検索結果

検索ワード「優秀な人材」の検索結果一覧

検索対象

[優秀な人材]の検索結果119
  • 目標の可視化が人材と組織の成長を促す!人事評価制度の重要性

    2020.6.25

    キャリア人材や外国人労働者の採用が進む昨今、年功型の給与体系から個々の能力に合わせた給与体系への見直しが求められています。しかし、まだまだ見直しが進んでいないのが現状です。その原因にあるのが、人事評価制度。これからの時代に合った人事評価制度の導入が優秀な人材の獲得、定着につながっていきます。 今回は、人事評価クラウドサービスを提供する株式会社HRBrainの代表である堀浩輝さんに、個々を評価する人事評価制度が経営にどのような影響を与え、企業成長にどう貢献していくのかを具体的にお伺いしました。 目標設定の問題点 人事評価制度を考えるうえで「目標設定」が一つ重要な要素になるかと思いますが、堀さんは…

  • 優れた人材の退職を防ぐシンプルな戦略

    2020.6.17

    シャロン・ジョーダン・エバンス氏とビバリー・ケイ氏のベストセラーで、現在第5版が出版されている『Love “Em or Lose “Em』。この本は、長年に渡り管理職のコーチングやリーダー育成などを専門としてきた著者が、従業員を退職させないための26のシンプルな戦略を、AからZのアルファベット順に提案しています。どの章から読み始めてもよく、管理職のための手引書としても役立つ作りです。 従業員の熱意を上げ退職させないための26の戦略 『Love “Em or Lose “Em』-「従業員を愛するか、それとも失うか」というタイトルからも分かるように、…

  • テレワーク社宅で優秀な人材の退職を防止。社員のエンゲージメントを高める新たな取り組みとは

    2020.6.9

    少子高齢化、労働人口の減少が進むなか、人材確保は多くの企業の存続を揺るがしかねない深刻な経営課題となっています。多くの企業が、複数のチャネルを利用して求職者と接点を持ち人材確保に取り組んだり、社員の定着化を図るために人材育成の強化や福利厚生の充実、新たな人事制度、評価制度を導入したりと、さまざまな取り組みを行ってきました。 ところが、新型コロナウィルスの流行に伴い、社員の仕事や会社に対する価値観が変化する中、このような企業の取り組みもパラダイムシフトに適応していかなければいけません。今回は、アフターコロナも見据えた、新たな福利厚生の在り方「テレワーク社宅」についてご紹介します。 新型コロナウィ…

  • 人事から“CHRO”へ変身!社員が力を発揮できる組織をつくるCHROの目指し方

    2020.6.4

    強い組織づくりを実現していくために、CHRO(最高人材リソース責任者)を置く企業は増えてきました。しかし、まだまだCHROの存在価値が各企業に広まりきっていないのが現状です。そこで、会社にCHROがいることで、社員と組織の関係がどれほど最適になり、力を発揮できる組織になるのか。社外CHROサービスを企業に提供する株式会社RECOMO代表の橋本祐造さんにお話をお伺いしました。 CHRO(最高人材リソース責任者)の役割 CHRO(最高人材リソース責任者)とは、どのようなポジションを指すのでしょうか? CHROとは、一言で定義すると「人がベストパフォーマンスを発揮できる状態を作ることに対して責任を持…

  • 売り手市場の今だからこそ採用は焦らず辛抱強く

    2020.5.26

    欠員を一刻も早く補充する必要があり、社内から急いで欲しいと圧力がかかることがしばしばあります。こういった状況では、採用が進まない焦りから、選考基準を下げて、妥協して採用するかどうかを検討しがちです。 しかし、現場オペレーションに致命的な支障が出る場合を除いて、基本的には選考基準を下げることはNGです。 そのことは頭ではわかっていても、妥協のない採用の実行は非常に難しい問題であることもまた、現場ではよくあることです。 今回は筆者の失敗談とともに、しっかりと採用基準を守る必要性を紹介いたします。 誰を選ぶかは徹底的にこだわる 従業員は、一番の財産でもあり、一番の課題ともなり得る なぜ「採用活動」は…

  • 全社員が採用に取り組む「スクラム採用」。社員を巻きこむメリットと取り組み方。

    2020.5.6

    「終身雇用制度」が崩壊しつつあり、新たな働き方が多く見られるようになっています。日々人の流動は大きな変化を遂げていることを実感する瞬間があるのではないでしょうか。 近年、新たな採用活動のひとつが全社員が一丸となって採用を行う「スクラム採用」。これまでの採用活動とは、どのような点が異なるのか、また採用力向上の可能性はどんなところに秘められているのでしょうか。今回はそんな「スクラム採用」について解説します。 スクラム採用とは? 従来、採用活動といえば人事部の担当者が全て行うものとされていました。しかし、社員からの紹介がもととなる「リファラル採用」やSNSでの応募など、人事部の管轄外から採用活動が始…

  • まだ経験者だけ採用しているの?磨けば光る未経験者採用のメリット

    2020.4.30

    「経験者を採用したい」 人事担当者であれば、みなさん同じ想いではないでしょうか。 経験者を求めるあまり、採用が長期化し、求める人材がなかなか採用できないことがあります。 資格が必要な業種以外は、経験者に限定せず、未経験者まで視野を広げることをおすすめします。 実際に、マイナビ転職のデータでは「職種(仕事の種類)未経験者」を歓迎している割合は78.4%、4分の3の求人が未経験者もウエルカムという企業が増えています。 磨けば光る未経験者を見極めるポイントと、採用メリットについてお伝えします。 磨けば光る未経験者の要素とは? 選考において、これまでの経験・成果を見る際に、見極めるべき2つの能力があり…

  • チームワーク力は、リーダーが創りだす心理的安全性にあった!

    2020.4.22

    多様な人材が集まり、多様な働き方が広まっている現代において、会社がひとつとなり、しっかりと業績を伸ばしていくには、チームワーク力が今まで以上に必要になっています。しかし、今までと同じやり方ではリーダーについてくる部下はいません。部下全員が同じゴールを目指し、チームに誇りを持ち、仕事に励めるチームにしていくために、リーダーはどのようなチーム作りをしていくべきなのか。長年、チームワークとリーダーシップの研究をされてきた村瀬様にお聞きしました。 チームワーク力のある組織とは はじめに、チームワーク力に欠ける組織の特徴とその原因についてお聞かせください。 チームワーク力が欠けている組織というのは、チー…

  • 「健康経営」が“会社”と“社員”にもたらすメリット・デメリットとは?

    2020.4.21

    長時間労働などにより、従業員を疲弊させるブラック企業は後を絶ちません。従業員を過労自殺に追い込んだ企業の報道も続いている状況を改善すべく、経済産業省では「健康経営」に熱心な企業を顕彰する制度を定めました。 この「健康経営」とは、企業側が従業員の健康管理を経営課題として捉え、推進していく経営方針です。近年健康経営が大きな注目を集めているのは、企業が生き残っていくために必須の取り組みであるためです。今回は、健康経営が普及し始めた背景やメリット、導入事例などを解説します。 健康経営とは 健康経営は、1992年にアメリカの臨床心理学者ロバート・ローゼンが著書『The Health Company』で提…

  • 「スーパーフレックス制度」とは?導入のメリット・デメリットを解説

    2020.4.9

    働き方の多様性が増えている中、さらに自由な働き方として注目されている「スーパーフレックス制度」。導入している企業も増えているスーパーフレックス制度について、事例を交えながら導入のメリット・デメリットを具体的に解説していきます。 スーパーフレックス制度とは スーパーフレックス制度とは、既存のフレックス制度をベースにした上で、さらに自由度の高い働き方が可能な勤務形態です。企業ごとに定められている月間総労働時間を満たせば、出退勤時間を自由に設定することが可能というもの。働き方改革が推進される中で、さらに良好なワークライフバランスを実現できる画期的な方策といえます。欧米では、スーパーフレックス制度を活…

  • たった2年半で社員数を8倍にしたベルフェイスの「採用の心得」

    2020.4.7

    職場やカルチャーに馴染めず退職してしまい、社員数が増えてもすぐ減ってしまうサイクルに陥るケースが意外と多くあります。そこで、約15名から約120名へと、たった2年半で社員数を8倍にし、社員の定着に力を入れてきたベルフェイス株式会社の採用、そして組織開発を統括している吉本さんに、応募者の見極め、面接でのヒアリングポイント、採用後の育成方法など、ベルフェイス流「採用の心得」をお伺いしました。自社の採用活動にぜひお役立てください。 ベルフェイスが大切にしている採用基準 採用活動において、大切にしている「採用基準」を教えてください。 ベルフェイスではハイパフォーマーで構成されたチーム・組織を作っていく…

  • 本業+副業はもう古い!?新しい働き方「ポートフォリオキャリア」とは

    2020.3.18

    日本で「副業」とは、週末の空いた時間を利用した働き方を指すことが多いですが、世界では2つのキャリアを同じように歩んでいくことが主流となりつつあります。そこでミレニアム世代で増えている「ポートフォリオキャリア」について解説していきます。 ポートフォリオキャリアとは 近年の働き方改革により、キャリアデザインにも多様性がみられるようになりました。2017年に経済産業省が提言した「パラレルキャリア・ジャパンを目指して」でも、副業と兼業の推進が記されています。しかし、ポートフォリオキャリアは「本業と副業という考え方」とは異なる新しい働き方です。 ポートフォリオキャリアの“ポートフォリオ”とは、金融業界用…

  • 面接にユーモアを!元お笑い芸人が教える面接者の本音の引き出し方

    2020.3.12

    求職者有利の状況が続く採用市場。その中で少ないチャンスをものにしようと、各社あの手この手で面接者の本音を引き出そうと苦労しています。しかし、面接者は自分自身のいい部分をアピールするため、沢山の準備と練習をしているので、なかなか本音で接してくれません。そこで、元お笑い芸人で「コメディケーション」という新たなコミュニケーション方法を開発した中北朋宏さんにユーモアを切り口とした手法で面接者の本音を引き出す方法や笑いのメカニズムで得られる面接官の見る力や社内コミュニケーションの活性化についてお聞きしました。 優秀な人材を惹きつける面接 ―面接者から本音を引き出せない原因はどこにあるとお考えですか。 中…

  • 守りの人事から攻めの人事の時代へ!HRビジネスパートナー(HRBP)とは

    2020.3.11

    ビジネスが速いスピードで変化し続けるようになった現代において、経営戦略のみならず、人事戦略もスピード感を持って変化し続けなければいけません。そこで必要とされるようになったのがHRビジネスパートナー(HRBP)です。しかし、実際にどのようなことをするのか、どのようなポジションに立つのかなど、しっかりと理解できていない部分も多い。そこで、攻めの時代を生き抜くため、企業に必要なHRビジネスパートナー(HRBP)について解説していきます。 HRビジネスパートナー(HRBP)とは HRビジネスパートナー(以下HRBP)は、1990年代にミシガン大学ビジネススクール教授であるデイビッド・ウルリッチ氏が提唱…

[優秀な人材]の検索結果119