検索結果

検索ワード「 面接」の検索結果一覧

検索対象

[ 面接]の検索結果210
  • 中小企業採用担当が、最初に意識すべき、たった2つの心得(前編)

    2019.12.10

    採用活動において内定辞退や早期離職は往々にして起きてしまい、頭を悩ませることは多いと思います。小手先の辞退抑止を行ったところで意味はありません。大切なのは、採用担当者が会社の顔として採用に臨み、自社に共感してくれる人を自分自身でひきよせられるかどうかです。 そのために必要な2つの心得をお伝えします。 この記事では、心得1つ目として、最も経営者の考えを理解し、あるべき人物になることの重要性を事例とともに見ていきましょう。 【事例その1】マネジメント層の中途採用における失敗事例 中小企業においては、人事異動や離職などによって刻々と組織が変化します。 採用担当は、本当に組織に求められている人物はどう…

  • 中途採用の問題を他部署に押し付けていませんか?

    2019.12.5

    皆様こんにちは。ブルーブルーエジャパン株式会社人事副部長の吉永です。 私は前職時代、アルバイトから社員になり店長、マネージャーを経験し、現職では人事として勤務しています。この経験をもとに、人事として中途採用を強化するためには何が必要か、私なりに人事が考えるべき中途採用の課題を解説いたします。 早速ですが、みなさまの会社では、即戦力として中途採用しても、すぐに辞められてしまう状況にお困りではありませんでしょうか。人材の需要が増えているにも関わらず、いつまで経っても採用と退職の繰り返しでは、採用、教育コストが嵩むだけで、企業力が疲弊してしまうことも…。なぜ採用してもすぐに辞められてしまうのでしょう…

  • 離職率ほぼゼロ&25年連続黒字!秘訣は社員ファーストの環境づくり

    2019.11.21

    日本企業において、新卒入社から3年以内の離職率は、2018年の統計で31.8%と年々増加傾向にあります。つまり、およそ3人に1人の新卒が、キャリアを積んで企業の中核を担う役職やポジションに就く前に退職しているということになります。また、中途採用に関しても、売り手市場により人材確保が非常に難しい状況が続いています。そこで、10年以上退職者がゼロを誇る日本レーザーの会長である近藤宣之さんに「採用ターゲット(人物像)の考え方」や「国籍・学歴・年齢・性別にとらわれない評価制度」など、人材流出が時代の風潮によるものだけではないことを証明する、採用活動や組織づくりについてお話を伺いました。 離職率の少ない…

  • Web面接で業務効率を最適化!面接もテレワークの時代へ

    2019.11.14

    これまでの面接は、求職者が応募した企業に赴き面接を受けるのが、一般的な形。新卒採用も中途採用も基本的には同じ流れで行われてきました。しかし、テレワークが広がり、浸透してきている今、外出先で“Web面接”を行うことが当たり前になるかもしれません。人材不足に困っている企業では特に、優秀な人材のスピーディーな採用に一役買う新たな採用手法とも言えるでしょう。そこで今回は、注目を集めている“Web面接”について詳しく解説していきます。 Web面接とは Web面接とは、面接者と面接官がオンラインで会話すること。インターネット回線を使って遠くにいる面接者とWeb上で面接を行うことです。ネット環境が整っていれ…

  • 転職希望者の心理を理解して、採用活動を成功させる方法

    2019.11.7

    シカゴにある人材コンサルティング企業milewalkのCEOを務めるアンドリュー・ラシビータ氏の著書『The Hiring Prophecies:Psychology behind Recruiting Successful Employees』は、ほかの採用担当者向けの書籍とは少し違い、転職希望者の意思決定プロセスをもとに、効果的な採用活動を考える内容です。 ラシビータ氏によれば、転職希望者が一時的な感情や外部の意見に流されて意思決定をするとき、採用試験に悪影響をおよぼす場合があるといいます。すると、せっかく採用しても長続きしなかったり、組織に合わなかったりすることになりやすいのです。 本書…

  • コミュニケーションに不可欠な3つの要素とは?

    2019.10.31

    営業や人材採用の現場では、限られた時間のなかで的確な質問をし、必要な情報を引き出す高度なコミュニケーション力が求められます。こうした仕事で参考になるのが、取材のプロである記者のノウハウ。彼らはどのようにネタ元に食い込み、本音や隠された情報を聴きだすのでしょうか。この連載では、記者が使っている基本テクニックを紹介し、営業や人材採用に役立てる方法を考えます。 相手のメッセージを誤解する原因は? 皆さんは人と話した後、しばらくしてから「あの言葉の真意はそういうことだったのか!」と気付いた経験はないでしょうか。もしかすると、別れて何年も経ってからというケースさえあるかもしれません。かく言う私も、「あの…

  • データを用いて強い組織をつくる!「ピープルアナリティクス」の活用方法とは

    2019.10.29

    情報技術の発達により、課題解決に向けてさまざまなデータを収集、分析することも一般的になりつつあります。 人事の領域においても、社員の行動データや人事情報をもとにした情報を活用し、改善につなげる「ピープルアナリティクス」が大きな注目を集めています。海外ではすでに導入されている企業も多い「ピープルアナリティクス」は、どのようなメリットや活用方法があるのでしょうか。導入事例とともに解説します。 ピープルアナリティクスとは? ピープルアナリティクスとは、最新のテクノロジーを用いて社員の行動データを収集、分析し、組織づくりに生かす手法のことです。従来、人事は課題に直面した際、判断基準はそれまでの経験や勘…

  • 中小企業向け。他社と迷っている求職者に効く面接後のフォロー

    2019.9.26

    中小企業に勤めておられる方の中には、内定を出した応募者に辞退された経験を持つ方も多いのではないでしょうか。ネームバリューのある大企業や、勢いのあるベンチャー企業に応募者を取られてしまう――そんな経験です。内定者をつなぎとめるにはどんな打ち手が有効なのでしょうか?本稿では7つの施策を示しつつ、それを明らかにします。 中小企業ならではの強み ますます逼迫する中途人材市場において、人事担当の悩みの種となりがちなのが、求職者からの内定辞退連絡です。かつては、新卒採用での風物詩だった内定後の入社辞退は、ここ数年、中途採用においても珍しい光景ではなくなってきているのです。 他社に競り負けてしまう原因は、一…

  • 「採用学」から学ぶ、次世代を担う人材の採用マッチング率の高め方

    2019.9.3

    「すぐに人手が欲しくて、すぐに働きたい人を採用したら、すぐに退職。育成にかけた時間が無駄になった」「採用者のイメージと、採用側のイメージに齟齬があることに気づけず、仕事に慣れるまで苦労させてしまった」「面接の時は意欲的で好印象だったのに、入社したら受け身スタンスの別人だった」。 このような苦い経験をしている採用担当者は多いのではないでしょうか。そこで、採用は科学と提唱する「採用学」の第一人者である神戸大学大学院の服部康浩准教授に、より質の高い採用に繋がる採用マッチング率の高め方についてお話を伺いました。 「量的な人手不足」と「質的な人手不足」 人手不足の今、中小企業が思い描く採用結果を出してい…

  • 理想的なチームプレイヤーの3つの特徴と、採用面接での見極め方

    2019.8.27

    『The Ideal Team Player: How to Recognize and Cultivate The Three Essential Virtues』の著者、パトリック・M・レンシオーニ氏は、チームデベロプメントのコンサルタントとして長年に渡り様々な企業と関わる中で、組織の繁栄に最も必要な人材はチームプレイヤーだという結論を出しました。 本書では、ジェフ・シャンリーという主人公が叔父の会社を救おうとする物語を例に、チームプレイヤーとは何かが語られています。理想的なチームプレイヤーを探し、雇い、育てるために、どうすればよいか。そのポイントをご紹介しましょう。 採用試験で必ずチェッ…

  • 採用面接で、準備しすぎの候補者を見分けるコツ

    2019.8.22

    採用担当者は、採用面接の前に念入りな準備をし、質問の種類や面接方法を工夫することで、組織に合った人材を見いだそうとします。同様に、候補者も面接をパスするために様々な準備をしているはずです。しかし、その準備が候補者の本心を隠す隠れ蓑になってしまうことがあります。 組織のビジョンや企業文化に合わなくても、とりあえず就職したいという気持ちで採用試験を受けにくる候補者を採用してしまうことは、長い目で見ると企業と候補者の双方を不幸にします。採用ミスを防ぐために、本当にその企業で働きたい候補者と、準備が上手いだけの候補者を見分けるコツをご紹介しましょう。 良い候補者は、自分の言葉で語る 例えば、「私たちの…

  • 効果が見られない問題はどこ!?人事がやりがちな間違った働き方改革

    2019.8.16

    まず始めに、なんのための「働き方改革」なのか。厚生労働省のサイトを見ると、その目的は「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」を踏まえて、「投資やイノベーションによる生産性向上」「就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ること」という課題を解決する内容になっています。つまりは、働く人が減っており、さらに働くことを阻害するものが増えているので、人々が働きやすくすることで生産性を向上させ、これまでの日本の生産力=経済力を維持・向上させようということと言っていいと私は思っています。 「生産性」とは キーワードとなっている「生産性」(より正確に…

  • 制限の多い人事にもテレワーク導入!在宅勤務の実現の仕方とは

    2019.8.6

    フリーアドレスの導入、サテライトオフィスの設置、テレワークの導入。働き方改革の流れに乗り、新しい働き方を積極的に取り入れる企業が増えてきました。しかし、新しい働き方がすべての職種に適応できるわけではなく、一部の職種に限られてしまっているジレンマ。特にテレワークは“会社から離れると業務に支障をきたしてしまうから、私たちには難しい働き方”と、人事の方々は思われているのではないでしょうか。 でも、取り組み方次第では人事でもテレワーク可能。実際に全社員テレワークを実現し、働き方コーディネートサービス事業を展開するTRIPORT 株式会社では、社長みずから色々な働き方を実践しています。そんな、たくさんの…

  • 新米人事の採用はここがダメ!面談経験2万人以上のベテランが指摘します【現場ヒアリング・書類審査編】

    2019.8.1

    パナソニックの創業者である松下幸之助の言葉に「事業は人なり」というものがあります。どれだけ立派な経営をしていても、長い歴史を持っていても、それを受け継ぐ人がいなければ事業は衰退するという意味です。会社が成長を続けるため、良い人材を採用することの大切さを表した言葉だと言えます。 しかし、採用は一筋縄ではいきません。特に、右も左もわからない新米人事のうちは、失敗や勘違いをしがち。にも関わらず、スキルや経験が不足しているために、自分がいつ、何を間違ったのか気づかないケースの方が多いのではないでしょうか。それがなぜ悪いことなのか、ベテラン人事に教えてもらいたくはありませんか? 今回は、モデルケースとし…

[ 面接]の検索結果210