採用ノウハウ

面接官の心得|効果的な質問内容と人材の見極めポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中途採用だからこそ、即戦力として活躍できる人材を見極めたいもの。募集内容や自社のビジョンに合う求職者を、面接で見極めるための質問にはキーワードがあります。面接における質問のキーワードとその意味をご紹介しましょう。

採用面接で自社に合う人材の見極めポイントは3つ

知識や経験、必要資格など、求職者の履歴書からある程度の業務への適正はわかります。しかし、自社に合う人材かどうか、履歴書では見えない部分を見極めるには、以下のようなポイントをおさえることが重要です。

コミュニケーション能力
企業風土を考え、営業主体の会社であれば積極的にコミュニケーションをもつ能力があるか、開発や製造主体の会社であれば理論的なコミュニケーションを取る能力があるかなどを見極める必要があります。

仕事に対する考え方
年齢に関係なく、仕事に対する考え方で大切なのは、前向きに自分をスキルアップさせていこうという意思があるかどうかです。年齢に応じた自分のキャリアをどう考え、どのように取り組んでいるかといった姿勢を見極める必要があります。さらに、仕事だけでなく、ワーク・ライフ・バランスに対する考え方も確認しておくとよいでしょう。

将来の自分に対する展望
求職者が年齢に応じて自分の将来をどう考えているか、また将来に向かって今何をしているか、しようとしているかを確認します。そのなかで今回の転職がどのような位置づけにあるのかを見極めましょう。

求職者を見極めるための面接質問のキーワード

中途採用でもっとも判断したいことのひとつは、自社で即戦力として活躍できる人材かどうかということです。これを見極めるために、効果的な質問のキーワードをいくつかご紹介します。

コミュニケーション能力を見極めるキーワードは「自己紹介」

単に自己紹介をリクエストするのではなく、今までの仕事を中心にして話してもらう、趣味や休日の過ごし方などを交えて話してもらうといった、ポイントを絞った自己紹介をおすすめします。自分をどのように表現するかでコミュニケーション能力がわかります。相手が何を求めているかを考えて話せるかどうかがポイントです。

仕事に対する考え方を見極めるキーワードは「ワーク・ライフ・バランス」

「オン・オフの切り替えとして、スポーツや旅行など、どんなことをしていますか?」「会社以外の場所で、自身のキャリアアップにつながる活動(業務に関わる資格取得やセミナー受講等)をしたことありますか?」など、候補者がワーク・ライフ・バランスについてどのように考えているかが伺えるような質問をしてみましょう。仕事を業務内容だけでなく、自分の生活の一部分だと考えて、相対的にキャリアアップやスキルアップを捉えているかがポイントです。

将来の自分に対する展望を見極めるキーワードは「あなたの人生」

「あなたの人生は、今まで考えたとおりにすすんでいますか?」「これからあなたの人生で必要なものは何ですか?」といった質問で、自分の人生に責任をもっているか、前向きかどうかを見極められます。ただ「人生」とするのではなく「あなたの人生」とすることで、より具体的な回答を引き出しやすくなります。

見極めるためには、自社で活躍できる人材モデルを想定する

求職者の適性を見極めようと質問をしても、面接官が複数いる場合や求職者の数が多い場合には、評価にばらつきが出ることがあります。求職者の適性を見極めるには、自社で活躍できる人材のモデルをあらかじめ考えておくことが大切です。

営業職と総務経理では、必要とされるコミュニケーション能力や仕事に対する考え方は異なります。質問はある程度絞り、自社が求める模範解答を想定しておくことにより、明確な基準のある評価と採用が行えます。また、で質問の内容やモデル回答をブラッシュアップすることにより、より効果的な面接となっていくでしょう。

人材の見極めがミスマッチを減らす

面接は会社が求職者を選ぶ機会であるだけでなく、求職者が会社を選ぶ機会でもあります。効果的な質問によって自社に合う人材を見極めることで、中途採用者が入社後に能力を活かして活躍できるように、採用活動を行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ