不快でない間隔をあけ、あくまで忘れられない存在に留まることが必要です。

忘れられていなければ、複数の内定が出て転職先を検討している際や、他社への入社が決まった際であっても、改めて転職を考える際に転職先候補となることもあるかもしれません。逆にしつこすぎると、2度と社名も思い出したくないと思われてしまいかねません。

BtoBでもBtoCでも基本は同じ

アフターフォローの基本は、応募者に、自分たちの存在を忘れられないようにすること。これは、業種や規模に関係なく同じことが言えます。

相手の立場に立って、邪魔にならず、途切れず、気持ちを告げ続けることが重要です。相手の連絡先がわかるのであれば、手紙なのか、メールなのか、電話なのか。ビジネスの質、相手の積極度、商材の購入頻度など、相手にとって邪魔にならず、一人よがりにならないペースで、ケースバイケースで使い分けることが必要です。

仮にコストの低いメールのみを使うとしても、定型文だけではなく、お客さんに関して覚えていることを一言添えて送るだけでも、伝わる気持ちはぐっと深まります。

自分のことを考えてくれているという気持ちが伝われば、応募者はプラスの記憶としてとどめていてくれ、それが入社意欲の向上につながります。内定者数のノルマ達成など、企業側都合のアフターフォローはあっさり相手に見ぬかれてしまうでしょう。

忘れられないこと、それはすなわち愛です。ビジネス上の都合ではなく、面接に来てくれた応募者の役に立ちたいという無償の愛を送り続けることが、面接後のアフターフォローの全てと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ