検索結果

検索ワード「中途採用」の検索結果一覧

検索対象

[中途採用]の検索結果339
  • 富士通のキャリア採用 ~ダイレクトリクルーティング強化への取り組みについて~

    2021.3.3

    新型コロナウイルスの影響もあり、大きく変化している採用市場。 富士通では、自社の企業方針を達成するための採用活動をどのようにおこなっているのでしょうか。富士通の人材採用センターでシニアマネージャーを務める黒川様に、富士通が実施している具体的な施策についてお聞きしました。 富士通が目指す、ワークライフシフト実現のための施策とは 富士通が目指す姿は、現在のIT企業から、その先を見据えたDX企業になること。その実現のために、まずは社員が働きやすい環境や仕組み、人事制度を整えるなどの基盤づくりを進めています。 富士通がありたい企業の姿 富士通は、目指す姿として「IT企業からDX企業へ」という姿を掲げて…

  • 注意点と対策をふまえてテレワークでワークライフバランスを実現する方法

    2021.2.24

    新型コロナウイルスの流行によって、慣れないテレワークに四苦八苦している方も多いのではないでしょうか。 場所や時間にとらわれない勤務形態であるテレワークは、ワークライフバランスの実現に寄与すると考えられてきました。 しかし、テレワークは単に自宅で仕事を行えば良いという単純なものではありません。自宅では労働環境が整っていない場合もあるため、作業効率が落ち、かえって生産性が低下する恐れもあります。さらには、情報漏洩のリスクが高まる可能性があります。 今回は、テレワークを始める際の注意点を、ワークライフバランスとの関係から解説します。 テレワークの種類 テレワークは、総務省によると「ICT(情報通信技…

  • テレワーク時代こそ予防を!メンタルケアで環境の変化に順応できる心へ

    2021.2.17

    テレワークを導入する企業が急速に増え、戸惑いながらもテレワークに馴染もうと多くの人が新たな働き方で仕事を進めてきました。 しかし、テレワークによってメンタルヘルスに影響が出てしまうケースを耳にすることが増えています。そこで、テレワークに順応できるようにメンタルヘルスを予防するためのケアについて、株式会社メンタルヘルステクノロジーズ代表の刀禰真之介さんにお話を伺いました。 テレワーク時代のメンタルヘルスへの影響 テレワークがメンタルヘルスに及ぼす影響について教えてください。 人間は、環境の変化によって心理的負担がかかりやすい生き物です。今回はたまたまコロナウイルスの感染拡大に伴い、各社がテレワー…

  • 帰属意識の意味をきちんと理解して組織づくりを出来ていますか?

    2021.2.10

    「個」が尊重される時代に移り変わっている今、会社への帰属意識が薄れていると言われています。しかし、少子高齢化による人材不足が進む中、会社を成長させ事業を拡大していくためには、社員の帰属意識を醸成し続ける必要があります。 そこで、より強い組織づくりに活かせるよう、帰属意識について解説していきます。 帰属意識の意味を改めて理解する 帰属意識とは、「ある集団に属している、またはその集団の一員であるという意識や感覚」を意味する言葉で、元々は心理学用語のひとつでした。 ここで言う集団とは、家族や会社、学校、宗教、自治体、さらに国や民族など大小あらゆる単位で用いられます。帰属意識が高い人は、これらの所属す…

  • 企業を成長させるダイバーシティとインクルージョン

    2021.2.3

    最も成功しやすい組織とは、最も多様で熱心な労働力を持つ組織です。 デロイトの調査によるとダイバーシティとインクルージョンのレベルを上げることによって業績が80%向上した例があります。 人間は受け入れられ、潜在能力を最大限に発揮できると感じるとき、より積極的に、生産的で創造的になることができるのです。 『Inclusive Leadership: The Definitive Guide to Developing and Executing an Impactful Diversity and Inclusion Strategy: – Locally and Globally』は…

  • 雇用情勢の「先」を読む経済統計~指標で押さえるべき3要素〜失業率(上)~

    2021.1.27

    新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)により、経済情勢は厳しさを増しています。企業でも、この先の採用計画をどうするか頭を悩ませているところが多いのではないでしょうか。 そんな不透明な時代に、「一歩先」を読む上で欠かせない道しるべが経済統計(景気指標)です。ただ、その意味を読み解くには一定の知識とコツが必要。 そこでこの連載では、雇用関連を中心にデータから経済の現状や先行きを分析する手法を解説します。初回〜第3回では、指標の中で特に注目を集める「失業率」を例に、数値の基本的な見方や気を付けるべきポイントなどについて解説します。 なお、この連載では専門用語がたくさん出てくるため、最…

  • 退職面談を有効な時間にするには?面談する際の心構えや質問事例などを紹介

    2021.1.20

    従業員を生涯にわたって雇用する終身雇用制度も、人材の流動化が進み崩壊しつつある日本。今や、転職することへのハードルも下がり、働き方は大きく変わりつつあります。 もちろん、企業にとって退職者がでるのは悲しいこと。しかし、そこから学べることは沢山あります。 育成環境や研修内容、人間関係など、さまざまな要因によって退職に至ってしまった理由を退職者から引き出すことは、今後の組織改善につながる重要なポイントと言えるでしょう。 そこで、「辞め方改革」を掲げ従業員の退職体験を改善するためのサービスを提供しているハッカズークのCEOである鈴木仁志さんと同事業を推進する實重遊さんに、退職面談に臨む際の心得や本心…

  • 優秀な人材を確保するために人事や総務が知っておきたい企業説明会の5G活用とは?

    2021.1.13

    深刻な人手不足が続くなか、多くの企業では優秀な人材を確保するための採用活動に力を入れています。 このような状況のなか、多くの求職者にアプローチするために重要なのが企業説明会です。今後は新しい生活様式に合わせ、企業説明会もオンラインによる開催が進んでいくと考えられます。 そこで今回は、次世代通信規格である5Gを活用した企業説明会について詳しく解説していきたいと思います。また、現在注目を集めている「xR」の導入方法も紹介します。 企業説明会にありがちな3つの悩み 企業説明会を実施したからといって必ずしも優秀な人材を獲得できるとは限らず、多くの企業がさまざまな悩みを抱えています。そのなかでも代表的な…

  • 学び直しのコストは誰が負担する?
    リカレント教育を会社に取り入れるためのポイントとは

    2021.1.6

    人生100年といわれる時代。入社時と現在とでは、ITが進化し職場で必要とされるスキルや経験が変化していることも多いのではないでしょうか。 この変化の早い現代において、業務に必要なスキルを身につけるためには、社員の「学び直し」や「資格取得」が必要になる場合も多いです。しかし、現実的に会社として気になるのは、費用負担のことではないでしょうか。 今回は、生涯教育(リカレント教育)についてご説明するとともに、社員が業務上必要な勉強をおこなう際の費用負担のポイントを解説します。 リカレント教育(生涯学習)の概要とその課題 リカレント教育は、文部科学省や厚生労働省が推奨している生涯教育構想のことをいいます…

  • オーナー企業が経営を見るうえで大切にすべき指標は何か?

    2020.12.30

    一般に、優れた上場企業は「ROE(自己資本利益率)が高い」と言われています。ROEが注目されるようになり、新聞・雑誌・ネットでもその言葉を目にすることが増えてきました。 ただ、オーナー企業に限って言えば、ROEを重視するべきではありません。望ましい姿としてよく挙げられる「無借金経営」と「ROE」には相反する要素が含まれているためです。 より重視すべき指標は「ROA(総資産利益率)」であり、それがオーナー企業の経営状態を見る第一歩です。 ROEは「株主にとって」重要な指標 【ROE計算式】 ROE(自己資本利益率)は、「当期純利益を自己資本で割った数値」です。自己資本が5,000万円あって、当期…

  • 『発想×Sojitz』 ~発想を実現する双日社員の多様性~

    2020.12.24

    時代の変化やニーズに合わせて変化し続ける双日株式会社。総合商社という特徴を最大限に活かすべく取り組んでいる「多様な社員の採用」や、将来を見据えた「Hassojitzプロジェクト」についてもご紹介します。 双日は「若くも歴史ある」総合商社 総合商社である双日株式会社は、航空や自動車など9つの本部から成り立っています。まずは「起源は江戸時代から」というその歴史やビジネスの概要などをお聞きしました。 双日株式会社の歴史は江戸時代から こんにちは。双日株式会社人事部人事企画課、一丸(いちまる)と申します。 双日は、「ニチメン」と「日商岩井」という会社が2003年に統合した会社で、総合商社の中では、とて…

  • 【人事必見】採用活動のニューノーマル(新常態)について考える!

    2020.12.22

    オンラインの便利さはもちろん、不便さも感じられた外出自粛期間。これまでは対面での面接が主流でしたが、図らずもコロナ禍によりテレワークの導入が加速したことで、オンラインでの採用活動へのシフトも急ピッチで進められています。しかし、オンラインによる面接などの実績がまだ少なく、画面越しのコミュニケーションに苦戦する企業も少なくありません。 そこで、マイクロ人事部長として複数社の人事部長やアドバイザリーをされている株式会社モザイクワークの取締役である髙橋さんに、ニューノーマル(新たな常態・常識)な採用活動が定着しつつある今、人事はどのようなことを大切にしながら採用活動を進めるべきか、そのポイントやテクニ…

  • チームの実力を最大限に発揮させる会議の科学

    2020.12.17

    会議はビジネスに欠かせません。 しかし、私たちが無駄な会議に膨大な時間を費やしているのも事実です。そして、ほとんどの企業ではその無駄な時間をビジネスに必要であると受け入れてしまっています。 組織科学やマネージメントの研究者でコンサルタントでもあるスティーブン G. ロゲルバーグ氏は、データを元に会議を科学的に分析し、回数や時間、参加者、アジェンダなどを見直すことによって効果を向上させることが必要であると説きます。 そして著書『The Surprising Science of Meetings:How you can lead your team to peak performance』のなか…

  • 経営ビジョンの重要性を言葉づくりのプロに聞いた!ビジョンの明確化による効果とは?

    2020.12.15

    世界中が大きな変革期を向かえている2020年。日本社会も、これまでと変わらない経営や組織づくり、採用活動で、同じような結果を出していくことは出来るのだろうか。そんな不安を抱いている中小企業の経営者の方々は増えているのではないでしょうか。 変わりゆく日本社会において、しっかりと成長し、勝ち抜いていくためには、揺るぎない意思と多くの人々を惹きつける「経営ビジョン」を掲げることがキーポイントになるかもしれません。そこで、さまざまな企業のビジョンやミッションなどの理念づくりに携わってきた株式会社サインコサイン代表の加来幸樹さんに、経営ビジョンを明確にすることの重要性をお伺いしました。 経営ビジョンはな…

[中途採用]の検索結果339