検索結果

検索ワード「賞与」の検索結果一覧

検索対象

[賞与]の検索結果20
  • マイナビ転職 求職者キーワードランキング(2018年1月~3月)

    2018.5.15

    調査期間 2018年1月~3月 調査目的 求職者ニーズが求める転職先企業へのニーズ把握 求職者の方がマイナビ転職上で検索されたキーワードを、回数が多いものから順にランキングしています。貴社カテゴリーに関連する検索キーワードはございますでしょうか? 総合ランキングに加えて、業種別、職種別、待遇(条件)別、3つのカテゴリーに分けた検索ニーズランキングをご紹介します。 上位検索キーワード 1位:英語(―) 2位:アニメ(―) 3位:中国語(↑):前回4位 4位:学校法人(↓):前回3位 5位:年齢不問(↑):前回8位 6位:大学(↓):前回5位 7位:未経験(↑):前回9位 8位:事務(↓):前回7…

  • マイナビ転職 求職者キーワードランキング(2017年10月~12月)

    2018.2.8

    調査期間 2017年10月~12月 調査目的 求職者ニーズが求める転職先企業へのニーズ把握 求職者の方がマイナビ転職上で検索されたキーワードを、回数が多いものから順にランキングしています。貴社カテゴリーに関連する検索キーワードはございますでしょうか? 総合ランキングに加えて、業種別、職種別、待遇(条件)別、3つのカテゴリーに分けた検索ニーズランキングをご紹介します。 上位検索キーワード 1位:英語 2位:アニメ 3位:学校法人 4位:中国語 5位:大学 6位:スポーツ 7位:事務 8位:年齢不問 9位:未経験 10位:鉄道 カテゴリー別検索キーワード比率 検索キーワードをカテゴリーに分けてみる…

  • 冬の賞与に関する実態調査2017

    2018.1.19

    「2017年度 冬の賞与に関する実態調査」概要 調査地域/全国 調査方法/インターネット調査 調査期間/2017年12月15日(金)~12月19日(火) 調査対象/正社員で勤務する25・30・35歳のうち転職意向のある男女480人(回答内訳/25歳:160人、30歳160人、35歳160人) 調査目的/2017年冬の賞与に関する実態を把握する 冬の賞与額は、4割強が前年と変わらないと回答。当面の課題は、60人未満の小規模企業の賞与額が、中堅企業・大企業ほど回復していないこと。 調査対象者の冬の賞与額は、平均値が51万円・中央値が35万円。 ■この冬(2017年)における賞与額■ 2017年の冬…

  • 7つの隠された退職理由:離職率を下げるために企業ができること

    2018.1.18

    組織の力をあげるには、企業文化にあう優秀な人材を採用することとあわせて、離職率を下げることが大切です。しかし現実には、退職しそうな人を引きとめることは容易でなく、対策が難しい分野でもあります。 従業員エンゲージメントと人材の定着を専門とするコンサルタント、レイ・ブランハム氏の著書『The 7 Hidden Reasons Employees Leave』には、退職を決めた人達への聞き取り調査やアンケート調査の結果から、社員が退職を決意した原因を追究し、退職を防ぐための対策が提案されています。 本書のなかで紹介されている調査結果によれば、平均的な社員が1人退職したときのコストは、その人の1年分の…

  • 「転職賃金相場2017」の編纂に協力いたしました

    2017.12.18

    「転職賃金相場2017」がリリースされました! 民間人材サービスの業界団体で構成する人材サービス産業協議会(JHR)では、このたび初の試みとして、代表的な職種の中途採用における年収がわかる『転職賃金相場2017』をまとめました。 IT営業やエンジニア、経理財務や人事といった募集件数の多い職種だけでなく、人材不足が顕著である施工管理やデータサイエンティストなど計15職種を取り上げ、首都圏・東海・近畿の3エリアにおける募集時最低年収や最高年収を集約し、年収相場を明示した、業界初の調査資料となります。 政府が「働き方改革」を標榜する中、中途採用市場において、媒体記事や紹介の場で提示される年収がはたし…

  • 夏の賞与に関する実態調査2017(マイナビ転職)

    2017.8.8

    「マイナビ転職 2017年度 夏の賞与に関する実態調査」概要 調査地域/全国 調査方法/インターネット調査 調査期間/2017年7月14日(金)~7月20日(木) 調査対象/正社員で勤務する25・30・35歳の転職意向のある男女で、2016年夏に賞与を給付された人480人(回答内訳/25歳:160人、30歳160人、35歳160人) 調査目的/2017年夏の賞与に関する実態を把握する 調査対象者の夏の賞与額は、前年より増加し、最多層は30万円台。使い道は預貯金が最も多く、貯金する場合、賞与の半分以上という人が大多数を占める結果。 調査対象者の夏の賞与額の最多層は、2016年と同様で「30万円台…

  • ベースアップの実態と転職意識調査 2017年(マイナビ転職)

    2017.6.29

    調査対象 正社員で勤務する25・30・35歳の転職意向のある男女480人 調査期間 2017年5月26日(金)~5月31日(水) 調査目的 2017年度のベースアップに関する実態を把握する 2017年春季、ベースアップがあった人は約3割。運輸・物流業は大幅増で過半数がベアありの結果に 2017年春季のベースアップ(以下:ベア)の有無を聞いたところ、「ベアがあった」は33.3%※(前年比4.6pt増)で、前年をやや上回った。「定期昇給とベアの両方あった」は22.5%で、2015年の18.1%、2016年の18.7%と比較し高い水準となった。一方、「定期昇給とベアの両方ともなかった」層も33.1%…

  • 採用の法律知識|労働契約のイロハ。賃金・業務内容・休暇…採用後のトラブルリスクを回避する労働契約書の書き方

    2017.6.9

    採用時に取り交わす書類の数々。その中には「必ず書類で明示しなければならない項目」があることを知っていますか? 雇い入れ通知書・労働条件通知書など多種多様な名称で呼ばれる書類ですが、どんな事項を記載しておかなければならないのでしょうか。 労働契約はどのように成立? 中途採用の場合も新卒採用の場合も、就職に際しては会社と労働者との間で「労働契約」が結ばれることになります。労働契約は、「ここで働いてもらう代わりに賃金を支払います」「この会社で働きます」という意思表示をお互いにすれば成立します。 労働契約法6条 労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて…

  • 業績の良い企業はここが違う!
    企業の生産性向上の決め手、従業員エンゲージメント

    2017.3.28

    福利厚生や賞与、休暇などの待遇をよくしているのに業績があがらないといった悩みはありませんか?その原因は、従業員がやりがいを感じていない状態、すなわち従業員エンゲージメントが低いせいかもしれません。 従業員の仕事への熱意のもとになっている要素のひとつが従業員エンゲージメントです。従業員エンゲージメントとは、従業員が企業に対して愛着を感じるとともに、企業の将来像(ビジョン)や価値観に共感することで、自社の存続や成長に積極的に関わっていこうとする行動のこと。 過去の研究からも、エンゲージメントが高くなると従業員が自ら成果を求めて行動できるようになり、企業の業績に影響をあたえることがわかっています。 …

  • 冬期賞与に関する実態調査2016(マイナビ転職)

    2017.1.24

    調査対象 正社員で勤務する25・30・35歳のうち転職意向のある方 調査期間 2016年12月15日〜2016年12月19日 調査目的 2016年冬期賞与に関する実態を把握する 2016年冬期賞与額は、平均値が72万円・中央値が36万円。転職を慰留させられる(思いとどまる)冬期賞与額は、平均値が112万円・中央値は60万円で、実支給額の1.5倍以上を希望する結果に 調査対象者の冬期賞与額は平均値は72万円、中央値は36万円。100万円以上支給された人が17.7%を占め、平均を押し上げる。一方、賞与が支給されていない人も16.7%存在。 2016年の冬期賞与額 支給されてない 16.7% 10万…

  • 夏の賞与に関する実態調査2016(マイナビ転職)

    2016.8.23

    調査対象 正社員で勤務する25・30・35歳の転職意向のある方で、2016年夏に賞与が支給された方 調査期間 2016年7月15日〜2016年7月22日 調査目的 2016年夏の賞与に関する実態を把握する 調査対象者の夏の賞与額は、最多層が前年の「20万円台」から「30万円台」に 調査対象者の夏の賞与額は前年より増加。最多層が「20万円台」から「30万円台」にシフト 2016年夏の賞与額を聞いたところ、「30万円台」が19.6%と最多となった。 前年夏と比較すると、最多層が「20万円台」から「30万円台」へとシフトした。 また、20万円未満が5.1pt減少し、100万円以上が5.5pt増加した…

  • ベースアップの実態と転職意識調査 2016年(マイナビ転職)

    2016.7.3

    調査対象 正社員で勤務する25・30・35歳の転職意向のある男女696人 調査期間 2016年5月26日(木)~5月30日(月) 調査目的 2016年度のベースアップに関する実態を把握する ベースアップ金額の最頻値は、昨年の「5000円以上」から「1000~1999円」へダウン。ベースアップ額が想定より多い場合、転職意向を弱める層が25%存在し、昨年と比較して増加 ベースアップを受けた割合は昨年と変わらず3割弱。IT関連で増加し、金融・不動産関連で減少 2016年度のベースアップの有無を聞いたところ、「ベースアップがあった」は約3割で、昨年と同水準であった。 「ベースアップがあった」割合は業種…

  • 冬の賞与に関する実態調査 2015年(マイナビ転職)

    2016.1.27

    ~調査対象者の冬の賞与額は10万円台から50万円台までで7割を占め、中央値は38万円。約半数が金額は前年と変わらないと回答。賞与額が前年より減少した場合、転職意向を強める傾向~

  • 定期健康診断の実施は会社の義務|人事向け「定期健康診断」基礎知識

    2016.1.15

    毎年、案内通知が来るたびに、面倒に思う人も少なくない健康診断。人事・労務の担当者としては、社員全員にきちんと受診させたいところです。社員全員にしっかりと受診してもらうためにも、まずは担当者の側から健康診断への理解を深めていき、確実に受診してもらうための対策について考えましょう。 企業は、なぜ健康診断を実施しなければならないのか? 健康診断の実施は、法律上、会社の義務です。会社は人を雇って利益を上げている反面、使用者である責任を負っています。その「使用者責任」の一環として、従業員の健康や身体の安全を管理する義務があるのです。 健康を損なってしまった従業員を、そのまま過酷な業務に就かせたり、長時間…

[賞与]の検索結果20