すぐ辞める?転職する20代社員の本音とは

目次

プロフィール
元某大手自動車メーカー人事
現学校法人グロービス経営大学院
熊谷翔太
大卒後、某大手自動車メーカーに入社し、総務・人事に従事。総務部においては、不動産管理業務や地域渉外業務を担当。人事部においては、全社の労務管理・労働組合窓口を担当。現在は、グロービス経営大学院において、スクール運営のオペレーション全般や受講生のサポートに携わる。

新入社員の3割が入社しても3年以内に離職する、と言われています。厚生労働省の「新規学卒者の離職状況」調査からも、長年30%前後の割合で新入社員が辞めていることが分かります。また、現場からも「20代の社員があっさり辞めてしまう」という声もよく耳にします。

採用に苦戦する企業にとっては、せっかく採用した若手社員の定着に向けた工夫や離職の防止は重要な課題です。その課題に向き合うにあたって、まずは「実際に辞めていく若手社員がどんなことを考えているのか」を知ることが不可欠です。今回は若手社員を取り巻く環境やそのなかで彼らが何を感じ、何を求めているのかを探ってみましょう。

若手社員を取り巻く環境の変化

若手社員は、想像以上に会社以外の社会と広くつながっています。手段のほとんどがスマホです。さまざまな情報が手軽に手に入りますし、同じ立場の同世代の人の意見も簡単に集めることができます。そのため、「社内の先輩・上司から話を聞いて、次の仕事を考えていく」ことだけが、キャリアを考える方法ではなくなっています。

ひと昔前であれば、「会社に忠誠心を持って働き、先輩・上司の背中を追いかけていれば、将来は基本的には安定、安心して居られた」のでしょうが、現在は、「会社は自分の未来を保証してくれる存在ではない」と感じているとも言えます。

「20代での転職」に対する認識の差

「20代での転職」に対して、本人と周囲の先輩・上司の間にはどのような差があるでしょうか? 筆者自身も20代で転職を経験し、また、現在の仕事において多くのビジネスパーソンのキャリア相談に乗っています。そのなかで「転職しました・今後考えています」と言う20代社員の声を聞くことが少なくありません。率直に「20代のビジネスパーソンは皆、似た悩みやモヤモヤを抱えているのだな」という感想を抱いています。

対して、彼ら(20代社員)の先輩や上司は「何で20代のうちにあっさり辞めてしまうのだろうか?」「30代前半までもう少し頑張って、中堅層になればもっと仕事が面白くなるのに」と疑問を持っているように感じます。この認識の差は、どこから来るのでしょうか?

「憧れの先輩」は社外にもいる

20代の社員にとって、自分のロールモデルとなる「憧れの先輩」を見つけることは、自分自身の成長のために必要不可欠です。自分の身近である社内の職場に「憧れの先輩」がいれば、それに越したことはありません。筆者自身も前職時代には、素晴らしい先輩・上司に囲まれて仕事をしたおかげで、成長できました。

しかしながら近年は、SNSやブログを通じて、一個人が自分自身の経験を積極的に発信している時代です。20代社員は、スマホを使って「直接は知らないけれども、自分と近い境遇の人の話を聞く」ということが気軽にできます。

また、Facebook等を通じて、学生時代の友人の活躍や転職したという話を、日々簡単に耳にすることができる状況です。自分のモデルケースになり得る情報をたくさん手に入れることによって、「自分のやりたいことや強みを考えると、こんなキャリアもあるのだな」と、選択肢を増やすことができます。

また、転職に迷った際にも、同じような経験をした個人の話を具体的に耳にすることで「自分も一歩踏み出してみよう」と勇気をもらうことができます。それらの結果、20代社員にとっての次のキャリアは、「社内での異動」だけではなく、「社外への転職」という選択肢もあるということが言えるでしょう。

若手社員は自分の会社を客観的に見ている

VUCA時代と言われるように、少し先の将来も見通すことが難しくなっており、どの企業も変わり続けることが求められます。当然、20代の若手社員も「自分の会社は、しっかりと変わっていくことができる組織か?」ということを考え、経営層や自分の上長たちを、よく見ています。

特に、筆者が勤めるビジネススクールに通うような優秀な若手社員ほど「自分のキャリアを考えると、このままで良いのだろうか」という不安を感じているような印象があります。よく勉強し、向上心のある若手社員だからこそ、変わらない・変わろうとしない組織や上長を見て「このままでは自社はまずいな」ということを、シビアに見ています。

つまり、変化が激しい時代において、企業も変わり続けることが求められることを、若手社員は真正面から受け止め理解していると言えるでしょう。

20代社員に対して先輩・上司や人事ができること

社内だけでなく、社外との接点も多い20代の若手社員に対して、周囲の先輩・上司や人事は、「囲う」のではなく「一緒にキャリアを考える」ことが必要です。

高い視座からアドバイスする

とにかく退職されることを避けようと、社内だけに限った話をし続けることは、得策でしょうか。前述のように、社外からあらゆる情報を耳にしている20代社員にとっては、逆効果になってしまいます。著者の友人から、「転職も頭をよぎることはある。でも、今の会社の先輩・上司は『今の枠組みに捉われず、会社から離れても食べて行けるくらいのつもりで頑張れ。小さくまとまるな』と言いながら、仕事のフィードバックをくれる。良い会社だと感じて、モチベーションが高まった」という話を聞いたことがあります。

先輩・上司は経験値があるからこそ、20代社員が自分では把握できていない未熟な点に気が付くことができるはずです。今の会社に捉われず、高い視座を持ってアドバイスすることこそが、20代社員が期待することでしょう。

20代社員の考えを聞き出す

何かしらの悩みやモヤモヤを抱えている20代社員にとって、フラットに話を聞いてくれる相手は非常に貴重です。社内の先輩・上司が話を聞いて、将来のキャリア設計を語らせてみることで、20代社員の考えに気が付くことができるかもしれません。

また、将来のビジョンと今の仕事を繋げて考え、仕事の意味付けを改めたり、社内他部署の仕事を紹介したりすることで、新たな発見があるかもしれません。オープンなコミュニケーションを通じて、一緒にキャリアを考えることができれば、先輩・上司への信頼感の高まりや、モチベーションアップに繋がることもあるでしょう。

まとめ

さまざまな情報を日々入手しており、先輩・上司の世代とは異なる価値観を持つ若手社員。彼らは自分をアップデートさせることができること、チャレンジできることを求めており、それが今の会社でできるか、もしくは他の会社の方が適しているかをフラットに考えていると言えるでしょう。そこに気がつけば、若手社員に対する見方や対応の仕方も工夫しやすくなるのではないでしょうか。