人事お役立ち

信念と情熱が美しいデバイスを生んだ~最新の伝記に描かれたスティーブ・ジョブズ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“Becoming Steve Jobs: The Evolution of a Reckless Upstart into a Visionary Leader”(ブレント・シュレンダー、リック・テツェリ共著)は、スティーブ・ジョブズの最新の伝記です。

著者のひとり、ブレント・シュレンダーは、ジョブズを25年にわたって取材したベテラン記者。数々のインタビューや個人的な交流の記録に基づいて、ジョブズの人生、特にビジネスライフを詳細に描いています。困難に面しても信念を曲げず、情熱的に製品開発に取り組むジョブズの姿が、ビジネスパーソンの心に響きます。

父親から教わった「モノづくり」

iPhoneやiPadを生んだアップルの創業者スティーブ・ジョブズ。それまで想像もできなかったような機能と美しいデザインを備えたデバイスは、「アートとテクノロジーの融合は、すばらしいものを生みだす」というジョブズの信念を具現化したものだといってよいでしょう。ジョブズは、最先端の技術を使った製品のなかに、まさに「アート」の領域に属するほどのデザイン性、製品の美しさを追求し続けました。

この伝記によると、そのルーツはジョブズが5、6歳のころにまでさかのぼります。ジョブズの父親は、根っからの「モノづくり好き」で、週末になると自宅のガレージで家具を作ったり、車を組み立てなおしたりしていたようです。彼は少年だったジョブズに工具を与え、使い方を教えると同時に、「何かを作るときは、目の届かない細部にまで可能な限り注意を払わなければいけないよ」と教えます。このころの経験が、ジョブズの「モノづくり」に対する姿勢の基礎を形作ったといえるでしょう。

ねじ一本にまで及んだこだわり

ジョブズは、普段の生活のなかでも美しくないものには我慢できなかった、と言われています。プライベートで食事に行ったレストランに設置されている照明のデザインまで酷評するほどですから、自らが手がける製品ともなれば、完璧な美しさを追求するのも当然のことでしょう。

ジョブズのこだわりは、ねじの加工面や、コンピューター内部の部品にまで及びました。それはときとして、製品の機能という観点からは全く外れたこだわりであったり、製品開発を遅らせる要因になったりすることも。しかし、ジョブズは美的感覚に合わないものは受け入れない、という信念を絶対に曲げませんでした。この徹底的に妥協を許さない姿勢が、卓越したデザインの製品を生んだのです。

部下たちへの粋(いき)な心配り

気性の激しさで知られていたジョブズですが、決して、部下たちへの思いやりや優しさに欠けていたわけではありません。年に一度、従業員の家族も含めて「ファミリーピクニック」を開いたり、従業員の家族が健康上の問題をかかえているときは、全力を尽くしてサポートしたりしました。

また、ジョブズが率いるチームで仕事をした経験のある従業員は、こう言っています。「彼は自分たちをよく守ってくれました。他部署の社員のことで不満をもらそうものなら、放たれたドーベルマンのような勢いで、すぐに電話で問題の社員をどなりつけていましたよ」。

こうしたジョブズのソフトな面は、年を経るにつれて増していったとか。上に立つ者として、チームをまとめ、リードしていく能力を徐々に身に付けていく様子が本書からうかがわれます。

“Becoming Steve Jobs: The Evolution of a Reckless Upstart into a Visionary Leader”は、ジョブズの情熱的な仕事への関わり方が、起業家に限らずビジネスパーソン全般に啓発を与えてくれます。また、人事の視点から読んでも興味深い内容です。そのポイントは、後篇『エンジニアたちが、「それでもスティーブと一緒に仕事をしたい」と思ったのはなぜか?』で解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
マイナビ転職では、母集団形成から採用業務の改善まで貴社の採用を支援する幅広い商品・サービスをご用意しています。
採用でお困りの際はお気軽にご相談ください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ