検索結果

検索ワード「労働市場」の検索結果一覧

検索対象

[労働市場]の検索結果127
  • 「女性活躍推進法」の施行から3年経っても2018年男女平等ランキング110位!?日本の「働く女性の現在と未来」

    2019.8.14

    2016年4月から女性活躍推進法が施行され、そろそろ満3年が経過しようとしています。既婚女性の就業率や、男女間の所得格差などは改善の方向に向かっているものの、国際的な統計データで「男女平等」指標を比較してみると、世界全体で見ても日本はまだまだ社会における女性の地位が男性に比べて著しく低いままなのが現状です。当然、日本政府としても女性の地位向上を目指して懸命に取り組みを続けています。 そこで、今回は現在働く女性が置かれている現状と、政府が目指している最新のヴィジョンや施策などを俯瞰しつつ、今後各企業が女性活躍を推進するためにどのような対策を講じればよいのか、人事担当として何をすべきなのかを解説し…

  • エリア別求人倍率2019年8月版(2019年6月実績)

    2019.8.6

    調査対象 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」(季節調整値)(新規学卒者を除きパートを含む) 調査期間 2019年6月 調査目的 エリア別求人倍率の推移の把握 エリア別求人倍率 実績 新規求人倍率の実績 昨年同月比の実績では全エリアでマイナスとなっています。(下表参照) 特にマイナスの大きいエリアは、北関東・甲信(-0.17)、東北(-0.15)、東海(-0.14)、とやや東日本エリアが目立つ結果に。 有効求人倍率の実績 マイナスとなっているエリアが5エリアと、先月の3エリアより拡大傾向です。 東北エリア、北陸エリア、東海エリアは前月に続きマイナス。今月はさらに南関東・甲信、九州・沖縄エリアが…

  • 労働市場レポート 2019年8月版(2019年6月実績)

    2019.8.3

    調査対象 厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」 調査期間 2019年6月 調査目的 毎月の労働市場の実態を明らかにする 有効求人倍率 厚生労働省が発表した2018年6月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月より0.01ポイント減少し「1.62倍」。2ヵ月連続の減少となりました。2ヵ月連続の減少は過去5年間では記録がなく、求人市場の変化を予感させるような結果となっております。 完全失業率 総務省が発表した労働力調査によると、完全失業者数は前年同月比6万人減少。前月比でも3万人減少となっています。 完全失業者率でみても、先月比、前年比共に0.1ポイント減少の「2.3%」となって…

  • エリア別求人倍率2019年7月版(2019年5月実績)

    2019.7.3

    調査対象 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」(季節調整値)(新規学卒者を除きパートを含む) 調査期間 2019年5月 調査目的 エリア別求人倍率の推移の把握 エリア別求人倍率 実績 新規求人倍率の実績 全国平均では、昨年同月比で0.09ポイントの上昇ながら、先月比ではマイナス0.02ポイントとなっています。 エリア別に見ると、6エリアが上昇。中でも北海道エリアと北関東・甲信エリアの2エリアが0.2ポイント以上の伸びを示しています。 一方でマイナス成長エリアの中では、中国エリアがマイナス0.15ポイントと全国唯一0.1ポイント以上の減少となりました。 有効求人倍率の実績 昨年同月比では、近畿以…

  • 労働市場レポート 2019年7月版(2019年5月実績)

    2019.7.1

    調査対象 厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」 調査期間 2019年5月 調査目的 毎月の労働市場の実態を明らかにする 有効求人倍率 厚生労働省が発表した2018年5月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月より0.01ポイント減少し、1.62倍。2018年12月以来7か月ぶりの減少となりました。 完全失業率 総務省が発表した労働力調査によると、完全失業者数は前年同月比7万人上昇。前月比では11万人減少となりました。 完全失業者率では、先月と同ポイント、前年比共に0.2ポイント上昇となっています。 労働力指標

  • エリア別求人倍率2019年6月版(2019年4月実績)

    2019.6.7

    調査対象 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」(季節調整値)(新規学卒者を除きパートを含む) 調査期間 2019年4月 調査目的 エリア別求人倍率の推移の把握 エリア別求人倍率 実績 新規求人倍率の実績 全国平均は、昨年同月比が先月に続く上昇。上昇値も+0.11ポイントと大幅な伸びとなっています。 エリア別では、近畿(+0.23)、中国(+0.22)、北海道(+0.22)が平均値を押し上げる上昇値。 一方で、マイナス成長は東北(-0.03)と北関東・甲信(-0.05)の2エリアのみとなっています。 有効求人倍率の実績 全国平均は、昨年同月比では、0.04ポイントの上昇ながら、前月比では6か月連…

  • 労働市場レポート 2019年6月版(2019年4月実績)

    2019.6.6

    調査対象 厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」 調査期間 2019年4月 調査目的 毎月の労働市場の実態を明らかにする 有効求人倍率 厚生労働省が発表した2018年4月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同数値の1.63倍。2018年11月以来6か月連続同数値が続いています。 完全失業率 総務省が発表した労働力調査によると、完全失業者数は前年同月比4万人減少。前月比では2万人増加の176万人となっています。 完全失業者率で見ますとは、前年同月比、前年比共に0.1ポイントの減少となります。 労働力指標

  • エリア別求人倍率2019年5月版(2019年3月実績)

    2019.5.8

    調査対象 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」(季節調整値)(新規学卒者を除きパートを含む) 調査期間 2019年3月 調査目的 エリア別求人倍率の推移を把握する エリア別求人倍率 実績 新規求人倍率の実績 全国平均では、昨年同月比0.01ポイント上昇の2.42。 昨年同月比の上限値で比較すると、エリア毎の振れ幅が大きく、最大の上昇値が中国エリアの0.18ポイント、一方最大のマイナス成長は北関東・甲信エリアの0.21ポイントと、0.39ポイントの開きとなっています。 有効求人倍率の実績 新規求人倍率同様、中国エリアの上昇が高く、昨年同月比0.13ポイントの上昇。全国唯一0.1ポイント以上の上昇…

  • 労働市場レポート 2019年5月版(2019年3月実績)

    2019.5.7

    調査対象 厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」 調査期間 2019年3月 調査目的 毎月の労働市場の実態を明らかにする 有効求人倍率 厚生労働省が発表した2018年3月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同数値の1.63倍。2018年11月以来5か月連続同数値が続いています。 完全失業率 総務省が発表した労働力調査によると、完全失業者数は前年同月比1万人増加。前月比では18万人増加となっています。0.1ポイント改善し、2.3倍。 完全失業者率は、前年同月比同ポイントの2.5%、前月比0.2ポイント上昇となっています。 労働力指標

  • 労働市場レポート 2019年4月版(2019年2月実績)

    2019.4.1

    調査対象 厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」 調査期間 2019年2月 調査目的 毎月の労働市場の実態を明らかにする 有効求人倍率 厚生労働省が発表した2018年2月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同数値の1.63倍。 2018年では、9月に次ぐ2番目に高い求人倍率ながら、過去4か月間変動なく、高止まりが続く状態となっています。 完全失業率 総務省が発表した労働力調査によると、完全失業率は前月比で0.1ポイント改善し、2.3倍。 完全失業者数は、前年同月比・前月比ともに10万人減少し、156万人。 労働力指標

  • エリア別求人倍率2019年4月版(2019年2月実績)

    2019.4.1

    調査対象 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」(季節調整値)(新規学卒者を除きパートを含む) 調査期間 2019年2月 調査目的 エリア別求人倍率の推移を把握する エリア別求人倍率 実績 新規求人倍率の実績 全国平均では前年同月比で0.2ポイントの上昇。 最も上昇しているエリアは中国エリアで、0.36ポイント。続いて東海エリア(0.33ポイント)、近畿エリア(0.27ポイント)、北関東・甲信エリア(0.25ポイント)と4エリアが0.2ポイント以上の上昇となっています。一方で、北陸エリアが全国唯一のマイナスポイントとなっています。 有効求人倍率の実績 全国平均では、昨年同月より0.05ポイントの…

  • エリア別求人倍率2019年3月版(2019年1月実績)

    2019.3.1

    調査対象 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」(季節調整値)(新規学卒者を除きパートを含む) 調査期間 2019年1月 調査目的 エリア別求人倍率の推移を把握する エリア別求人倍率 実績 新規求人倍率の実績 近畿エリアが前年同月比で最も上昇。続いて、東海・南関東・四国の3エリアが同水準での上昇となっています。 また、北陸エリアが全国で唯一のマイナス実績となっております。 有効求人倍率の実績 全国平均では、0.04ポイントの上昇ながら、唯一東北エリアのみ0.01ポイントのマイナス値。 中国エリアの上昇値が最も高く、前年同月比0.09ポイント。続いて、東海エリアと近畿エリアが0.07ポイントの上昇…

  • 労働市場レポート 2019年3月版(2019年1月実績)

    2019.3.1

    調査対象 厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」 調査期間 2019年1月 調査目的 毎月の労働市場の実態を明らかにする 有効求人倍率 2019年3月(2019年1月実績)の有効求人倍率は、3ヵ月連続で変動がなく「1.63」 正社員のみの数値では前月比マイナス0.36ポイントの「2.13」。10月の実績以来3ヵ月ぶりに減少数値となっています。 完全失業率 完全失業者は、先月比・前年同月比ともに7万人増加。男女比では、女性の失業者数が多い結果となっています。 労働力指標

  • 労働市場レポート 2019年2月版(2018年12月実績)

    2019.2.1

    調査対象 厚生労働省「一般職業紹介状況」、総務省統計局「労働力調査」 調査期間 2018年12月 調査目的 毎月の労働市場の実態を明らかにする 有効求人倍率 厚生労働省が発表した2018年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同数値の1.63倍。2018年では、7月、8月、11月と並ぶ2番目に高い求人倍率となりました。 完全失業率 総務省が発表した労働力調査によると、完全失業率は0.1ポイント改善し、2018年では6月、10月と同ポイントとなりました。 労働力指標

[労働市場]の検索結果127