採用ノウハウ

中途採用面接の目的と聞くべき質問とは!|面接官の心得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中途採用の面接を行うにあたって、求職者にどのような質問をするべきか迷う方もいるのではないでしょうか。新卒採用と中途採用では、採用の目的が異なるため、質問の内容も変わってきます。

以下では、中途採用の面接の目的を改めて考え、どのような質問をすることが必要となってくるのかご紹介します。

応募者の即戦力性を判断する面接

中途採用で面接を行う企業側の意図は、戦力強化にせよ欠員補充にせよ、今の社内にはいない即戦力を外部から採用することです。しかし、応募者の中には面接での受け答えが自己紹介に偏り、文字通り「ありのままの自分」を見せようとする人がいます。

このような「自分を知ってもらう」だけの質疑応答は、社会人経験のない新卒採用でこそ通用しても、中途採用での質疑応答で通じるものではありません。

中途採用面接で投げかける質問への回答は、いかに前職以前の社会人経験を自社内で発揮し、即戦力として活躍できるかをアピールするに尽きます。
つまり判断すべきは、前職でどのような業務を行い、成果はどうだったのかという点です。これに付随するのが、明確に企業側へその情報を伝えるコミュニケーション能力となります。

必要な情報を聞き出す質問

中途採用の面接ではその目的を理解したうえで、採用判断に必要な情報を引き出せる質問を行いましょう。即戦力採用という前提を理解し、質問の正しい方向性を考えなければなりません。

具体的に、投げかけたい質問例を以下に挙げておきます。

前職の退職理由、そして前職への入社動機

ビジネス経験が一定期間あれば、働くことについて自分なりのポリシーを持っているものです。各々の求職者が持っているポリシーは働く目的の一貫性を示していますので、質問を通じて確認しておきましょう。

また、前職の退職理由も合わせて聞いておきます。返答内容から、なぜ前職ではそのポリシーに基づいて仕事を実行できなかったのかが分かり、目的転換の理由を確認することに繋がるでしょう。

仕事の実績

即戦力となる人材を採用するためには、入社してどのような力を発揮できるのか、前職での業務実績は必ず確認すべきでしょう。

実績について期待通りの回答が得られない場合、即戦力としては期待できないかもしれません。また、実績内容が自社の期待するものとあまりに合致しない場合にも、注意が必要です。どこまで社員教育等で即戦力化できるかを合わせ、企業側は考慮しなければなりません。

スキル・ノウハウ

実績を上げるためには、必ずその裏付けとなるスキルが必要です。その程度を見極める、あるいは偽りでないことを確かめるためには、そのスキルを理解できる人間を面接に同席させると良いでしょう。

さらにそのスキルを実務でどのように活かしていきたのかを確認し、自社の状況と照らしあわせて判断していきます。いくら凄いスキルでも、自社にとって不要なものならば意味がありません。

また、ノウハウは、社会人経験の中でしか得ることのできない貴重なものです。現在自社で保有する以上のノウハウを持っていれば、業務改善や利益拡大等に直結する可能性もあります。
聞き出すことは容易ではありませんが、自社が行っている仕事内容をどのように応募者ならどのように行うか、といった質問をすることで、その人が持つノウハウを聞き出すことが期待できます。

質問をリスト化し、ミスマッチのない面接を!

中途採用を実践する際には、まず前段階として「本当に即戦力である中途人材を採用する必要があるのか」を考えることが大切です。即急性のない仕事ならば、新卒者を教育したほうがよいでしょうし、中途採用は人件費の高騰を招く原因となってしまうかもしれません。

なぜ中途採用が必要なのかを考え、それが新卒採用では代替が効かないものであるという認識がある場合には、中途採用を実施しましょう。

また、いざ中途採用を実行する場合、面接する側も質問等の綿密な準備が必要です。相手の能力や人間性を的確に捉えなければ、採用活動そのものが失敗に終わってしまいます。

面接は安易に行わず、面接官を務める社員の選定も慎重に行ってください。十分な質問ができるよう、質問の必須項目はリスト化してチェックすると安心でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
数多くの企業様の採用を支援してきたマイナビ転職まで、採用のご 相談や掲載へのお問い合わせなど、お気軽にお申し付けください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ