検索結果

検索ワード「女性」の検索結果一覧

検索対象

[女性]の検索結果50
  • 「入社後、すぐ退職」の悲劇を防げ! 適材適所な人材配置をする6つのノウハウ

    2017.10.17

    やっとの思いで採用した貴重な人材が、入社後すぐに退職してしまった……。あなたも、そんな苦い経験が一度はあるでしょう。入社直後の早期離職は、ただ徒労感が残るだけでなく、会社全体の士気にも悪影響を及ぼします。 人事担当者は、採用において「入社確定」すれば、なんとなく一仕事終えた気分になるものです。しかし、実はその後に必要になる「人材配置」も、決して気を抜いてはいけない大仕事。この作業を適切に行わなければ、早期退職が発生しやすくなってしまうからです。 ここでは、人材配置を成功させる方法について、要点を絞って解説していきます。 ①人材配置のミスマッチを防ぐキーマンは“人事担当者”であることを自覚する …

  • 求職者の気持ちは“しぐさ”に表れる。有名心理学者が教えるホンネの見抜き方

    2017.10.13

    人事のみなさんは、今まで一度は「採用面接で求職者に嘘をつかれて、入社後に痛い目を見た」という経験があるのではないでしょうか。また、嘘とまでは言わなくとも、入った後にマインドやスキルに期待とのギャップがあり、それが原因でトラブルになるケースもあるでしょう。 このような事態を回避するために、採用面接ではどのような対策をとるべきなのでしょうか。そのひとつとして、求職者の発する言葉の内容ではなく「行動」を元にして、相手の本音を見抜くという方法があります。 今回は、ビジネス心理学の第一人者であり『「人たらし」のブラック心理術』『【図解】読心術トレーニング』など多数の著書を持つ内藤誼人(ないとう・よしひと…

  • 【贅沢な悩み】採用候補者が“多すぎて”困っている人事へ。いますぐできる絞りこみ方の基本

    2017.9.26

    「面接の最終選考に、複数の候補者が残ってしまった」 「どの人も魅力的で、どうしても絞りきれない……」 贅沢な悩みではありますが、採用担当の仕事をしていると時おりこんなシチュエーションに遭遇します。全員採用できればいいのですが、予定数が決まっており、どうしても誰かを落とさなければいけないケースも多いでしょう。そんなとき、採用担当者はどんな方法を取るのがベストなのでしょうか? 今回はその方法を ①候補者全員を採用できる可能性が少しでもある場合にすべきこと ②候補者を絞りこまなければいけない場合にすべきこと ③絶対にやってはいけないこと の3パターンに分けて解説していきます! ①候補者全員を採用でき…

  • 「仕事は人間関係が9割」の著者が教える!5つのケースから学ぶ職種別・メンタルケアのコツ

    2017.9.22

    目次 CASE1. 営業職 ~主なストレス要因 「自責の念」と「上司からの叱咤」~ CASE2. 事務職 ~主なストレス要因 成果軸が曖昧でわかりにくい~ CASE3. エンジニア ~主なストレス要因 人間関係・コミュニケーションの悩み~ CASE4. 人事・総務 ~主なストレス要因 自身のキャリア形成~ CASE5. マネージャー ~主なストレス要因 部下に高い期待をかけすぎる~ 心を病んでいる兆候を、しぐさや行動などから見抜く方法 社員のストレス軽減のために知っておいてほしいこと みなさん、こんにちは。宮本 実果(みやもと みか)です。わたしは、産業カウンセラーとして2007年に開業し、1…

  • 3つの失敗談から学ぶ育成の心得|育成しくじり先生 俺みたいな上司になるな!!

    2017.9.12

    社会人として長年働いていると、“後輩を育てる”ことを必ずどこかで経験します。本記事の読者にも、育成経験のある方はたくさんいるのではないでしょうか。 その中には、「上手に育成できた」という自負のある方もいるでしょうし、その反面、「育成に失敗した」という苦い記憶をお持ちの方も少なからずいるでしょう。そして、そのネガティブな記憶は、なるべく公にはしたくないかもしれません。 ですが、普段は語られることのないその“失敗”にこそ、育成を成功させるヒントは隠されています。なぜなら、失敗の原因を分析することで、人材育成における課題とその対処方法が浮き彫りになるからです。 ここでは、3人の人事担当者にご登場いた…

  • 3つの失敗談から学ぶ採用の心得|採用しくじり先生 俺みたいな人事担当者になるな!!

    2017.8.29

    採用の成功事例と比較すると、採用の“失敗事例”を語りたがる人事担当者は少ないものです。それもそのはず。多くの企業にとって、失敗事例とはなるべく隠しておきたいネガティブな情報。それを語るなどもっての外だというのが一般的な考え方でしょう。 ですが、普段は語られることのないその情報にこそ、採用成功のヒントは隠されています。なぜなら、失敗の原因を分析することで、その企業が採用において抱えている課題が浮き彫りになるからです。 ここでは、3人の人事担当者にご登場いただき、採用における失敗談を語ってもらいました。各エピソードから、採用業務のエッセンスを学んでいきましょう。 しくじりケースNo.1 大企業に勤…

  • 夏の賞与に関する実態調査2017(マイナビ転職)

    2017.8.8

    「マイナビ転職 2017年度 夏の賞与に関する実態調査」概要 調査地域/全国 調査方法/インターネット調査 調査期間/2017年7月14日(金)~7月20日(木) 調査対象/正社員で勤務する25・30・35歳の転職意向のある男女で、2016年夏に賞与を給付された人480人(回答内訳/25歳:160人、30歳160人、35歳160人) 調査目的/2017年夏の賞与に関する実態を把握する 調査対象者の夏の賞与額は、前年より増加し、最多層は30万円台。使い道は預貯金が最も多く、貯金する場合、賞与の半分以上という人が大多数を占める結果。 調査対象者の夏の賞与額の最多層は、2016年と同様で「30万円台…

  • 中小企業だからこそ、リモートワークを実践できるのか

    2017.8.1

    “働き方改革”が声高に叫ばれるなか、副業解禁と並んで注目されているのが「リモートワーク」です。リモートワークとは、働く場所を会社のオフィスに限定せず、自宅や外出先など遠隔で働くこと。近年日本企業では、パナソニックやリクルート、トヨタ自動車などの大手企業が導入を進めている制度です。 労働者にとって、仕事と育児や介護の両立が容易になることに加え、通勤ラッシュ時のストレスや移動時間の短縮など、大きなメリットと言えるでしょう。けれども、経営者目線で考えてみるといかがでしょうか。社員がどこで何をしているのか分からず、生産性を心配する声もあれば、勤怠や情報の管理を社員に任せることを不安に思う人もいるでしょ…

  • 「同一労働・同一賃金」は職場の活性化とダイバーシティの実現に寄与するのか?実現に向けてのポイント

    2017.5.24

    2015年9月9日参議院本会議にて、いわゆる「同一労働同一賃金推進法」が可決、成立しています。派遣労働者と派遣先の正社員との賃金格差の是正に向けて審議されていた、この「同一労働同一賃金」というテーマについて改めて考えてみましょう。 そもそも同一労働同一賃金って何? 同一労働同一賃金とは、言葉どおり、労働内容が同じなら賃金も同じ水準で支給するということ。 しかし、実際は会社員が全く同じ職務・職責・労働時間・労働内容であった場合でも、雇用契約の内容が違えば賃金水準が異なる場合がありえます。 とはいえ、契約内容が違うというだけで給与に差をつけるということは、使用者による恣意的な差別につながることから…

  • 内定辞退者の防止策|事例から考える、求職者の志望度の上げ方

    2017.5.9

    「優秀な人材が確保できた!」と喜んでいたのも束の間、「ほかの会社が決まったので…」と内定辞退の連絡。 中途採用につきものの光景ですが、それが毎回、連続して起こるのだとしたら、それは自社の採用やアピール方法に問題がある可能性も。 実際に内定辞退をした転職者の“声”から、考えられる改善ポイントを探っていきましょう。 まずは面接官の「意識改革」に取り組もう 応募者と企業が直接顔を合わせる「面接」は、応募者にとって「自分の熱意を伝え、内定を得る」だけでなく、その会社で働く社員の人となりや雰囲気を知るための貴重な場でもあります。そのため、やはり直接、応募者と向き合い、会話を交わす面接官の対応には心を配り…

  • ワーママだけじゃない!従業員満足感の高い「短時間勤務制度」とは?

    2017.4.12

    2009年度から企業に義務付けられた「短時間勤務制度」の導入。出産を終えて復帰する働くママには積極的に利用され、その評価も高いものとなっています。一方で、働く時間が短い分、人事評価が下がったり働く職場が限定されたりといった課題も。 今回は、そんないわゆる「時短勤務」を、企業・従業員双方にとってより満足感の高いものにするために、企業ができることについて考えます。 従業員・企業の感じる「短時間勤務制度」の問題点 短時間勤務制度とは、2009年の育児・介護休業法の改正で、「3歳未満の子供を養育する労働者に対して、原則6時間の短時間勤務を認める」ように、企業に義務付けられたもの。 これを機に制度を導入…

  • 企業の生産性向上の秘訣は、女性活用にあり!

    2017.3.22

    女性活用の目安ともなる、女性管理職の比率の高い企業が増えてきました。こうした企業に共通しているのは、女性に限らずすべての従業員が働きやすく人材定着率も高いということ。女性活用に取り組めば、すべての人材の活用や優秀な人材の定着率の向上につながることを、実例とともにご紹介しましょう。 女性の働き方を見直せば、組織全体の生産性が上がる 日経ウーマンと日経ウーマノミクス・プロジェクトが共同で実施した、2015年版「企業の女性活用度調査」では、2年連続資生堂が1位に輝きました。最近では、こうした女性に深くかかわる業種だけでなく、セブン&アイ・ホールディングスやANAなど、男性型といわれる流通業や製造業も…

  • 人事部なら再チェックしておきたい!2017年の法改正内容

    2017.3.8

    年度末は、人事部にとっても慌ただしい時期。通常の業務でも手一杯になりがちですが、各種法改正に対する対応も急がれる微妙なポジションと言えるのではないでしょうか。今回は、今年(平成28年)~来年(平成29年)にかけて施工となっている法改正事項についてご紹介します。 保険料率の変更 まずは、「厚生年金保険料改定」です。平成16年の法改正に伴い、平成29年9月まで毎年保険料の改定が決定しています。平成28年9月から厚生年金の保険料率は、標準報酬月額の17.828%から、18.182%に変更になっています。 毎年度のこととはいえ、保険料改定に伴う保険料控除を行い、給与支払額の金額変更を忘れてはいけません…

  • 労働市場レポート 2017年03月版(01月実績)

    2017.3.3

    調査対象 厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」 調査期間 2017年01月01日~2017年01月31日 調査目的 毎月の労働市場の実態を明らかにする 有効求人倍率は横ばい。完全失業率は3.0%に改善。 有効求人倍率(2017年01月の実績) 完全失業率(2017年01月の実績) 総務省が発表した2017年1月の完全失業率(季節調整値)は3.0%となり、前月の3.1%から改善した。3.0%は昨年10月以来、3カ月ぶりの低水準。厚生労働省が発表した同月の有効求人倍率(季節調整値)は1.43倍と前月から横ばいだった。 完全失業率は、特に男性が前月に比べて0.3ポイント低下して…

[女性]の検索結果50