検索結果

検索ワード「 面接」の検索結果一覧

検索対象

[ 面接]の検索結果279
  • オンライン選考時代の採用広報を学ぶ~3回連載シリーズ1編目~

    2021.5.12

    新型コロナウイルスの流行によって、採用手法を見直した企業も多かったのではないでしょうか? オンラインを活用した母集団形成や選考が主流となる中で、どうしたらターゲットからのエントリーを獲得できるのか、入社後のミスマッチが防げるのか、情報の精度が問われる時代となりました。 求職者がオンラインであらゆる情報を取得できる中、中途採用における「採用広報」は、いまや採用成功のための欠かせない戦略です。 今回は、「オンライン選考時代の採用広報を学ぶ」3回連載シリーズの第一弾として、「効果的な採用広報とは」をお届けします。 採用広報とは? 採用広報とはなにか 採用広報とは、企業や組織が採用を行う際に、自社がタ…

  • リテンションマネジメントで離職防止!定着率を高めて勝ち抜く組織づくりを!

    2021.4.28

    採用に力を入れるだけではなく、入社後の定着、戦力化してからも長く働いてもらえる組織づくりが今求められています。そこで効果的なのが「リテンションマネジメント」です。定着率を高め、市場を勝ち抜ける組織づくりに一役買うリテンションマネジメントについて解説していきます。 リテンションの意味とは? リテンションとは、「保持・継続・維持」などの意味をもつ言葉であると同時に、マーケティング用語では「既存顧客を維持すること」として使われています。リテンションがもつこれらの意味から、HR領域では「人材の維持・確保」を意味する言葉として定着し、従業員が長く働き続けてもらうために行う環境整備の施策や人事管理(マネジ…

  • 海外文献から読み解く新型コロナ感染症後のHRトレンド~AIとAutomatization(自動化)~

    2021.3.24

    こんにちは、鈴木です。皆さんは、どのような方法で人事業務の情報を収集していますか?海外から日本の人事のキーワードを見ていると、最近では“DX”や“ジョブ型”という言葉がバズワードのようですね。新型コロナ感染症を契機に、日本企業における経営マネジメントの在り方が問われている転換期なのではないかと感じています。 海外のHR関連の各文献で想定されていた「新型コロナ感染症の世界におけるHRトレンド」が、現時点でどのような進捗となっているのか? 改めて欧米のメディアの情報を得ることにより、バズワードに踊らされずに、あくまでも自社の環境と比較して経営者やHR担当者の認識を新たにする機会となるよう、情報提供…

  • 富士通のキャリア採用 ~ダイレクトリクルーティング強化への取り組みについて~

    2021.3.3

    新型コロナウイルスの影響もあり、大きく変化している採用市場。 富士通では、自社の企業方針を達成するための採用活動をどのようにおこなっているのでしょうか。富士通の人材採用センターでシニアマネージャーを務める黒川様に、富士通が実施している具体的な施策についてお聞きしました。 富士通が目指す、ワークライフシフト実現のための施策とは 富士通が目指す姿は、現在のIT企業から、その先を見据えたDX企業になること。その実現のために、まずは社員が働きやすい環境や仕組み、人事制度を整えるなどの基盤づくりを進めています。 富士通がありたい企業の姿 富士通は、目指す姿として「IT企業からDX企業へ」という姿を掲げて…

  • 企業を成長させるダイバーシティとインクルージョン

    2021.2.3

    最も成功しやすい組織とは、最も多様で熱心な労働力を持つ組織です。 デロイトの調査によるとダイバーシティとインクルージョンのレベルを上げることによって業績が80%向上した例があります。 人間は受け入れられ、潜在能力を最大限に発揮できると感じるとき、より積極的に、生産的で創造的になることができるのです。 『Inclusive Leadership: The Definitive Guide to Developing and Executing an Impactful Diversity and Inclusion Strategy: – Locally and Globally』は…

  • 退職面談を有効な時間にするには?面談する際の心構えや質問事例などを紹介

    2021.1.20

    従業員を生涯にわたって雇用する終身雇用制度も、人材の流動化が進み崩壊しつつある日本。今や、転職することへのハードルも下がり、働き方は大きく変わりつつあります。 もちろん、企業にとって退職者がでるのは悲しいこと。しかし、そこから学べることは沢山あります。 育成環境や研修内容、人間関係など、さまざまな要因によって退職に至ってしまった理由を退職者から引き出すことは、今後の組織改善につながる重要なポイントと言えるでしょう。 そこで、「辞め方改革」を掲げ従業員の退職体験を改善するためのサービスを提供しているハッカズークのCEOである鈴木仁志さんと同事業を推進する實重遊さんに、退職面談に臨む際の心得や本心…

  • 【人事必見】採用活動のニューノーマル(新常態)について考える!

    2020.12.22

    オンラインの便利さはもちろん、不便さも感じられた外出自粛期間。これまでは対面での面接が主流でしたが、図らずもコロナ禍によりテレワークの導入が加速したことで、オンラインでの採用活動へのシフトも急ピッチで進められています。しかし、オンラインによる面接などの実績がまだ少なく、画面越しのコミュニケーションに苦戦する企業も少なくありません。 そこで、マイクロ人事部長として複数社の人事部長やアドバイザリーをされている株式会社モザイクワークの取締役である髙橋さんに、ニューノーマル(新たな常態・常識)な採用活動が定着しつつある今、人事はどのようなことを大切にしながら採用活動を進めるべきか、そのポイントやテクニ…

  • 「この人は信用できる?」記者が注目する3つのポイント

    2020.12.3

    新聞記者にとって、身につけるのが難しい技術の一つに「人の話の真偽の見分け方」があります。 苦労して手に入れた証言でも、それが正しいかどうか分からなければ記事にはできません。確認しないまま書けば誤報になり、記者生命を絶たれてしまう可能性さえあるからです。 そこで裏付け取材をするのですが、全く違う証言が複数出てきて戸惑うケースは珍しくありません。そんなとき、記者は会話の中でどのように発言の信ぴょう性を探っているのでしょうか。 1時間話しても人間性は分からない 筆者が就職活動をしていた時の出来事で、鮮明に覚えている光景があります。 日経新聞に内々定をもらって意思確認の手続きに行った時のこと。 待合室…

  • オンライン研修のポイントを伝授!画面越しでも効果的な研修の仕方

    2020.11.26

    ダイバーシティの促進が進む中で、パンデミックの影響を受け、働き方が大きく変化している昨今。多くの企業がテレワークによって対面での研修が行えなくなり、オンラインによる研修に苦戦している人事(採用担当者)は増えています。 とはいえ、元通りの世の中になることがなかなか期待できないのも事実。そのため、新たな環境に適応しつつ、成果をあげていくことが各企業には求められます。それは従業員の育成に関しても同じです。 そこで、オンライン研修プロデューサーとして、各企業や研修会社の支援を行なっている志コンサルティング株式会社の代表を務める志村智彦さんに、オンラインでも効果的な研修を行うポイントや方法についてお聞き…

  • 採用活動にも生きるインターナルブランディング|Branding Inside Out

    2020.11.24

    インターナルブランディングとは、従業員やステークホルダー(顧客、従業員、株主、取引先など企業経営の利害に関わる人)に、ブランドの価値や企業の目標を浸透させる活動です。 『Branding Inside Out』には、従業員が企業のブランド維持と繁栄に重要な役割を担うというアイデアを軸に、様々なインターナルブランディングのアプローチ方法が解説されています。 実際に現場で企業ブランディングに携わる複数の専門家、大学教授、研究者が執筆を担当し、バラエティに富んだインターナルブランディングのモデルと実例を同時に知ることができます。 編纂を担当したニコラス・インド氏は、これまでにも複数の企業ブランディン…

  • 採用での動画作成は「エチケット」の時代へ!具体的事例から見る、動画活用のポイント

    2020.11.18

    オンラインの採用活動が主流になる中、今後は企業と求職者の間で動画によるコミュニケーションが当たり前の時代になります。NewsTVが制作した活用事例をもとに、採用活動における、動画でコミュニケーションをとるポイントを紹介します。 年々増え続ける動画広告の市場 2019年には、テレビの広告費を超えたインターネット広告市場。その中の10分の1強は、動画広告に使われている状況です。これが2023年には、インターネット広告自体も大きく成長し更にその約5分の1は動画広告で占められることが予想されています。 このように成長し続ける動画市場において、これからは「動画を作るかどうか」はもはや議論されず、作ること…

  • 優秀な新入社員が辞めないオンボーディングの工夫

    2020.11.17

    すぐに辞めてしまう新入社員には、早期退職に結び付く共通の特徴があります。その原因と背景を理解し、優秀な新入社員が辞めてしまわないための、効果的なオンボーディングのポイントを紹介します。 人材定着の現状と要因 オンボーディングとは、「定着」のための人事の施策のこと。「新入社員を定着させるために何をすべきか」を考える前に、まずは人材定着の現状をデータから見ていきたいと思います。 実は、「最近の若者はすぐ辞める」というのはあまり事実ではありません。いわゆる「入社3年以内に辞めてしまう大卒が3割」という数字は、実はここ数十年変わっていないのです。 つまり、人事の方が色々な努力をしながらも、あまり改善さ…

  • テレワークを成功に導く7つのアクション~605社の支援で見出した再現可能な方法~

    2020.11.12

    コロナの影響によって導入した企業も多い、テレワークという働き方。しかし、多くの企業でその効果が認められたにもかかわらず、緊急事態宣言が明けた後、元の働き方に戻してしまった企業は70%にのぼります。 テレワークを成功させて企業の生産性を高めるためには、いくつかのルールが存在します。実際に行動に移すことで働き方改革が実現する、生産性を高めるための効果的な方法を紹介します。 コロナ禍で見直されたテレワークは、企業の成長と社員の働きがいを両立させる。 テレワークの導入には、成功の定義が必要です。求められるのは、テレワークにもかかわらず生産性が上がること。テレワークで削減した無駄な時間を使い、未来に必要…

  • テレワーク9つのメリット!企業と就業者に及ぼす効果とは

    2020.10.27

    働き方改革の一環として、総務省が関連省庁と連携して進めているテレワークの普及促進。企業のテレワーク導入率は少しずつ増えており、今後さらに拡大していくでしょう。一方で、導入を検討しているものの、メリットを見出せずに躊躇している企業が多いのも事実です。そこで、今回はただ流れに乗ってテレワークを導入するのではなく、導入することで企業側と就業者側の双方にどのようなメリットがあるのかをいくつか抜粋してお伝えしていきます。 企業がテレワーク導入で得られる5つのメリット 離れたところ(tele)と働く(work)の意味をもつテレワークは、ICT(情報通信技術)を活用し、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を…

[ 面接]の検索結果279