人事お役立ち

「ワーママ」の家事負担が減らない理由と、企業がワーママにできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、女性が結婚後、出産後も働き続けるケースは少なくありません。特に20代・30代の男性からは、「共働き」を望む声が増えています。婚活アプリを開発・運営するマッチアラームの調査によると、「結婚後も相手が働くことを応援しますか?」との質問に、20代・30代の独身男性の96.1%が「はい」と回答したそうです。

「相手の生き方を尊重したい」「社会に接することで刺激を受けられる」「経済的にお互い楽になる」など理由はさまざまですが、相手にも自分の好きなことをしてほしいという思いが感じられます。

一方で、家庭における家事の負担は、共働き家庭でも女性がその大半を担っているという調査結果も。総務省の平成23年度社会生活基本調査によると、共働き世帯における、1日あたりの男性の家事時間は12分、育児時間は12分であるのに対し、女性の家事時間は3時間27分、育児時間は45分となっています。

5年ごとに行われるこの調査によると、男性の家事時間や育児時間は年々少しずつ増えているものの、共働きであっても家事や育児の負担は女性に偏っているという事実は否定できません。

家事・仕事・育児に追われる「ワーママ」の1日

ここで、共働きで2歳の子どもが1人いるというワーママ、Aさんの1日についてご紹介しましょう。

Aさんは職場の同僚と結婚後、すぐに夫が海外転勤になったため退職しましたが、帰国後1児を出産して、仕事への復帰を希望します。幸い、勤めていた企業が「ジョブ・リターン制度」いわゆる再雇用制度を設けていたためこれを利用。残業や出張の多い元の総合職ではなく、定時に帰宅できる一般職として勤務を始めました。子どもは職場に併設されている保育園に預けています。

  1. Aさんのタイムスケジュール

  2. 6時 起床、洗濯、朝食の準備
  3. 6時30分 子どもを起こし朝食を食べさせ、自分も食べて食事の後片付け
  4. 7時 自分と子どもの身支度、夕食の下ごしらえ(夫はお風呂掃除、部屋の掃除、ゴミ出しなど)
  5. 8時 通勤、子どもを保育園に預ける
  6. 8時50分 出社
  7. 17時30分 退社
  8. 17時35分〜18時30分 子どもを保育園にお迎え、夕食の買い物なども済ませて帰宅
  9. 18時30分 洗濯物を取り入れ夕食の準備、子どもと一緒に夕食を食べ後片付け
  10. 20時 お風呂
  11. 21時 子どもを寝かしつける(自分も仮眠)
  12. 22時 洗濯物をたたむ、明日の準備(この頃夫が帰宅、夕食や晩酌に付き合う)
  13. 23時 就寝

Aさんの夫は、忙しい朝は一緒に家事をこなし、料理もできないわけではありません。しかし、子どもの就寝時間から逆算した夕食の時間には到底帰宅することができず、夕方以降の家事はほとんどAさんが担当することになってしまいます。

共働き家庭であっても、家事や育児にかける時間は女性の方が多くなってしまうのは、多かれ少なかれ、ワーママがAさんと似たようなタイムスケジュールで家事・育児をこなしているためではないでしょうか。

多忙な「ワーママ」を支えるために、企業ができること

それでもAさんは、夫が家事や育児に協力的なこと、職場に併設された保育所に子どもを預けられること、再雇用制度を利用して再就職でき、定時に退社できる職種を選べたことなど、自分は恵まれている方だと言います。

特に、会社が設置する保育所は、送り迎えの時間が節約できるうえ保育料も安く、精神面、肉体面、経済面などあらゆる点で助かっているそうです。

企業としては、こうした保育所の設置に加え、時短勤務制度や再雇用制度など、女性がそれぞれの事情にあわせて柔軟に働ける体制を整備することで、ワーママの働きやすさを向上させることができます。

また、家庭生活のパートナーであり、1番の理解者である男性社員も含めて、すべての社員が早く帰宅できるように推奨することも、ワーママの家事や育児への負担を軽減することにつながります。定時退社日の導入や残業規制など、誰もが早く帰って家事、育児に参加しやすい雰囲気をつくることも大切。

さらに、独身社員や家事、育児に比較的関与してこなかった年長の社員なども含め、職場全体にいわゆる「男女共同参画」への理解と、その前提として家事や育児もシェアすることへの理解を育みたいところです。

時間に制約のある子育て世代を応援

子育てをしながらの共働きは、子どものことを大切に思い、その生活を安定させようとすればするほど、どちらかが仕事の時間に制約をかけざるをえません。そうした負担が女性側に偏らないように、企業としてサポートできる体制や環境を整えたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
数多くの企業様の採用を支援してきたマイナビ転職まで、採用のご 相談や掲載へのお問い合わせなど、お気軽にお申し付けください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ