採用ノウハウ

圧迫面接という企業リスクを取らずに、採用面接で求職者のストレス耐性を確認する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
圧迫面接のリスクとストレス耐性チェック_w800h450

圧迫面接は、求職者のストレス耐性チェックとして用いられる場合が多いようですが、圧迫面接という手法はマイナス面も多く、本来の目的である人材獲得はおろか、業務貢献にも繋がらないこともあるようです。
圧迫面接という企業リスクを取らず、どのように求職者のストレス耐性をチェックしたら良いのか。ストレス耐性を見抜く面接テクニックについて考えてみます。

圧迫面接で求職者の適応能力が測れるか?

あえて横柄な態度をとったり答えにくい質問を続けたりするなど、圧迫面接はストレス耐性を判断するために敢えて行っていることでしょう。しかし、圧迫面接という状況下では、対等であるべき企業と求職者の関係性は崩れ、一方的、かつ無理に答えさせるような面接形式となってしまいます。
結果として、そもそもの求職者のコミュニケーション能力がわかりづらくなるばかりでなく、圧迫面接に対しての適応方法を覚えた面接慣れしている人材が評価されることとなります。

圧迫面接の最大のデメリットは、企業イメージの低下

よほど面接慣れしている求職者でない限り、圧迫面接を受けたあとの気分は良いものではありません。圧迫面接の程度によっては、企業に対してネガティブなイメージをもたれてしまう恐れもあります。複数の企業に応募している求職者の場合は、入社志望の優先順位の低下にもつながり、内定辞退の原因ともなります。

また、ストレスチェック制度が施行された時代背景を考えても、意図的にストレスを与えるような面接を行うことは得策とはいえないでしょう。

圧迫面接と受け取られないための工夫

圧迫面接と受け取られず、ストレス耐性をチェックできる面接の方法があります。ストレス耐性とは、ネガティブなこと(状況)をポジティブに考えられる能力と捉える事ができます。つまり、不利な状況下や否定的な質問に対する答えが、企業の方向性に一致しているかどうかが判断のポイントです。

ストレス耐性をチェックする具体的な方法

終始やわらかい表情と態度で、答えにくい質問や厳しい質問をする。
「あなたが会社に莫大な損害を与えるようなミスをしたとしたら、どんな行動をとりますか?」といった、厳しい質問ほどやわらかい表情と優しい声で行いましょう。

求職者の意見を否定してその反応を見る。
求職者の言葉に対して、意図的に反対意見を述べ反論を待ちましょう。必要以上に大きな声を出したり、求職者を威嚇する表情をしたりする必要はありません。面接官に否定されたり、反対意見を言われたりしたことに対して、動揺したり、意味もなく興奮したりと態度が急変するような場合は、ストレスへの耐性が低いと考えられます。

今まで感じたストレスの原因と解消方法を率直に質問してみる。
もし答えない場合は、答えない理由を聞きましょう。整合性のない理由や、不安定な感情などが見受けられる場合は、ストレスに対して耐性が低い可能性があります。

圧迫面接は、優秀な人材採用にはつながりにくい

威圧的なだけの圧迫面接は求職者にストレスを与え、優秀な人材を採用するために効果を発揮するとはあまり期待できません。ストレス耐性を判断するのであれば、通常の面接での質問内容を工夫するとともに、候補者の様子を観察してストレス耐性を判断する必要があります。

人材の選考において、ストレス耐性を測るために圧迫面接を行っても、候補者が企業に対して悪いイメージを持ってしまう恐れがあります。また、面接の前に何気ない質問の中で、ストレス耐性をチェックするアンケート形式の簡単なパーソナリティテストを行う方法もあります。面接をする際には今回ご紹介したような方法を用いて、ストレス耐性をチェックできる質問を用意し、候補者をしっかりと判断できるような方法で行うことが大切です。

bnr_shl_01_w670h200
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ