人事お役立ち

企業の生産性向上の秘訣は、女性活用にあり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性活用の目安ともなる、女性管理職の比率の高い企業が増えてきました。こうした企業に共通しているのは、女性に限らずすべての従業員が働きやすく人材定着率も高いということ。女性活用に取り組めば、すべての人材の活用や優秀な人材の定着率の向上につながることを、実例とともにご紹介しましょう。

女性の働き方を見直せば、組織全体の生産性が上がる

日経ウーマンと日経ウーマノミクス・プロジェクトが共同で実施した、2015年版「企業の女性活用度調査」では、2年連続資生堂が1位に輝きました。最近では、こうした女性に深くかかわる業種だけでなく、セブン&アイ・ホールディングスやANAなど、男性型といわれる流通業や製造業もランクインするようになりました。

これらの企業の共通点として、組織全体の生産性を考えた働き方の見直しを行っていることが挙げられます。生産性の高い企業になるためには、従業員一人ひとりが生産性の高い仕事をすることが求められるのは言うまでもなく、女性活用もその有効な手段の一つなのです。女性活用に成功している企業が取り組んでいることとして、主に以下の項目が考えられます。

女性の特性を考えた業務システムを構築している

性別に関係のない業務であっても、女性が扱いやすい設備や環境を整えています。例えば、製造業における機械加工では力の弱い女性でも扱える機械を導入したり、工場内をクリーンにして清潔な職場環境を整えたりしています。

女性に優しい制度を整えている

育児休暇制度はもちろん、短時間就業制度、フレックスタイム、在宅ワークなど、子育てを応援する制度を整えることで、出産を機に離職することなく活躍し続けることができます。

女性にも男性と同じ研修を行う

女性活用の成功企業では、男性と同じ管理職研修を女性にも受けさせています。性別にかかわらず、優秀な人材の育成としてとらえ、女性社員も管理職を目指せる環境づくりをしているのです。女性管理職の数が増えることで男性社員の意識も高まり、企業全体で優秀な人材づくりに取り組むことができます。

女性活用の考え方を全社員に浸透させる

会社が「女性活用」を宣言しても、急に現場レベルで行うのは難しいでしょう。受け入れる部署では、時間的な制約を受け入れる一方で、制度を活用する社員に、責任を持って業務を遂行してもらわなければなりません。義務と権利をしっかり管理できる部署にすることが求められます。

例えば、産休後の時短勤務制度を活用する場合、上司や同僚が時短勤務を理解し、お互いに協力し合うことが大切です。一方、活用する社員も当たり前のように早く帰宅するのではなく、短時間でも効率よく業務を進め、周りの理解に対し感謝の気持ちを持つことが成功のカギとなります。さらに、会社全体で、利用できる制度や利用する社員の事情を理解することが大切です。

女性活用とは、女性に優秀な人材として働いてもらうこと

仙台市の「さいち」は、おはぎとお惣菜だけで、年間3億円の売上がある地域密着型スーパーとして有名です。調理担当者のほとんどは地元の主婦である女性たち。同社によると「調理技術のプロではない普通の主婦が約3か月間修業し、認められたのちに調理を担当する。従業員はどんなに多くの惣菜を調理したとしても、材料の仕込みから調理、盛り付け、商品の棚出しまで必ず責任を持って行う」のだそうです。主婦のパートであっても、ビジネスとして惣菜を提供するために、3か月間の研修を行う事で能力を最大限に生かし、モチベーションを上げる仕組みを作って、生産効率の高い業務を行っています。

また、三菱東京UFJ銀行では、在宅勤務を主要行で初めて導入しました。子育てや介護との両立を図るとともに、個人の退社予定時間を「見える化」し、労働は時間ではなく生産性であるということを認識できるような取り組みをしています。このように、女性活用に取り組むことで、全社が業務を時間ではなく生産性でとらえる仕組みを作り、結果として生産性の高い人材を生み出すことになります。

女性管理職が必要な理由

「さいち」にも、専務である女性管理職がいます。女性活用には女性の気持ちがわかる管理職も必要です。例えば、「さいち」では、女性の専務が材料から味を毎日徹底的に管理し、惣菜の種類に適した担当者を振り分けています。看板の惣菜を任されると責任感も大きくなり、業務に取り組む意欲も高まります。女性ならではの味覚や心遣いが生かされていると言えるでしょう。男性・女性両方の管理職がいて初めて、組織全体の生産性を上げることができるのではないでしょうか?

女性活用を通じて、人材活用も成功させよう

今後の企業経営では女性活用が欠かせません。女性に優しい制度は、健康上の問題やひとり親の家庭に関する問題など、女性でなくても直面する問題への対応策ととらえられます。従業員を採用し教育してから即戦力になるまでには、相当な時間的・金銭的コストがかかります。みんなが働きやすい環境を整えることは組織全体を活性化し、優秀な人材の定着率を高めることにもなります。女性活用の取り組みは、生産性が低いといわれる日本の時間的な働き方を見直し、従業員一人ひとりの力を最大限活用することで生産性を上げる働き方を目指すものではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ