検索結果

検索ワード「中途」の検索結果一覧

検索対象

[中途]の検索結果115
  • 【尖った企業理念を持つ会社】「ビジョンの強さ」で中途採用の好循環を生むSmartHR

    2017.7.4

    企業理念やビジョンは、その会社の存在理由を表す言葉。それは求職者側から見たときには、自分がそこで全力を出せるかどうかを測るための大切な要素となります。 広く世の中に知れ渡る大企業であれば、理念やビジョンを見ることもなく応募する人がいるかもしれません。しかしベンチャーや中小企業は違います。多くの求職者は理念やビジョンを見て、「事業の方向性は自分がやりたいことと合致しているか」を考えます。あるいは「その言葉の響きに惹かれるかどうか」を感覚的に判断しています。 今回はその実例をご紹介したいと思います。「テクノロジーと創意工夫で社会構造をハックする」というビジョンを掲げ、「世の中を変えるようなサービス…

  • 年間600人採用している人事に聞く、求職者の心をつかむ中途採用テクニック

    2017.6.19

    2016年の「HR EXPO」にて弊社人事担当より、中途採用採用における自社の取り組みと採用力を向上させるテクニックをご紹介するセミナーが開かれましたここでは1回限定で開催された同セミナーの内容をご紹介します。 本日は面接の中で気をつけているポイントをを中心に株式会社マイナビの人事として年間600人の採用を成功させている中村有里さんに話を伺います。 売り手市場といわれる転職市場において「スピード感」が大事という話を良く耳にしますが、実際に応募メールを受信してからのレスポンスについて配慮されていることはありますか? 中村:早い時には3時間以内に返信することもあります。とはいえ別の業務との兼ね合い…

  • 「HR EXPO 2017」出展のご案内

    2017.6.15

    2017年7月26日 ~ 28日に開催される人事業界向け展示会「HR EXPO」に マイナビが参加します。 会場内のマイナビブースでは、マイナビ転職をはじめ、新卒採用、アルバイト採用の求人ソリューションをご紹介させていただく予定です。 人材採用ソリューションに役立つセミナーを開催するほか、専門のスタッフによる相談会を随時実施させていただきます。 第5回 HR EXPO 〜人事労務・教育・採用 支援展〜 会期:2017年7月26日(水)〜28日(金) 会場:東京ビッグサイト 東6ホール 「HR EXPO」は、経営者様および総務・人事・経営企画部門のご担当者様を対象とした、採用・教育・人事労務の展…

  • コルクCTOを突き動かしたのは、「未来を編集する男」の言葉|連載・マネージャーが転職を決めるとき

    2017.6.13

    リーダー・マネージャークラスの人材を採用する。 これは、多くの人事担当者にとって絶対に叶えたい目標。そして同時に、叶えるのが非常に難しい目標でもあります。なぜなら、そうした人材は企業における事業の根幹を担っており、簡単には他社へ移ってくれないからです。 ではどうすれば、彼らを採用できる可能性が高まるのでしょうか。その1つとして「リーダー・マネージャークラスの人材が、転職を決めた理由や経緯を知る」という方法があります。つまり、過去の事例をモデルケースとすることで、自社の採用活動にそのノウハウを活かせるというわけです。 今回ご登場いただくのは、2016年10月に漫画家や小説家などのエージェント事業…

  • 労働契約のイロハ。賃金・業務内容・休暇…
    人材採用後のトラブルリスクを回避する労働契約書の書き方

    2017.6.9

    採用時に取り交わす書類の数々。その中には「必ず書類で明示しなければならない項目」があることを知っていますか? 雇い入れ通知書・労働条件通知書など多種多様な名称で呼ばれる書類ですが、どんな事項を記載しておかなければならないのでしょうか。 労働契約はどのように成立? 中途採用の場合も新卒採用の場合も、就職に際しては会社と労働者との間で「労働契約」が結ばれることになります。労働契約は、「ここで働いてもらう代わりに賃金を支払います」「この会社で働きます」という意思表示をお互いにすれば成立します。 労働契約法6条 労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて…

  • 採用過程に適性検査を導入するメリットと事前に押さえておきたい適性検査の基礎知識

    2017.5.31

    短期間で応募者に関する多くの情報を集められる適性検査は、今や採用過程で欠かせないものとなっています。そうはいっても、適性検査にはさまざまな商品、サービスがあり、どんな基準で選べばよいのか迷っている担当者も多いのではないでしょうか。 適性検査とはそもそも何なのかといった基礎知識を踏まえ、適性検査を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを解説します。 そもそも適性検査でわかる能力とは? 適性検査には、大きく分けて2つのカテゴリーがあります。1つは、数的処理や論理的思考など知的能力を測る「能力テスト」。もう1つは、計画的行動力、リーダーシップといったような性格的な特徴や行動特性を測る「パーソナリティテ…

  • 【連載】口説きの技術 ― 自社が第二志望の相手を、第一志望に変える

    2017.5.23

    ある会社に入るということは、人生の中にある様々な選択の中でもかなり大きなイベントです。 日本全国に数百万社も存在している会社の中からただ1つ、少なくとも数年は通う場所、働く仲間を選ぶわけです。場合によっては家庭生活よりも長い時間を使うことになるケースもあるでしょう。加えて、その会社で得たものによって次の人生のステップも変わってきます。 しかも、キャリアは消すことができません。万が一早期退職しようものなら、5年経っても10年経っても「なぜこの会社は半年でお辞めになられたのですか?」と面接官に質問されることは必定です。 このように人生に大きな影響を与える選択ですから、人が入社の意思決定にとても慎重…

  • 内定辞退者の事例から考える“防止策” 「ここで働きたい!」と思わせるためにやるべきこと

    2017.5.9

    「優秀な人材が確保できた!」と喜んでいたのも束の間、「ほかの会社が決まったので…」と内定辞退の連絡。 中途採用につきものの光景ですが、それが毎回、連続して起こるのだとしたら、それは自社の採用やアピール方法に問題がある可能性も。 実際に内定辞退をした転職者の“声”から、考えられる改善ポイントを探っていきましょう。 まずは面接官の「意識改革」に取り組もう 応募者と企業が直接顔を合わせる「面接」は、応募者にとって「自分の熱意を伝え、内定を得る」だけでなく、その会社で働く社員の人となりや雰囲気を知るための貴重な場でもあります。そのため、やはり直接、応募者と向き合い、会話を交わす面接官の対応には心を配り…

  • 応募がないのは資料のせい?会社説明会の資料クオリティを今すぐに上げる5つのヒント

    2017.4.25

    「会社説明会では良い感じにプレゼンできている。求職者も興味深そうに聞いてくれている。なのに、なぜ選考を受けてくれないんだろう……」 成果の上がらない説明会をくり返すたび、増えていく採用担当者のため息。プレゼンの内容を改善し続けているのに、なかなか採用に結びつかない企業も多いのではないでしょうか。 でも、その失敗の原因は「話している内容」ではなく「配布資料の内容」にあるかもしれません。実は、会社説明会の資料は、説明会の成功を左右するほどに重要なもの。だからこそ、その内容には徹底的にこだわり抜く必要があるのです。 ここでは、どうすれば求職者の心に響く会社説明会の資料を作れるのか、絶対に外せない基本…

  • 優秀な人材獲得ができる!Facebook社から学ぶ3つの人材採用基準

    2017.4.21

    Facebook社の採用活動を取りまとめるミランダ・カリノフスキー氏によれば、Facebook社は優秀な人材を採用するために3つ採用基準を設けているといいます。 商品やサービスの創出に欠かせない、優秀な人材採用に大きく貢献してる採用基準をご紹介します。 1. 建設的な人を雇う Facebook社では、どのような職種の求人募集でも創造力が高く建設的な人を採用します。エンジニアの募集でも、経営アナリストの募集でも、ほかの人にインパクトを与え、新しいものを生み出す力のある人が選ばれるのです。 カリノフスキー氏によれば、Facebook社で成功するのは、現状に満足せず常に向上心を持つ人なのだとか。この…

  • 歴史上の人物に学ぶ、採用の極意シリーズPART7 徳川家康 編

    2017.4.19

    300年にもわたる太平の世を築き上げた戦国の覇者、家康。その生き様は決して華やかなものではなく、苦労に苦労をかさねたといわれています。その人生や考え方から、私たちが学ぶべきことを考えてみましょう。 苦労の天下人、徳川家康 徳川家康の性格を表す言葉として最も有名なのは、何といってもあの「ホトトギス」の句ではないでしょうか。幼い頃から今川家に人質として取られており一国の将としての扱いを受けられなかった家康。信長が義元を打ち倒してからは三河に戻ることが許されたものの、天下人としての道は常に信長や秀吉に遅れを取っていました。 しかし、こうした恵まれない環境が、最終的には戦国の覇者となる家康のメンタリテ…

  • マイナビ転職EXPOについて知りたい企業は必見!これだけでわかるエントリーから出展までの手順

    2017.4.18

    「自社が求めている求職者となかなかめぐり会えない」というのは、採用に携わる全ての人が抱える課題でしょう。「これだ!」と思えるような人材はとても少ないため、そうした人材と出会うには数えきれないほどの求職者と話をする必要があります。 その課題を解決する方法の1つとして「マイナビ転職EXPOに出展する」というものがあります。来場者の数が非常に多いことに加えて、自社のことをそもそも知らない求職者に対しても効果的にアプローチできるからです。 しかし、「準備が大変そう」「出展までの手順がわからない」と考えて出展をためらってしまう企業は多いはず。そこで、その不安を払拭すべく今回は、ある企業がエントリーをして…

  • 適性に合わせた人材管理「タレントマネジメント」システム導入のメリットと陥りやすい“罠”とは?

    2017.4.7

    個々の才能を引き出し、企業内の人事を活性化させる手段として、今注目を集めているのが「タレントマネジメントシステム」。自社の戦略と紐付け、適材の配置やスキルアップ、人材の育成に取り組むことで企業競争力の強化にもつながる一方、導入してはみたものの「うまく利用できていない」ケースも多くあるようです。システムを効率的に活用するために必要なポイントについて考えてみましょう。 従来型の人事考課では、有効な人材活用に限界が? タレントマネジメントシステムとは、簡単にいえばITをフル活用した人材管理システムのこと。社内の人材発掘から適材適所への配置、そして人材育成の総合的な実現を図るためのツールです。まず欧米…

  • スターバックスの採用強化策「従業員の大学教育費をサポート」

    2017.4.5

    2015年のはじめ、米スターバックスコーヒーは従業員が4年制大学の通信教育コースへ進学する際の学費をすべて負担するという、衝撃的な施策を発表しました。25億ドルという巨額の予算を使って実現されたこの進学支援制度(The College Achievement Plan)は、2015年度の雇用者数を前年度より 600,000人も増加させるという大きな成果を生みだしています。 今回は、米スターバックスコーヒーが実施したこの制度が企業にもたらした効果を、採用戦略や社会貢献の観点からご紹介します。 働きながら学位を修得。米スターバックスコーヒーの進学支援制度 カレッジアチーブメントプランと呼ばれるこの…

[中途]の検索結果115