人事お役立ち

人事の仕事内容とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの企業に必ずと言って良いほど設けられている人事部。しかし、人事部は実際にどのような業務を担っているのかは知られていないこともあります。そこで、人事の仕事内容とその目的を再確認してみましょう。

人事の仕事で会社が変わる!?

人事とは企業を構成する3大要素である「ヒト(人材)」「モノ(資材・商品)・サービス」「カネ(金銭)」のうち、「ヒト」に深く関わります。社内外を相手に折衝・調整、さらに管理を行う業務を担う部門(担当)です。

例えば、周囲からもイメージしやすいのが採用業務です。しかし採用から入社までの流れを見ても、どのような人材を採用して企業の将来戦力に資するかは、人事の裁量・器量一つで決まるものとなります。具体的には、

・求人広告等の告知手段で、より多くの人に自らの会社を知ってもらう
・求人への応募者を面接等の選考手段で正確に見極める
・より高い能力、見識を持った人材を入社へ導く
・採用した人材を企業という組織の一員として迎え入れる

などといった流れがあり、企業の10年・20年後を見据えた人員構成を決めるのは、人事であると言っても過言ではありません。

「人事の決定ひとつで会社の行く末が変わる」

と言われるほど、企業内外の人材管理について、人事は極めて高度な判断・折衝能力を発揮する必要があるでしょう。その面では、まさしく企業の顔のような存在になります。

仕事内容は採用・研修だけじゃない!社員評価や給与管理まで!

人事とは、簡単に言えば人材を管理する仕事です。採用業務を例に取り上げましたが、もちろん仕事内容はそれだけに留まりません。代表的な4つの仕事内容について、それぞれ掘り下げてみましょう。

<人材採用(新卒、中途)>

企業の発展に伴う人材面の戦力強化、そして人員構成の変更によって生じる欠員に対して、適切な人材を外部から採用・配置する仕事です。
人材を採用するためには、まず求人広告の出稿や人材紹介会社等への求人票掲載などで、自社がいかに魅力的であるかを伝えます。また、採用人数によっては 会社セミナー等を実施し、自社への理解を深めてもらいます。その上で応募してきた候補者に対して、書類選考・面接等の選考を実施。最終選考等では、上位職 者と応募者のスケジュール調整も実施します。
晴れて内定となった応募者に対しては、労働条件の提示を行います。円滑に入社へ導くために、会社の状況や入社後のビジョンについて、応募者の興味をより掻き立てるよう説明を加えることもあるでしょう。

<教育研修>

入社直後の社員や既存社員、あるいは一定の職位についた社員に対して、より円滑に業務を進められるように教育を施します。その際、事前に年間の教育研修スケジュール・内容を計画するだけでなく、その計画に基づいて講師や会場、参加者への告知等の手配までが人事の役割です。
また、研修当日は運営事務局として、研修運営を管理監督。さらに研修後には必ず研修の効果測定を行い、研修内容やスケジュールを見直します。

<社員評価>

社員の昇降給・昇降格や賞与支給の金額算定の根拠となるのが、社員評価です。ここでの人事の役割は、社員評価制度に基づく正しい運用・評価算定方法を評価 者に教育研修し、また自己評価制度がある場合は、被評価者に対しても正しい自己評価を行うように教育研修を行うことです。その上で、査定された評価に対し 評点計算等を実施します。査定を最終調整・決定する評価会議や査定会議においては、事務局を務めます。
尚、社員評価制度については常に最新の情報・トレンドを社内外から集めることも重要です。より正確かつ公正な評価が行われるよう、社員評価制度の改定等を随時実施します。

<給与・賞与管理>

社員の労働の対価である給与、および成果の対価である賞与について計算を行い、その結果の金額を支給します。さらに税金・社会保険料等を控除するのが、給与・賞与管理です。
人事の役割には、経理部門が正しい金額を社員に銀行振込・現金支給ができるよう、その計算を正しく行うこともあります。その他、昇降給に伴う給与額の変更手 続や賞与の金額計算、社会保険料の算定等も人事の仕事です。年末には所得税を正しく控除するための年末調整を、社員から提出された書類を元に計算します。

人事が会社のエンジンに

人事は企業の顔として重要な存在であると共に、高い事務処理能力が求められる仕事です。「モノ(資材・商品)」「カネ(金銭)」は、基本的に正しい管理・ 仕入・出荷を行えば変質することはありません。しかし「ヒト(人材)」は正しい管理だけでなく、常に意欲をかき立てる要素が必要でしょう。こうしなければ、すぐに業務へ取り組む意欲を失ってしまいます。そのために、人事は新風を吹き込む人材採用を行い、教育研修などを行っているのです。社員の意欲向上のために人事は常に考え、動き続けなくてはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ転職で、採用活動をはじめてみませんか?

会員数・掲載案件数ともに業界最大級!
数多くの企業様の採用を支援してきたマイナビ転職まで、採用のご 相談や掲載へのお問い合わせなど、お気軽にお申し付けください。

採用のご相談・お問い合わせはこちら

03-6740-7228
受付 9:15~17:45(平日)

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ