「話しやすい人」はしゃべらない

目次

プロフィール
松林 薫
1973年、広島市生まれ。ジャーナリスト。京都大学経済学部卒、同大学院経済学研究科修了。1999年、日本経済新聞社入社。経済学、金融・証券、社会保障、エネルギー、財界などを担当。2014年退社し株式会社報道イノベーション研究所を設立。2019年より社会情報大学院大学客員教授。著書に『新聞の正しい読み方』(NTT出版)、『「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方』(晶文社)、『迷わず書ける記者式文章術』(慶應義塾大学出版会)。

話しやすい人は、自然と組織や集団のハブ(中心)になるものです。財界のパーティーなどでも、そういう人の周りには人垣ができ、笑い声が絶えません。様々な情報が集まって来るので頼りにされ、営業上も有利。

逆に、「あの人は話しづらい」と敬遠されると大事な情報が入ってこなくなり、組織を率いるリーダーの場合、「裸の王様」になりかねません。これは記者でも同じで、周囲から「あの人と話したい」と思われるのが理想です。では、どうすれば話の輪の中心にいられるのでしょう。

信頼される条件は?

自分の周りで「気軽に話しやすい」「相談しやすい」と言われている人を思い浮かべてみてください。どんなタイプでしょうか。「話が面白い」「説明が分かりやすい」といった人が多いとは思いますが、よく考えるとそれが決定的な理由ではないと思います。

逆に、「話は面白いが信用できない」といった人もいるのではないでしょうか。そう、じつは「話術」の巧拙だけで決まるわけではないのです。

条件1「嘘をつかない」誠実さ

では、他にどんな条件が必要なのか。まず大切なのは誠実であることでしょう。嘘をつかず、自分の利害を離れて公平に振る舞う人は信用されます。

記者業界では、「嘘をつかない」ということが特に重視されます。情報の真偽を判断するのが仕事なので、たとえ話が面白くても「嘘か本当か分からない」なら意味がないからです。自分の都合がいいように話の筋を捻じ曲げたり、ごまかしたりする人も信用されません。

条件2 秘密を漏らさない「口の固さ」

ただし、ここまでは「必要条件」です。スムーズに会話ができて嘘をつかない人は、確かに人から好かれます。しかし、もう一つ「十分条件」が揃わないと、本当に重要な情報は集まってきません。それは、「口の固さ」。秘密を漏らさない人間だと思われることが決定的に重要なのです。

ところが少し考えると分かるように、「口の固さ」は、しばしば「話のうまさ」と反比例します。社交の場では、人から聞いた話を面白おかしくしゃべると簡単にウケがとれるので、ついやってしまいがちです。

しかし、機微に触れる情報まで同じ調子でネタにするとどうなるか。「あいつはおしゃべりだ」「口が軽い」ということになり、重要なことは教えてもらえなくなるでしょう。仮に面白いやつだと思われて人が集まってきたとしても、ビジネスに役立つ情報は入ってきません。人気者になれたとしても、仕事上のメリットはあまりないのです。

情報を間接的に広める方法

どんな人が話し相手として信頼されるかは分かりました。問題はここからです。どうすれば周囲から「口が固い人だ」と思ってもらえるのでしょう。「話すのが上手だ」とか、「誠実だ」といったことは、ちょっと話してみれば相手に伝わります。

しかし、秘密を守ってくれるかどうかは、その場では判断できません。自分から「私は口が固いよ」と言っても効果はないでしょう。むしろ、警戒される可能性さえあります。

常に「小さな秘密を守り続ける」意識

これには「小さな秘密から守る」という意識が必要になります。もしあなたが、重要な情報を教えてもらえないタイプだとしたら、無意識のうちに「小さな秘密」を漏らしてしまっている可能性があります。

例えば、友人から恋愛についての悩みを打ち明けられたとしましょう。別に本人から「この話は他人には絶対にしないでね」などと釘を刺されたわけではありません。でも、本人にすればみんなに知られたい話ではないはずです。こうした情報が「小さな秘密」に当たります。

人は、こうした話を聞いてしまうと他人に言いたくなってしまうものです。他人の秘密や悩みを聞いて抱え込むことは、ある種のストレスになります。それを別の人に吐き出して楽になりたいという心理が生じやすいのです。それで、「ねえ、知っている?◯◯さんから相談を受けたんだけど……」と話してしまうわけです。記者の間では昔から「噂話を広めたければ、話の最初に『これは秘密なので他言無用だが…』と言えばよい」と言われているほどです。

「小さな秘密の漏洩」が2重のリスクをもたらす

しかし、たとえ小さな秘密であっても、それを漏らすことは二重の意味で自分の首を絞めてしまいます。第一に、それを聞いた相手は、無意識に「この人に相談すると、同じように他人に話されてしまうリスクがあるな」と感じて警戒します。さらに、相談を受けた当事者ではないので、ほとんど心理的抵抗なしに聞いた話を言いふらす可能性があります。そのうち相談者の耳にも入り、あなたとの友情にもヒビが入るかもしれません。

じつは、人の評価というものはこうした小さな積み重ねによって決まってきます。昔から「人の口に戸は立てられぬ」「悪事千里を走る」などと言って、そうした噂は自分が思う以上の速さで拡散してしまうものです。よほど注意しないと、あっという間に信用を失ってしまうのです。また、本当に重要な情報が耳に入るようになるのは、こうした「テスト」の後で「あの人は口が固い」という評価が定着してからです。

「口の堅さ」も第三者評価がカギ

一方、こうした口コミの力は自分の信用を高める手段としても使えます。本人が「私は口が固い」と言っても無意味ですが、第三者が「あの人は口が固くて相談しやすい」と言ったら、多くの人が信じるでしょう。そういう評価もまた、口伝えで広がりやすいのです。

そう考えると、まず誰から信頼を勝ち取るべきかが見えてきます。そう。すでに口コミのハブになっている人です。こうした人にはたくさんの人が接触し影響を受けるので、自分の風評もそのネットワークを通じて広めることができるのです。

だから、そういう人と付き合う時は、「何を話して何を話さないか」という原則を強く意識する必要があります。相手に気に入られようと自分が知っている秘密や噂話を軽々しく耳に入れるのは逆効果です。そういう人は「小さな秘密」を厳格に守るからこそ、口コミの中心にいるのです。むしろ、「その話については、知っているけど言えません」といった、原則的な態度を見せた方がいいでしょう。

付け加えれば、そういう人には「◯◯さんは優秀だ」といった他人についての良い話は積極的に伝えるべきです。これは秘密ではないので、口コミネットワークに乗って広がります。先ほどの噂話と同じで、いつか本人の耳にも「あなたが褒めていた」という情報が入るでしょう。その人にとってこれほど嬉しい話はありません。あなたから直接言われてもお世辞と見分けがつきませんが、第三者に言っていたということは心から思っている証拠だからです。しかも、周囲に自分の評判が広がるのですから、あなたに感謝するはずです。

口コミネットワークの中心人物を見つけ、観察してみよう

どんな組織や業界にも、口コミの中心にいる「情報通」がいるものです。そうした人が持つネットワークをうまく活用することで、自分も「話しやすい人」というポジションを得ることができます。また、すでにそうした評価を得ている人を観察すると、どうすれば周囲から信頼が得られるのかも見えてくるはずです。