採用ノウハウ

中途採用を成功させるための「採用アウトソーシングサービス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作業負荷を低減させるための採用アウトソーシングサービスですが、何のために負荷をなくすか、できた時間をどう使うかが本質的に重要です。

採用アウトソーシングサービスを有効活用するため、サービス導入前に考えておくべきことや、導入する際の考え方について、まとめとしてお話しいただきました。

Q 採用アウトソーシングサービスを使うにあたり、考えておくべきことを教えてください

まず押さえていただきたいことは、採用ニーズの大本にある自社の経営戦略です。
新しく事業を強化したいからこういうタイプの人材が欲しいとか、社内の年齢構成を考えて、今から若手を採用してしっかりと育てたいなど、採用活動のスタート地点となる“軸”を自社内で明確にしていただきたいと思います。

次に把握するべきことが自社の“強み”と“競合関係”です。自社のリソースのうち、競合にはなく、求職者のニーズと合致するものこそ強みになりますから、それを整理してください。

求職者のニーズは実に多様です。職種で選ぶ人、年収や福利厚生に関心がある人、通勤の利便性を重視する人など、求職者の価値観によって様々です。競合のなかで、待遇が強みならそこを押せばいいですし、立地がよく通勤の利便性が優れているならアピールすべきポイントとなります。

そして今一度、採用活動に対するスタンスを検討してみましょう。業務負荷が多すぎるせいで応募者への対応が疎かになってしまっていないかどうか。
疎かになっているとすれば、どの業務を改善すればスムーズな採用活動が行えるか。書類選考から最終面接までの各段階で、具体的にすべき項目を並べて洗い出します。
そのなかで、最も負荷が大きくネックになっている作業項目が分かれば、外部に作業を委託することで課題が解決できる可能性があります。

Q ―おわりに。「採用アウトソーシングサービスとは?」についてもう一度お聞かせください

「いますぐにでも働きたい」「転職したい」というのが求職者の心情です。そうした求職者の立場からすると、掛けた電話が確実につながったという些細なことでも、企業への良い印象として残るものです。

裏を返せば、求職者は少しでも悪い印象を抱いた瞬間、別の会社に関心が向かうのです。求職者の立場を考えることや対応の一つが求職者へどのような印象を与えるかを想像することをおろそかにしている会社は少なくありません。これらができない時点で、競合他社に負けてしまっていることがあり得る、という意識が必要です。

最初に声を掛けたものがアドバンテージを握る―。

ファーストコンタクトが大切なのは、どんなビジネスでも同じです。採用戦術的には、短い期間により多く、求職者に接触をした会社が基本的に勝ちます。

そのためには、応募があった初期段階から、他社より早く行動することが求められます。そして、これはという人材には、面接が終わるまで徹底して密着し、常に寄り添う。すぐに会えないならば電話やメールといったツールを活用して接触回数を増やします。

“早さ”と“密着性”は、採用活動にあたって何よりの「強み」になることは間違いありません。その強みを得るために何をなすべきかという視点で採用活動を見直すことも大切だと私は考えます。

業務負荷が大きいから、できる範囲にタスクを縮小するというのは、少々乱暴な言い方となりますが本末転倒なのです。採用活動における生産性は、必要なときに必要なことをやりきることでしか上げられません。

応募者データの転記、コピペ作業や、電話対応は誰でもできます。それよりも、応募者を確実につかまえ、会う応募者数を増やすほうが、はるかに高い生産性を得られます。応募者からのアプローチに、迅速に、正確かつ柔軟に対応できること。

それらがまさに採用アウトソーシングサービスを使うことによって生まれる最大のメリットです。

採用業務の代行という一面だけでなく、利用することによってもたらされる付加価値に注目していただければ、採用アウトソーシングサービスが採用活動に勝つ抜くために不可欠なものであることに気づいていただけるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

お話を伺った方

株式会社キャリアマート
取締役社長 安田泰司さん

採用アウトソーシングサービスや採用ノウハウに豊富な知見を持ち、各種媒体にも多くの出稿歴を持つ。

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ